日本郵便のオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」採択企業を2社決定

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)と株式会社サムライインキュベート(東京都品川区、代表取締役 榊原 健太郎)は、日本郵便のオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」の採択企業を2社決定しましたので、お知らせします。

■「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」採択企業2社
・Rapyuta Robotics株式会社
・株式会社エー・スター・クォンタム

 本プログラムは、日本郵便とサムライインキュベートが2017年度に実施した日本郵便初のオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の第2回目として実施するものです。
 現在の物流業界が直面する様々な環境変化を踏まえ、昨年度に引き続き「これからの時代に応じた郵便・物流を提供し、社会をより豊かに」することを目的としています。
 
 2018年7月5日(木)から募集を開始し、多種多彩な70社の企業から応募をいただきました。書類審査・面談審査を重ね、今回のテーマ「郵便・物流のバリューチェーン全体をテクノロジーで変革する」にマッチし、革新性や課題解決性、実現可能性、共創意義の大きい2社のスタートアップ企業と共創を行っていくことにしました。

「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」採択企業概要
・社名:Rapyuta Robotics 株式会社
・所在地:東京都中央区新川1丁目29-13-8F
・代表者名:代表取締役CEO Gajan Mohanarajah (モーハナラージャー ガジャン)
・設立年月:2014年7月
・会社サイトURL:https://www.rapyuta-robotics.com/ja/
・取り組みの方向性:Rapyuta Robotics社の持つソフトウェア開発技術や独自のハードウェアに依存しないクラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」と連携し、物流拠点における荷物のベルトコンベアー等への取り降ろしや、積み込みの自動化等の検討を進めていきます。

・社名:株式会社エー・スター・クォンタム
・所在地:東京都中央区八丁堀3-27-4 八重洲桜川ビル 2F
・代表者名:代表取締役社長兼CEO 船橋 弘路
・設立年月:2018年7月
・会社サイトURL:http://a-star-quantum.jp/
・取り組みの方向性:トラックドライバー不足が年々深刻化している中、エー・スター・クォンタム社が保有する量子コンピュータソフト開発技術や知見と連携し、当社における輸送ネットワークの最適化の実現に向けて検討を進めていきます。


 なお、採択企業以外の応募企業の中で革新性、実現性、課題解決性等に優れた提案があった企業とは、本プログラムとは別に、日本郵便との共創を検討していきます。


日立物流 エーアイテイーとの資本業務提携

当社は、株式会社エーアイテイー(以下、「エーアイテイー」といいます。)との間で、資本業務提携(以下、「本資本業務提携」といいます。)を行うことを決議し、本日、資本業務提携契約を締結しましたので、お知らせいたします。
 本資本業務提携契約は、エーアイテイーが本日公表した「日新運輸株式会社との株式交換契約締結及び孫会社の異動に関するお知らせ」にあるように、エーアイテイーと当社の子会社である日新運輸株式会社(以下、「日新運輸」といいます。)との株式交換について2018年12月21日に開催予定のエーアイテイーの臨時株主総会による承認を得ること、及び公正取引委員会等の関係当局の承認等を得ることを条件に実施いたします。

1.本資本業務提携の目的及び理由
 当社は、1950 年、株式会社日立製作所の輸送業務を請負う物流子会社として創業し、同社工場構内・発送業務の一括受託、国内外における超重量物の輸送を引き受けるなどして業容を拡大してきました。また、物流情報システムの構築に早期から取り組み、企業の物流業務を包括的に受託するサービス(3PL)を充実させ、日立製作所グループ以外のお客様からの取り扱い実績も拡大させてきました。現在、あらゆるステークホルダーから、最も選ばれるソリューションプロバイダとなることをめざし、“機能としての物流強化”を中核としながらも、事業・業界を超えた協創領域の拡大を図るべく、新たなビジネスコンセプト『LOGISTEED』のもと、新たなイノベーションの実現に向けた施策を推進しております。
 エーアイテイーは、国際貨物輸送とこれらに付帯する輸出入通関等、並びに物流の管理・運営を行う3PL業を合わせた国際貨物輸送事業を行っております。特に中国沿海部各地には設立当初より重点的に拠点を設置し、中国におけるエーアイテイーグループ輸送貨物の細部にわたるフォロー及び顧客への迅速な貨物情報の提供を行っております。また、AEO認定通関業者の認定も受けており、セキュリティーとコンプライアンスが担保された企業として、国際間の貨物輸送において、利便性が高く、より高品質なサービスの提供を目指しております。
 このような中、両社は、さらなる事業基盤の強化により国内外屈指の競争力を有する物流企業へ成長していくことが必要であるとの共通認識に基づき、各々のネットワークやノウハウ等の相互活用によるフォワーディングと3PLのより高度な連携に基づくサービスを、日々進化していくお客様のニーズに合わせて機動的に提供できるよう両社の関係強化を図り、それぞれの企業価値の最大化、社会的使命の達成の一助とすることを目的とし、本資本業務提携を行うことに合意しました。

2.本資本業務提携の内容
(1)業務提携の内容
 両社は以下の内容の業務提携を実施する予定ですが、その具体的な方針及び内容につきましては、今後も継続して両社間で協議を進める予定です。

当社及びエーアイテイーの取り組み
?3PL・フォワーディングのシームレスな連携による総合物流サービスの実現
?アパレル・雑貨物流のプラットフォーム化による収益基盤の強化
?非アパレル・非雑貨分野での協業による営業力強化
?LT*・ITを活用した最先端物流への取り組み強化   *Logistics Technologyの略。

(2)資本提携の内容
 両社は、エーアイテイーを株式交換完全親会社、日新運輸を株式交換完全子会社とする株式交換(以下、「本株式交換」といいます。)を行うこととし、本日、エーアイテイーと日新運輸との間で株式交換契約を締結いたしました。本株式交換の詳細につきましては、エーアイテイーが本日公表した「日新運輸株式会社との株式交換契約締結及び孫会社の異動に関するお知らせ」をご参照ください。
 本株式交換により、当社は、エーアイテイーの発行済株式総数の約20%(4,800,000株)を保有することとなり、エーアイテイーの主要株主及びその他の関係会社に該当することとなる予定です。本件につきましては、エーアイテイーが本日公表した「主要株主及びその他の関係会社の異動(予定)に関するお知らせ」をご参照ください。なお、当社が保有することとなるエーアイテイー株式は、本資本業務提携契約の有効期間中、エーアイテイーが事前に同意した場合を除き、第三者に対して譲渡、担保設定その他の方法により処分してはならないこととなっております。


DHL research shows 75% of companies believe investment in ground transportation will directly support their company growth

n evolution in the transport sector is being driven by trends such as the rapid growth of e-commerce, the continued urbanization of markets, and technologies such as big data analytics and digitalization
Advanced technologies and service options are changing the way shippers and 3PLs manage their global transport flows
Service expectations, new markets, new ground transportation solutions have all increased as a result

DHL launched its latest research report on ground transportation logistics. The report reveals that the fast-paced evolution underway in the sector is changing the way that shippers think when purchasing a transportation solution. The global survey of transport buyers and operations professionals found that 83% of businesses are willing to pay more for better and value-added services as long as they provide a measureable return on their investment.

"The Logistics Transport Evolution: The Road ahead" is a report by DHL Supply Chain, using data from research by Lieberman Research Worldwide, LLC (LRW) that was commissioned by DHL to identify the factors that are impacting ground transportation logistics and how industry is adapting to the new frontier of solutions available. The report found that across sectors and regions, companies are increasingly viewing ground transportation as being more than a tactical commodity, with 71% now considering it to be a strategic component of their businesses. Companies agree there is a direct correlation between ground transportation and business performance with three quarters (75%) believing investing time and resources in ground transportation will directly help their company sales.

Javier Bilbao, Global Transport Lead & CEO Latin America, DHL Supply Chain said: "Transport is undoubtedly a critical aspect of the global business environment, and these findings indicate that companies across sectors and markets are now recognizing its strategic value. We undertook this study to gain an insight into exactly what companies expect from their transportation service providers, both today and tomorrow. Our research has shown us that customers are increasingly looking for complete solutions with a global reach as they have the capability to solve a wide range of transportation issues and requirements."

Global shifts in the business environment were identified as disrupting the ground transportation landscape. In particular, the exponential growth of e-commerce and its implications on service was identified by 65% of companies as having a significant impact on their supply chain in the next 1-2 years.

Bilbao added: "Echoing the findings of our digitalization research, technology will be central to navigating this new era for ground transportation. The capability of AI and data analytics to manage the order profile and shipping patterns of customers' increasingly complex and demanding operating models while optimizing cost and service, means that they are now viewed as essential services, rather than added benefits."

Although these changing dynamics are being witnessed across regions, variations can also be identified depending on the maturity of the market and the demands placed on shippers from their consumer base. In Latin America, the priority consideration in selecting a ground transportation provider is on time delivery while in Europe, where the market is more mature, optimization of networks is the key focus for shippers.

Broader societal factors were also highlighted as presenting associated challenges, with 61% of companies referencing the increase in urbanization as a factor that will significantly impact their future business. Technology and its ability to help manage this complex environment is increasingly seen as a standard requirement of 3PLs: more than two thirds (67%) of companies believe that big data analytics and artificial intelligence (AI) are services that are essential for 3PLs to offer their shipper customers.

D


CEVA Logistics rejects take over proposal

The Board of Directors of CEVA Logistics AG, a global asset-light third-party logistics company, announces that it has received an unsolicited non-binding proposal to acquire the company at the price of CHF 27.75 per share in cash. The Board of Directors of CEVA Logistics carefully reviewed the proposal with the support of its legal and financial advisors and unanimously concluded that the proposal is not in the best interest of the company and its shareholders. Specifically, the Board of Directors concluded that the proposal significantly undervalues CEVA's prospects as a standalone company particularly as CEVA Logistics together with CMA CGM S.A. ("CMA CGM") as a strategic partner has been exploring measures to enhance performance in order to unlock CEVA Logistics' full potential. The unsolicited proposal is therefore inadequate. Accordingly, the Board of Directors has decided to not engage on the basis of this unsolicited proposal.

Modification of stand-still agreement with CMA CGM

In light of the current circumstances, the Board of Directors on request of its major shareholder CMA CGM has agreed to modify the current stand-still agreement between CEVA Logistics and CMA CGM. CMA CGM's duty to not increase its holding above the current 24.99% of the share capital until 5 November, 2018 has been amended to the effect that CMA-CGM is allowed to increase its holding up to one third of the voting rights of CEVA Logistics with immediate effect. All other obligations of CMA CGM (as made public in the IPO prospectus) remain in place, in particular the obligation of CMA CGM to tender its shares into a public tender offer by a third party if recommended by the Board of Directors unless CMA CGM launches a superior offer. In addition, CMA CGM has agreed, under certain conditions, to not launch or trigger an offer without the recommendation of the Board of Directors in the next 6 months (other than an offer which is superior to another offer).


プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト