ゼンリンデータコムとライナロジクスが宅配物流事業の課題を解決する『モビリティプラットフォーム』を展開

株式会社ライナロジクス(所在地:千葉県市川市、代表取締役:朴 成浩)と、株式会社ゼンリンデータコム(所在地:東京都港区港南、代表取締役社長:清水 辰彦)は、宅配事業の「ラスト1ミニット」※問題の抜本的な解消を目指す『モビリティプラットフォーム(仮称)』を展開します。

※エンドユーザーの手元に届く最後の1分の距離



■背景と目的

ECの伸長と高齢化などを背景に、宅配物流需要は今後もますます伸びることが確実視されています。しかし、重要な担い手であるドライバーの減少には歯止めがかからず、物流リソースは逼迫する一方であり大きな社会問題となっています。宅配物流事業者はドライバーをシステムで支援することで、数少ないベテランドライバーの労務環境改善を推進するだけでなく、基準レベルに満たないドライバーを補強し、従来通りの物流サービスを維持しようとしています。

現在「ラスト1ミニット」の宅配サービスを支えるのは、ベテランドライバーの高度な経験や知見です。ドライバーは車両の運転技術はもとより、駐停車可能な位置や営業車両が通行可能な細街路、時間帯による交通状況、車両で入るべきでない歩行ルートといった様々な配達エリアに関するノウハウを蓄積し、高度な判断に基づいてミッションを遂行しています。しかしながら、これら知見はドライバー個人に属人化しており、所属する事業所内など限られた範囲でしか共有することができません。

この事実こそが、単純な運転支援システムや、個々の企業によるデータ収集と解析だけでは職業ドライバー不足を補えない理由でもあります。

ライナロジクスとゼンリンデータコムは、この「ラスト1ミニット」問題を解決するため、それぞれが持つ知見・リソースを持ち寄り、プラットフォームとして広く提供することを目指します。

ライナロジクスが持つ、効率のよい配送計画をコンピューターで自動作成する組合せ最適化技術や予測、学習技術 (AI領域の重要技術分野)と、ゼンリングループの地図資産と地図調査・作成に関するノウハウ・ネットワーク(調査員等の人的資源)、位置情報解析技術を組み合わせることで、効率の良い計画から管理までを統合的に運用できるオープンな『モビリティプラットフォーム(仮称)』を構築・提供します。


■サービスの特長

まずは宅配物流事業の課題を解決するために高度で実用的なデータの集積と、それを生かすための自動化技術・アプリケーションをプラットフォームとして提供します。利用者は「ラスト1ミニット」の輸配送サービスに関するノウハウを集積し、ルート探索・自動配車といった機能を組み合わせて利用することができます。既存の計画システム、運行管理システム、安全管理システムなどと連携して利用することも可能です。

更に、地図データやアプリケーションの提供のみに留まらず、地図データとアプリケーションを一体化したGISプラットフォームを提供します。

宅配業務において高度かつ実用的な配送指示を作成することで、プロではない、配送のノウハウを持たず、限られた時間のみ働くことができる、主婦や副業の労働力の活用が可能になります。


■今後の展開

集積した情報は、宅配物流分野にとどまらず、営業車両やフィールドメンテナンスなどの様々な業務分野での活用、更には旅客輸送、貨客混載といった高度輸送などMaaS時代の輸送サービス全般に対し実現できるプラットフォームを目指しています。


完全自動配車システム『ライナ2』『ライナクラウド』が最大150万円まで補助を受けられる「IT導入補助金2019」の対象に認定

「組み合わせ最適化」を応用したソフトウェア開発で配車業務の効率化を推進してきた株式会社ライナロジクスは、この度弊社製品『ライナ2』、『ライナクラウド』が、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、IT導入補助金)」の対象製品として登録されたことをお知らせいたします。


Good cards for Cartagena and Panalpina’s LCL Ocean Freight hub

Cartagena, Colombia’s premier port, is becoming increasingly important as a regional transportation hub. Last year, Panalpina set up the first ocean freight hub in Cartagena for Central and South American LCL (Less than Container Load) cargoes. The international freight forwarder also tops the Port of Cartagena’s import and export rankings.

Multinational companies are scrutinizing their global supply chains and shipping routes to max out on speed and efficiency. Sometimes, the solution lies in the road less traveled, the hidden gem of a logistics and distribution hub that wins with its strategic location and good connections.

Port of Cartagena: anything from cosmetics to cars

Increasingly, consumer goods ? anything from cosmetics, shampoo, chocolates and canned food to sportswear, cars, automotive parts and washing machines ? are finding their way in and out of Cartagena in Colombia. But what’s the lure of Cartagena?

“Cartagena’s Bay has been the commercial gateway to America for almost 500 years,” notes the Port of Cartagena on its website. “During the colonial era, the Spaniards considered this bay to be the perfect spot to establish their principal port, due to its strategic location and its exceptional natural conditions. During this period of time, a constant flow of merchandise would usually pass through the bay, all the way from South America to the Caribbean and Europe. Today, these same characteristics represent enormous comparative advantages for maritime operations, and enable the bay to continue to play a vital role in the global trade.”

Get an impression of the Port of Cartagena in this video.

The Port of Cartagena had the fourth highest throughput of all container gateways in Latin America and the Caribbean for 2018, according to figures released in April by the UN’s Economic Commission for Latin America and the Caribbean. The port handled 2.9 million TEU in 2018, 6.9% more than in 2017. Only Colon (Panama), Santos (Brazil) and Manzanillo (Mexico) handled more containers. Panama’s Pacific complex came in fifth, but its throughput fell by 15.6%.

Data from SICEX also shows that Panalpina was the Port of Cartagena’s biggest importer (12% market share, based on kilograms) and second biggest exporter (23% market share, based on kilograms in 2018). The company is currently in a pole position to lead the rankings for the first half of 2019, too (updated figures expected in August).

Panalpina LCL Ocean Freight hub: shorter transit times, better service, lower costs

Last year, Panalpina moved its Less than Container Load (LCL) operations in the region from Panama to Cartagena. In doing so, Panalpina became the first freight forwarder and NVOCC (Non-Vessel Operating Common Carrier) to use Cartagena for Central and South American LCL cargoes. “Having shifted operations from Panama to Cartagena, we are able to give our customers the benefits of shorter transit times, better service and lower costs,” says Cleber Oliveira, Panalpina’s regional Ocean Freight LCL manager, Latin America. “All operations are carried out inside the port in the free trade zone, which means that there is no need to transport the inbound cargo somewhere else to consolidate and deliver the containers back. Compared to a set-up where consolidation has to happen elsewhere in Central America or outside the port, we can offer better and more efficient services in Cartagena.”

At the Cartagena LCL hub, Panalpina consolidates multiple consignments from multiple customers or their suppliers in one Full Container Load (FCL). The customers, mostly from the consumer and retail as well as fashion industries, can ship low volumes without having the cost commitments of a full container. Hence, LCL gives customers with lower-volume shipments access to the economies of scale in ocean freight that are normally restricted to full container movements.

Multimodal and worldwide connections

Other benefits of Panalpina’s LCL offering, which can be combined with multimodal transport, including air and road freight, are more flexibility and reliability, resulting in improved supply chains. In Cartagena, Panalpina now provides the highest number of direct LCL services on the market, with direct sailings from Cartagena to the Central and Caribbean islands such as Jamaica, Trinidad and Tobago, and Curacao (some services of competitors go via Panama with a transit time of three to four times higher). These direct LCL services connect Latin America and the Caribbean to the world and back via other regional hubs and gateways such as Busan, New York, Rotterdam, Antwerp and Hamburg. Panalpina currently offers 20 outbound and 21 inbound weekly consolidated services via Cartagena. Southampton (UK) and Istanbul (Turkey) were the last services to be added on the inbound, Guayaquil (Ecuador), Callao (Peru) and Valparaiso (Chile) the last services on the outbound.



DHL Supply Chain partners Tetra Pak to implement its first digital twin warehouse in Asia Pacific

This is the first smart warehouse for DHL in Asia Pacific to deploy the digital twin technology, which involves using digital models to better understand and manage physical assets.Digital twin provides better visibility of safety processes and inventory management
Streamlined supply chain and staff training will lead to greater productivity
Facility in Singapore operates round the clock coordinated by DHL Control Tower

DHL Supply Chain, the global market leader for contract logistics solutions, has successfully implemented an integrated supply chain solution for Tetra Pak's warehouse in Singapore, one of its largest globally. This is the first smart warehouse for DHL in Asia Pacific to deploy the digital twin technology, which involves using digital models to better understand and manage physical assets.

"Tetra Pak is the world's leading food processing and packaging solutions company serving the needs of hundreds of millions of people in more than 160 countries, and we are proud to play a part in their vision to make food safe and available everywhere," said Jerome Gillet, CEO, DHL Supply Chain Singapore, Malaysia, Philippines. "By jointly implementing a digital solution to support Tetra Pak's warehousing and transport operations, this collaboration is a great example for smart warehouses of the future to deliver agile, cost effective and scalable supply chain operations."

Combining the Internet of Things (IoT) technology with data analytics, DHL Supply Chain created a smart warehouse solution (video) for Tetra Pak by bridging its physical warehouse with a unique virtual representation that monitors and simulates both the physical state and behavior of the warehouse assets in real time. With this digital twin solution, Tetra Pak is able to maintain 24/7 coordination of its operations to resolve issues as they occur, particularly those that involve safety and productivity.

Warehouse supervisors can use real-time operational data to make informed decisions to reduce congestion, improve resource planning and allocate workload. Using IoT and proximity sensors on Materials Handling Equipment (MHE), spatial awareness is enhanced, thus reducing potential collision risks. Controlled areas with restricted access are also monitored with management alerts.

A DHL control tower monitors the flow of inbound and outbound goods to maintain time efficiency, ensuring goods are correctly shelved within 30 minutes of receipt, and delivery-bound goods are ready for shipment within 95 minutes.

To reduce operational risks and improve safety, DHL Supply Chain has implemented a container storage management solution that minimizes the need for employees to handle heavy containers. All employees are also trained to work within newly introduced safety measures.

"Innovation has always been at the heart of what we do at Tetra Pak. To keep the cogs of our operations turning seamlessly, it is vital that we have complementary warehousing and supply chain solutions that can meet the high demands of our customers. We are pleased with the successful implementation of this smart warehouse, and look forward to partnering DHL Supply Chain to further enhance our productivity and maintain our high safety standards in our supply chain operations," said Devraj Kumar, Director, Integrated Logistics, South Asia, East Asia & Oceania, Tetra Pak.

DHL Supply Chain has a proven track record in Singapore of leveraging knowledge and expertise gained through its international operations to meet customer requirements locally, which has allowed it to expand and strengthen its business in the country. The company offers third party logistics (3PL) solutions, allowing customers to fully outsource their logistics management and operations. Solutions include warehouse management, domestic transportation, service parts logistics, packaging design and recycling, all delivered through state-of-the-art IT solutions and project management techniques.


ブルーイノベーション、中国のドローン物流会社ANTWORK社と共同開発・協業提携

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区、社長:熊田 貴之、以下ブルーイノベーション)は、あらゆる移動体への連携が可能な「クラウドモビリティ」構想への第一歩となるドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化に向けて、物流・インドアフライトへの展開を進めておりますが、この度、中国のドローン物流会社ANTWORK社(中国社名:迅?、本社:中国・杭州、CEO:Lei Zhang、以下ANTWORK)と共同開発・協業提携し、10月より日本での物流POCサービスを販売スタートします。

ブルーイノベーションは、国土交通省、東京大学鈴木・土屋研究室と連携し、物流用ドローンポートシステムを2年間かけて開発し、それを屋内を含めた様々なソリューションに対応可能な汎用性のあるBIポートにIHI運搬機械株式会社と共同で拡張して、実用化に向けて取り組んでいます。

ANTWORKは、中国・杭州にある未来科技城にて、ドローンと人工知能を融合して全自動化デリバリーシステムを構築し、ラスト1マイルの問題解決に取り組むベンチャー企業です。中国郵政と共同で中国初のドローン速達郵便サービスを開始し、既に中国家電量販の最大手のスニン(?宁)、アリババグループの物流運用会社CAINIAO(菜?)などにサービスを提供しています。また、2018年1月には、杭州のドリームタウン(夢想小鎮)の一角にあるスターバックスと連携し、同じく未来科技城に位置するオフィスビルへのコーヒーデリバリーを開始し、日本でも話題となりました。世界の多くのドローン物流会社が未だ実証実験段階ですが、既に数万キロの商業飛行実績を有しています。ANTWORKはドローン物流において世界的リーディングカンパニーです。

ブルーイノベーションでは、物流ドローンポートシステムの開発で得た知見を活用し、先ずはANTWORKのドローン物流サービスを日本で導入展開するために、ブルーイノベーションのBIポートに接続し、将来的には日本のみならず世界で展開することも視野に入れた、共同開発・協業提携します。なお、物流POCサービスは10月よりスタート予定で、物流サービス会社との連携を募集します。


日通、倉庫向け協働型ピッキングソリューションの実証実験を実施

?最先端のAI・Iot技術を活用したRapyuta Roboticsのクラウドロボティクス・プラットフォームを利用?

 当社は、2019年6月、東京都内の当社物流センターでRapyuta Robotics株式会社(社長:Gajamohan Mohanarajah、以下「Rapyuta Robotics」)と共に、倉庫向け協働型ピッキングソリューションを用いた実証実験を実施しました。

【背景】
 昨今の懸念事項となっている少子高齢化による慢性的な人手不足や賃金上昇等により、物流業界内において人手不足は日々深刻化しており、自動化技術を活用した省力・省人化の推進は当社としても喫緊の課題となっています。

【実験の概要】
 この取り組みは、当社が実際に運営している物流センターで、ピッキング作業の効率化・生産性向上、作業者の負荷軽減を図ることを目的に2018年10月からRapyuta Roboticsと共同研究を開始し、今日まで、ロボットの導入に向けた検証を行ってきたものです。
 今回の実証実験では、倉庫内のピッキングエリアにおいて人や物に干渉することなく稼働するRapyuta Roboticsのロボットを使用し、同一の出荷オーダーを用いて、人員のみで作業を行った場合とロボットを併用した場合の、歩数・移動距離・ピッキング終了までの総作業時間等を計測し、比較を行いました。

【ロボットの特長】

既存の倉庫で、レイアウトやマテハンを変更することなく導入が可能
自動走行で、複数台同時に導入することも可能で、作業量の増減にも柔軟に対応可能
作業者は、ピッキングした荷物を持ち運んだり、カートを押すことが不要
ピッキング指示がロボットのモニターに映し出されるため、作業者はピッキングリストの所持が不要
ピッキングした荷物は、ロボットに搭載されたスキャナーでバーコードを読み込み、正誤確認するため、作業者はスキャナーの所持が不要。
作業者は目的の棚前で停止しているロボットの場所へ移動することでピッキングが可能であり、レイアウトやロケーションの熟知が不要
倉庫のレイアウト変更や倉移し、倉庫移転等があった場合も容易に対応が可能。
【結果と今後について】
 今回の実証実験により、人とロボットが安全に協働できることやロボットの利用によって作業時間が短縮されることが確認されました。
 今後は、9月を目途に更なる実証実験を行って評価・検証し、2019年度中の既存倉庫への導入を目指します。

 当社では、物流の分野での新しい技術に対応したサービスの構築に取り組んでいます。 今後ますます社会に大きな変革をもたらすと考えられる最先端技術を取り込み、物流システムや現場改善などにも活かしていきます。




物流プラットフォーム「はぴロジ」が「スクロール360」と業務提携およびASIMSを提供して分散出荷を開始

株式会社ブレインウェーブ(本社:大阪市西区、代表取締役社長:園田有希生)と、通販におけるソリューションを提供する株式会社スクロール360(本社:静岡県浜松市中区、取締役社長:山崎正之)は、2019年7月1日付けで業務提携を行い、第1弾の取り組みとしてスクロール360の分散出荷サービスにおけるコアシステムとして「はぴロジASIMS」が採用されました。
■業務提携の背景
倉庫との接続により全国をカバーする物流プラットフォームを構築する「はぴロジ」と、通販企業に向けて物流を含む通販ワンストップサービスを提供する「スクロール360」は、社会問題化しているラストワンマイルに於けるリソース不足の問題や物流のボトルネック解消に対して、倉庫領域とシステム領域を縦断するソリューションの構築を行うために、業務提携を締結するに至ったものです。

■取り組みについて
昨今の物流業界は物流クライシスが叫ばれるなか、出荷制限や配送コストの値上がりが止まらない状況にあります。
配送コストの削減や配送リードタイムの短縮といった、通販事業者各社が抱える課題を解決するために、スクロール360社は、同社が持つ全国の物流拠点(関東、中部、関西、北海道)と、はぴロジの物流プラットフォームおよび「ASIMS」の連携により、分散出荷サービスを提供開始します。

※ASIMSとは(Automatic Shipping Information Management System)
はぴロジの流通プラットフォームを制御するコアシステム。
全国の提携倉庫が運用するWMSと接続することで、倉庫ネットワークを形成し、ショッピングカートシステムや荷主企業との各種データ連携および変換を一元的に行います。

<はぴロジとは?>
全国の倉庫をクラウドシステムが制御することにより、出荷業務の自動化を行う高度な物流プラットフォームと、プラットフォーム上で荷主企業と提携物流事業者を繋ぎ、物流業務を運営する事業の総称です。
<何ができるのか?>
はぴロジのプラットフォームを活用して、?ECの出荷業務におけるデータ変換や同梱物の制御などのバックヤード業務をシステムにより自動化、?プラットフォーム上の複数の出荷拠点を制御により「在庫の分散保管」や「出荷の分散」等を行い、物流効率を最大化します。

■株式会社スクロール360 会社概要
【社名】株式会社スクロール360
【本社】静岡県浜松市中区佐藤二丁目24番1号
【URL】https://www.scroll360.jp/
【代表者】代表取締役会長 堀田 守
【取締役社長】山崎 正之
【事業内容】通販業務(受注、物流、決済)代行、通販システム構築、販促支援(Web広告)、コンピュータ業務受託等
【設立】1986年3月

■株式会社ブレインウェーブ 会社概要
【社名】株式会社ブレインウェーブ
【本社】大阪府大阪市西区北堀江1-2-19 アステリオ北堀江3F
【支社】東京都港区南青山4-20-4 ホリアージュ南青山1F
福岡県福岡市中央区大名1-3-46 大名イマンスビル5F
【URL】https://www.bwave.co.jp/、https://www.happylogi.com/
【代表者】代表取締役社長 園田有希生
【事業内容】流通プラットフォーム事業「はぴロジ」、システム開発事業
【設立】1997年4月1日


Blockchain for pharma’s blockbusters

How would you trace and authenticate unique and valuable products within the healthcare and pharmaceutical supply chain? Panalpina’s hacker team took a stab at creating real-world blockchain solutions to share data within and across enterprises.

Blockbuster drugs are drugs that generate more than $ 1 billion of revenue per year. That makes them sought-after not only by patients worldwide who rely on them to fight a disease or condition, but also a target for criminal organizations that try to make cash with counterfeit drugs. Of course, the problem of fake drugs stretches far beyond blockbusters, putting patients at risk and harming pharmaceutical companies financially.

Blockchain technology enables the tracing and authentication of unique and valuable products within the healthcare and pharmaceutical supply chain: right from standards-compliant manufacturing to tamper-proof packaging, down to temperature-controlled storage, transport and delivery. Each step can be monitored and recorded ? where a drug is, whether it is kept cool and secure. Because when it arrives at final destination, everyone involved wants to know and trust that it is original and in the best quality.

At last weekend’s Swiss Blockchain Hackathon, Panalpina’s hacker team, Kosmos, took a virtual pill on a remarkable journey. Their challenge was: to create a blockchain solution that ensures traceability and authentication of unique products like medications within the pharma supply chain, and to devise standards to enable disparate applications to create and share visible event data, both within and across enterprises. Here’s what they did:

The virtual pill was shipped between two locations. Each shipment covered four major milestones:

Pick-up from shipper/supplier (PUP)
Goods confirmed on board first flight (DEP)
Goods arrived at last airport (ARR)
Delivery to door (POD)
The drug was tracked while being shipped by using GS1 barcodes typically used for scanning.

For all stages of the shipment, Panalpina’s hackers used GS1 standards and codes to create pieces of data about:

Prefixes of companies involved in the transaction
Locations where the pill passed
Boxes/pallets (trade units) and pills (consumable units) moved in the transaction
Shipments (logistic units) made
Using these, they created a chain of tamper-proof events by encoding them inside a blockchain. With each new shipment milestone, they lumped all the events as content for a new block and attached it to the blockchain.

What happened was 42 hours of designing, hacking, developing and refining. The Kosmos team had the skills, drive, passion and innovation to devise a solution that met the demands of the challenge. They burned the midnight oil and gained valuable insights into new technologies such as Angular, Reactive patterns and Javascript back-end with NOSQL database.

Panalpina’s five-member Kosmos team, comprising Gianluca Lupo (captain), Piotr Dziubecki, Marlon Leuthardt, Marcin Procyk and Takeo Yoshida, took second place in the supply chain vertical. They were one of 40 teams competing in the Swiss Blockchain Hackathon, which spanned six verticals: mobility, intelligent parcels, supply chain, finance, agriculture and food, and e-government.

Watch the video: https://youtu.be/anLx-ik-_d4

What does blockchain mean for blockbuster drugs and pharmaceutical products in general? It’s pointing to real and practical solutions for traceability and authentication. Following the event, the hackers have made all the source code public. The code from Panalpina’s Kosmos team, which is still evolving, is available here: https://github.com/pan-hackers/challenge2



プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト