商船三井ロジスティクス マレーシアPKT Logistics Group Sdn. Bhd.と代理店契約締結

商船三井ロジスティクス株式会社(社長:東郷修平、本社:東京都千代田区)は、本年4月1日付で、マレーシアのPKT Logistics Group Sdn. Bhd.(以下、PKT)と代理店契約を締結しました。

PKTは、フォワーディング、通関、倉庫、陸送、流通加工及び在庫・配送管理を含む、総合物流サービスを展開する、マレーシア物流業界のリーディングカンパニーです。クアラルンプール近郊のOne Logistics Hub(倉庫面積:約55,000m2)、ペナンのOne Auto Hub(倉庫面積:約60,000m2)など先進的な物流センターを有しており、同地域に展開する自動車、および電機・電子製品製造業を中心とする様々な顧客の物流ニーズに応えています。商船三井(社長:池田潤一郎、本社:東京都港区虎ノ門)は2017年3月と2018年8月の出資を通じ、合計35.13%の同社株式を取得しました。

当社マレーシア現地法人・MOL Logistics (Malaysia) Sdn. Bhd.は、2017年11月にPKTの保有施設・One Logistics Hub内に本社事務所を移転しており、従前より良好な関係を築いてきました。今般、代理店契約の締結により、PKTが有するマレーシアでの物流ネットワークと当社が有するグローバルネットワークの一体化が可能になり、同国発着の国際物流をさらに強化・拡大します。PKTも、この提携により、当社グローバルネットワークの利用が可能となります。当社とPKTのシナジーにより、今後も安定した成長が見込まれるマレーシアとその周辺地域における物流ニーズに幅広くお応えします。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト