コラム 2010年1月のニュースから ― 組織再編の動向

1月だけでも組織再編について下記の記事を掲載しました。事業強化や営業地域拡
大のための組織再編と、コスト削減を意図したリストラやアウトソースなどの組織
再編に分類しました。

1強化
1)事業と地域の強化
DB Schneker Rail 伊NordCargo株式過半数取得
2)関連事業と地域事業の強化
KL 米国物流会社へ資本参加

2リストラ、アウトソーシング
1)選択と集中の推進
TNT チェコのコールセンター業務売却
TNT ドイツ子会社売却
2)アウトソース
ドイツポスト ITアウトソース推進

注目点は、TNTの非中核事業を売却することで選択と集中をすすめる戦略を強化し
ている点です。09年度は世界金融危機の影響でエキスプレス業界は軒並み減収演繹
ですので、業績悪化が要因となっているとは思います。

それでも06年以降進めるメールとエキスプレス事業からなるネットワーク事業への
集中戦略は見事です。ただ09年度のような市場の崩壊局面では、事業ポートフォリ
オの狭さがリスクとなることも明らかになりました。

ドイツポストのITノアウトソーシング推進も多少驚きでした。前例としてはマース
クがマースクデータをIBMへ売却したことがありました。メールサーバーの自社所
有をやめてGoogleのサービスを利用する例もありますが、高度化するITをすべて自
社管理するには経営資源面で制約が多くなりすぎているのだと思います。

クラウドコンピューティングの進展とともにロジスティクス業界でもトレンドとな
ると思われます。 


コントラクト・ロジスティクスの成長

K+NやCevaがコントラクトロジスティクス分野で売上を拡大しています。ドイツ
ポストやK+Nは、事業セグメントのひとつにコントラクトロジスティクスがあり
ます。ドイツポストは、グローバルプレート、サプライチェーンと同じ分野として
います。

2008年度までのK+Nについていえば、コントラクトロジスティクス業務を強化し
ていることが、好業績の大きな要因でした。2008年度だけでもサムスンやエアバス
など数多くのコントラクトロジスティクス業務の契約を獲得しております。05年か
ら08年にかけてコントラクトロジスティクスセグメントは売上高を約255%成長さ
せて、08年度4,732百万ユーロ(6151億円。130円換算)の規模をもちます。

コントラクトロジスティクスの定義ですが、期間、料金、サービス範囲などを明記
した契約に基づいて行うロジスティクスサービスです。倉庫と配送業務が絡むロジ
スティクス業務が該当する場合が多いと思いますので、実質的には日本でも多くの
ロジスティクス事業者が同分野でサービスを提供しております。ただ正式な契約書
を締結して、いるかどうかが大きなポイントです。

参考までにに契約書については国土交通省から3PL契約書ガイドラインが公表さ
れておりますので参照してください。

荷主の経営資源のコア業務への集中化、コスト削減を目的としたロジスティクス業
務のアウトソーシング化が背景としてあるものと思います。コントラクトロジステ
ィクス業務をグローバルに延ばすためには、ITの整備、幅広いワンストップサー
ビス、グローバルなサービス体制などが求められるといわれます。K+Nについて
は、事業強化のための欧州を中心とした組織再編を積極的に行いながら事業拡大を
図りました。


プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト