The impact of digitalization and status of the supply chain profession are driving a global talent shortage crisis

A survey conducted by DHL found that the supply chain talent pool is not keeping up with the changing requirements as technology reshapes the industry
More than a third of companies have failed to take steps to create their future talent pipeline or develop their workforce
The common impression of supply chain careers as lacking in excitement continues to have a significant impact in finding, attracting and retaining talent

DHL called upon industry leaders to recognize the growing talent gap crisis in the supply chain sector. The U.S. Bureau of Labor Statistics reports that jobs in logistics are estimated to grow by 26 percent between 2010 and 2020. Furthermore, one global study estimated that demand for supply chain professionals exceeds supply by a ratio of 6:1, with some predicting that ratio could be as drastic as 9:1.

DHL surveyed more than 350 supply chain and operations professionals in five global regions. The findings revealed that there are a number of reasons contributing to the talent shortage crisis in a rapidly evolving field. The report 'The Supply Chain Talent Shortage: From Gap to Crisis' was commissioned by DHL and authored by Lisa Harrington, president of the lharrington group LLC. The report highlights the key supply chain talent challenges experienced today, and identifies opportunities for businesses to compete on a global stage.

Harrington said, "Leading companies understand that their supply chains - and the people who run them - are essential to their ability to grow profitably. However, the task of finding people with the right skillsets required to run these highly complex operations is increasingly difficult - especially at the middle- and upper management levels. Unless companies solve this problem, it could threaten their very ability to compete on the global stage."

The survey revealed the top factors driving the talent shortage:

Changing skill requirements: Today, the ideal employee has both tactical/operational expertise and professional competencies such as analytical skills. 58 percent of companies say this combination is hard to find. But tomorrow's talent must also excel at leadership, strategic thinking, innovation, and high-level analytic and technological capabilities.
Aging workforce: As much as a third of the current workforce is at or beyond the retirement age.
Lack of development: One third of companies surveyed have taken no steps to create or feed their future talent pipeline.
Perception that supply chain jobs lack excitement: The industry is still contending with the impression that other fields are more prestigious and offer more opportunities, fuelling lack of interest in the industry within the world's future workforce.
Harrington continues, "Companies are now recognizing that sourcing strategy has a large impact on their bottom line and ability to remain competitive. As one study recently found, companies that excel in talent management increased their revenues 2.2 times as fast and their profits 1.5 times as fast compared to 'talent laggards.' That's a powerful advantage. Unfortunately, recruiting the right talent - especially at the critical mid-level and senior management levels - is proving very difficult in today's environment. New technologies and fundamental areas of the supply chain have changed, meaning they now require that a person has a different and much larger skillset than required when most of the current workforce began their careers."

The report outlines numerous opportunities for the industry to start closing this talent gap. Offering clearer career paths and a visible commitment to the professional development of its supply chain staff combined with competitive remuneration packages are just a few ways to develop and retain their current talent. To attract talent, the industry needs to start emphasizing that the future workforce will need to have skills in robotic management, AI and AV control - job aspects that would be attractive to the younger demographic and help combat the negative perception of the sector.

Louise Gennis, Vice President Talent Management/Acquisition, Learning & Development, DHL Supply Chain, said, "We recommend that companies start with prioritizing the development of their current talent pool to adapt to the changing job requirements through training programs, and then retaining staff through clear career paths. We strive to combat misconceptions surrounding working in the supply chain through highlighting the technological developments which are digitalizing the industry and that are attractive to younger demographics."

Gennis cites the success of DHL's diverse recruitment and development initiatives as evidence that a long-term, well-informed talent management strategy can help businesses mitigate the potentially devastating effects of a shrinking talent pool. "The supply chain talent shortage is now critical enough that it's on the minds of supply chain managers across all industries, but the gap didn't develop overnight. Since supply chain solutions are our business, we've seen the issue developing over many years - and have used this time to adjust our approach toward attracting, developing and retaining talent accordingly. Our unique expertise helps ensure that job openings are filled by qualified experts wherever we and our customers operate, which will become an increasingly critical success factor as talent resources grow scarcer."


「総合物流施策大綱(2017年度-2020年度)」が閣議決定

今後の物流施策の方向性と取組

これからの物流に対する新しいニーズに応え、我が国の経済成長と国民生活を持続的に支える「強い物流」を実現していくため、以下の6つの視点からの取組を推進いたします。

サプライチェーン全体の効率化・価値創造に資するとともにそれ自体が高い付加価値を生み出す物流への変革(=繋がる)?競争から共創へ?
物流の透明化・効率化とそれを通じた働き方改革の実現(=見える)
ストック効果発現等のインフラの機能強化による効率的な物流の実現(=支える)?ハードインフラ・ソフトインフラ一体となった社会インフラとしての機能向上?
災害等のリスク・地球環境問題に対応するサステイナブルな物流の構築(=備える)
新技術(IoT、BD、AI等)の活用による“物流革命”(=革命的に変化する)
人材の確保・育成、物流への理解を深めるための国民への啓発活動等(=育てる)
http://www.meti.go.jp/press/2017/07/20170728002/20170728002.html


平成29年度「モーダルシフト等推進事業」(補助事業) の募集を

温室効果ガスの排出削減、流通業務の省力化による持続可能な物流体系の構築を図
るため、荷主企業及び物流事業者等物流に係る関係者によって構成される協議会が実
施するモーダルシフト等の取組みを支援する「モーダルシフト等推進事業」(補助事
業)について、下記のとおり募集を行いますのでお知らせいたします。
1. 補助対象事業者
荷主企業及び物流事業者等物流に係る関係者によって構成される協議会
2. 補助対象経費(補助率)
総合効率化計画策定事業(定額、上限 200 万円)
モーダルシフト推進事業・幹線輸送網集約化推進事業(最大 1/2、上限 500 万円)
3. 29 年度予算額・・・40 百万円
国土交通省ウェブサイト(下記 URL)に掲載されている交付要綱、実施要領及び応募要項
等をご覧いただき、申請様式に必要事項をご記入の上、必要書類を添えて最寄りの地方運輸
局等へご提出願います。
http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/freight/seisakutokatsu_freight_tk1_000094.html
応募期間:平成 29 年 6 月 19 日(月)?7 月 21 日(金)17 時まで(必着)
補助対象事業者の認定:8 月後半以降を予定
総合効率化計画策定事業:交付決定の日?平成 30 年 2 月 28 日(水)
モーダルシフト推進事業・幹線輸送網集約化推進事業:平成 29 年 8 月 1 日(火)?平成
30 年 2 月 28 日(水)
※総合効率化計画の認定の標準処理期間は 1 ヶ月となっております。
https://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/press/6pdf17-50.pdf


平成29年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者を募集

経済産業省・国土交通省では、物流分野における環境負荷低減、物流の生産性向上等持続可能な物流体系の構築に関し、特に顕著な功績のあった事業者に対して、大臣表彰・局長級表彰を行うため、平成29年7月3日(月曜日)から優良事業の募集をいたします。
受賞者のみなさまには、12月に開催予定の「グリーン物流パートナーシップ会議」において取組内容をご紹介いただく予定です。

1.グリーン物流パートナーシップ会議とは

流部門の環境負荷の低減、物流の生産性向上等持続可能な物流体系の構築は、荷主・物流事業者それぞれの単独による取組だけではなく、それぞれが互いに知恵を出し合い連携・協働すること(パートナーシップ)による、物流システムの改善に向けた先進的な取組が必要です。「グリーン物流パートナーシップ会議」は複数事業者間の協働によるそうした取組を支援し、グリーン物流パートナーシップの普及促進を図ることを目的としています。

主催:経済産業省、国土交通省、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会、
一般社団法人日本物流団体連合会
協力:一般社団法人日本経済団体連合会

2.表彰対象の拡大

平成27年度の募集より、CO2排出量削減に資する取組に加えて表彰の対象を広げております。変更点は以下のとおりです。

従前のCO2排出量削減に資する取組に加え、それ以外の環境負荷の低減や物流の生産性向上等持続可能な物流体系の構築(労働力不足対策、物流KPIの利用による生産性の向上、IoTの導入その他の革新的な技術の活用を含む)に資する取組も対象といたします。
荷主と物流事業者の連携に限定せず、複数事業者が連携した取組を対象といたします。
3.募集期間

平成29年7月3日(月曜日)?平成29年8月25日(金曜日) ※8月25日必着

4.提出先

応募要領参照
※ 詳細については応募要領をご参照ください。応募要領のほか、申請様式や記載例も添付資料に掲載しております。
※ グリーン物流パートナーシップ会議についてはホームページをご参照下さい。


総合物流施策大綱に関する有識者検討会 提言(案) 概要

物流の生産性向上により、我が国の経済成長を支える「強い物流」を構築する。
「強い物流」: ? ニーズ等の変化への的確な対応 + 限られた資源(人材・設備)を最大限活用する効率性 + 新たな価値の創造、
? 持続的・安定的なサービス提供(+働きやすい環境づくり)
? モノがスムーズに流れ、 隅々まで行き渡る
? リスクに対する強靱さ + 環境面でも持続可能
これらを?新技術の活用によって効果的に実現+新産業育成、?人材の育成等 で横断的にサポート

http://www.mlit.go.jp/common/001189152.pdf


JILS 2016年度物流コスト調査結果を発表 売上高物流コスト比率は4.97%(全業種平均)

2016年度の物流コスト調査における売上高物流コスト比率(全業種)の平均値は4.97%となりました。
前年度からの上昇は0.34ポイントで、過去20年間で最大となっています。業種分類別では、製造業、卸売業、小売業の売上高物流コスト比率が前年度から上昇しています。
 概要版:2016コスト調査報告書.pdf


国土交通省 センコー株式会社の産業競争力強化法に基づく「事業再編計画」認定

事業再編の概要
当該計画では、持株会社への移行によりガバナンス体制の強化、各事業会社の責任と権限の明確化等を図るとともに、物流拠点の増床と多機能化等による物流効率化を行い、企業価値の更なる向上を目指すこととしています。
http://www.mlit.go.jp/report/press/tokatsu02_hh_000043.html


国土交通省「大規模建築物に係る物流の円滑化の手引き」をとりまとめ

物流分野においては、国土交通省生産性革命本部において決定された「『物流生産性革命』?効率的で高付加価値なスマート物流の実現?」プロジェクトを推進し、物流の効率化・高度化の取組を進めております。また、「日本再興戦略」(平成28 年6 月20日閣議決定)において「物流を考慮した建築物の設計・運用ガイドラインを本年度に策定する」旨が掲げられています。このため、平成28年11月に、有識者、関係団体、関係省庁からなる「物流を考慮した建築物の設計・運用検討会」を設置しました。同検討会において、設計上の考慮事項や運用による物流の効率化について検討を行い、平成29年3月24日の第6回検討会(最終回)の意見を踏まえ、「物流を考慮した建築物の設計・運用について?大規模建築物に係る物流の円滑化の手引き?」をとりまとめました。
 本手引きは、建築物へのスムーズな貨物の搬入や屋内移動の確保等を図るとともに、交通や環境へ与える影響を抑制し、良好な景観形成などまちづくりの調和等の効果を期待し、今後の取組に向けたヒントとしてとりまとめたものです。

http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/freight/seisakutokatsu_freight_tk1_000110.html


労働安全衛生総合研究所 陸上貨物運送事業における荷役災害等を防止するための留意事項  重大な災害事例に学ぶ災害防止ポイント

陸上貨物運送事業では、荷役災害が多いことから、陸上貨物運送事業における労働災害を防止するためには、事業者、労働者の皆さま自らが、荷役災害防止対策をはじめ、労働災害防止対策に取り組まれることが必要です。
荷役作業等を行う現場でご活用いただくために、実際に発生した重大な災害事例に着目し、現場で作業に従事する労働者の皆さまの視点にたって、陸上貨物運送事業における荷役災害等を防止するための安全対策のポイントをまとめました。
【独立行政法人 労働安全衛生総合研究所へのリンク】


プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト