MOL マレーシア総合物流会社 PKT Logistics Group Sdn. Bhd.の株式を追加取得

株式会社商船三井(本社:東京都港区、社長:池田潤一郎、以下「商船三井」)は、8月21日PKT Logistics Group Sdn. Bhd.(以下、「PKT」)の普通株式の14.27%を追加取得しました。既取得分(20.86%)とあわせて35.13%を保有します。

PKTは、フォワーディング、通関、倉庫、陸送、流通加工及び在庫・配送管理を含む総合物流サービスを提供する、マレーシア物流業界のリーディングカンパニーです。PKTは、セランゴール州シャーアラムに、先進的かつ環境に優しい物流センターOne Logistics Hub(倉庫面積:約55,000m2)を保有、運営しています。さらに、2014年には、ペナン州バトゥ・カワン工業団地に約285,000m2の土地を確保し、大規模物流センターOne Auto Hubを開発中です。One Auto Hubは、同社の新たなフラッグシップ物流拠点であり、その第一弾となる最新鋭の倉庫施設、12 Waves Warehouse(倉庫面積:約60,000m2)も2017年5月に竣工。同地域に展開する自動車、および電機・電子製品製造業を中心とする様々なお客様の物流ニーズに応えています。

商船三井は、経営計画「ローリングプラン 2018」にて、ロジスティクス事業をリソース重点配分分野としています。今回の株式追加取得は、今後も安定した成長が見込まれるマレーシアおよびその周辺地域における、商船三井グループのロジスティクス事業基盤の更なる強化を目的として実施するものです。

マレーシア物流業界のリーディングカンパニーであるPKTとの更なる関係強化を通じ、マレーシア国内物流ネットワークを充実します。加えて、海上輸送部分においては、NVOCC事業統一ブランド「MOL Worldwide Logistics」のもと、同社との連携によりマレーシア発着の国際物流を更に拡大し、経済成長が続くアジア域内の物流ニーズに幅広く応えることで、ストレスフリーなサービスを提供していきます。



プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト