「平成29年版 労働経済の分析」公表

厚生労働省は、「平成29年版労働経済の分析」(「労働経済白書」)を報告

平成29年版では、少子高齢化により労働供給制約下にある我が国で経済成長を実現するためには労働生産性の向上とともに供給制約の解消を図ることが重要であるとの認識の下、イノベーションの進展への対応及びワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取組などについて分析

【白書の構成】
 第1部「労働経済の推移と特徴」 
 第2部第1章「我が国の経済成長とイノベーション・雇用との関係」
     第2章「働き方をめぐる環境の変化とワーク・ライフ・バランスの実現」

【白書の主なポイント】
 ・少子高齢化による労働供給制約下にある我が国においては、イノベーションの促進とワーク・ライフ・バランスの実現の両立を図ることが経済の好循環のために不可欠である。
 ・イノベーションの促進に向けて、設備投資の活性化、人材の有効活用に向けた教育訓練や女性が活躍できる環境の整備などの雇用管理の見直しが重要である。
 ・ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、企業と労働者が一体となって実効性のある取組を進めていくことが重要である。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000179049.html


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト