中小企業の物流改善 在庫管理(2)

棚札とは、ある場所におかれている部品の現時点での数量を部品の種類ごとに把握するためのツールです。ポイントは

・一つの置き場所、一種類の部品について一枚の棚札を配置する
・部品が入庫、出庫した都度直ちに記入する
・在庫数を計算記入すると同時に、現品数を突き合わせチェックする

部品などの現品在庫数は現に目の前にある現品と、一対一の対応で確実に確認します。もし不一致の場合は、それを異常として、ただちに原因を追求し、必要ならば在庫数を修正します。

在庫数は在庫台帳によっても把握されていますが、正確性の維持が最大の課題です。照合するためのツールが棚札です。

100%の精度が目標ですが、現実的には95%程度が精度の目標となります。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト