シニフィアン株式会社と資本業務提携を締結し経営体制を強化

物流プラットフォームを運営する株式会社オープンロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役CEO:伊藤秀嗣、以下オープンロジ)は、ベンチャー企業の継続的な成長を目指し経営支援を行うシニフィアン株式会社(本社:東京都港区、以下シニフィアン)と資本業務提携を締結したことを本日発表いたします。
今後はシニフィアンの持つノウハウを活かし、中長期の継続的な成長を見据えて経営体制を強化してまいります。
<本件のポイント> ・ベンチャー企業へポストIPOを見据えた経営支援を行うシニフィアンと、資本業務提携を締結。 ・シニフィアンは、元ディー・エヌ・エー取締役、元ミクシィ社長、元ゴールドマン・サックスのバンカーというメンバーが創業。 経営や事業成長の豊富な経験と専門的知見を持つ。 ・オープンロジの中長期かつ継続的な成長を見据え、組織・管理体制の強化などに両社で取り組む。
■背景
オープンロジは、これまで物流アウトソーシング事業を通じて中小の荷主および倉庫事業者の物流課題を解決し、今後も中長期的な拡大を目指しております。
また成長企業の経営支援に取り組むシニフィアンは、経済を支えるインフラである物流について、多くの課題と可能性を感じていました。
このことから両社は、オープンロジの事業拡大を通じて物流業界が抱える課題の根本解決に貢献すべく、同社の経営体制の強化を目的とした資本業務提携を行いました。
■オープンロジ代表取締役CEO 伊藤秀嗣 コメント
 ECの急速な発展により、現在物流業界は課題を多数抱えています。人手やサービス供給が需要に追いつかずアナログな業務が多く残る現状は、ビジネスのボトルネックになっています。
我々は課題解決にはテクノロジーの活用と荷主・倉庫・配送会社の連携が必要であると考え、これまで物流アウトソーシング事業を通じて課題解決に貢献してきました。システムを通じたオペレーションの一元化によって業務の効率化と共に利用ハードルを下げ、荷主と物流事業者双方に効率的なサービスとして、現在5,000社以上の荷主にご登録いただいています。

 このたび我々は更なる課題解決に向け、中長期の継続的な成長を目指してシニフィアンと資本業務提携をいたしました。同社が物流の持つ課題と可能性に共感し、課題解決の心強いパートナーとなってくれたことを、大変喜ばしく思っております。今後はシニフィアンの豊富な経験・専門的な知見を活かし、海外事業や新規事業の戦略策定および組織・管理体制の強化や資本政策などを通じて、経営体制を強化してまいります。

 物流は今後ダイナミックに進化を遂げ、ビジネスそして経済全体を大きく発展させる可能性を持つ分野です。我々はミッションである「物流の未来を、動かす」存在として多くのプレイヤーを繋ぎ、誰もが安心して利用できるサービスを通じてその発展の一翼を担ってまいります。

■シニフィアン 共


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト