働き方改革への対応

働き方改革の一貫で、労働基準法の中小企業への60時間以上の時間外労働の猶予が平成34年4月に撤廃されようとしています。60時間を超える時間外労働は50割増となります。
問題の本質は、割増の多可ではなく、どうやって時間外労働の少ない職場とするかです。
時間外労働を前提としない職場では、今後更に厳しくなる人手不足の中で、雇用確保が困難となってゆきます。特に物流業界は人手に頼る作業は多いので、なおさらです。
まずは無駄な作業をしないことです。人手不足で時間外労働が多ければなおさら無駄な作業をなくして、これ以上時間外労働を増やさないことです。
2Sをはじめとする改善活動が何より重要です。モノの2Sだけなく、事務作業の2Sも大切です。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト