JILS 2018年度物流コスト調査結果(速報値)の公表 ~売上高物流コスト比率は4.95%~

2018年度物流コスト調査の売上高物流コスト比率は4.95%(全業種平均。速報値)となった。前年度からの増加幅は0.29ポイント。物流事業者からの値上げ影響などを理由に売上高物流コスト比率が大きく上昇したと考えられる。現在、要因を分析している。
本調査では、2018年8月から12月にかけてアンケート調査を実施し、計217社から有効回答を得た。なお、同一サンプルによる前期比較が可能な2年連続回答(有効回答163社)の売上高物流コスト比率は4.86%(全業種平均。速報値)で、前年度から0.10ポイント上昇している。

 今年度は、2018年度における値上げ要請の動向について質問した。値上げ要請の有無については、回答企業(224社)のうち87.9%から要請を受けたと回答を得た。値上げ要請を受けた企業の割合は約16ポイント増加した。値上げ要請があったとの回答した企業(197社)のうち、188社(95.4%)の企業が「応じた」と回答した。値上げ要請を受けた企業の割合は約19ポイント増加した。もはや荷主は物流事業者からの値上げ要請を受けざる得ない状況になったと考えられる。

速報版:2018年度物流コスト調査報告書.pdf


GROUND、米国Soft Robotics社と販売パートナー契約を正式締結し、ロボティックピッキング『SuperPick(スーパーピック)』を日本で初めて提供開始

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、米国のロボティックピッキングシステムを開発・提供するSoft Robotics社(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Carl Vause、以下「ソフト・ロボティクス」)のソリューション『SuperPick(スーパーピック)』を日本で初めて提供する販売パートナー契約を正式締結いたしましたので、お知らせいたします。これに伴い、2019年1月より本格的に同ソリューションの国内提供を開始します。

ソフト・ロボティクスは、2013年にハーバード大学の研究員らを中心に創業された米国発のベンチャー企業です。同社の『SuperPick』は、独自開発された最新ビジョン技術やアルゴリズム、特許を取得している素材などのテクノロジーを応用し、非定型な個体を人間の手のように高い精度とスピードでピッキングすることができる画期的なロボティックピッキングソリューションです。米国では、食品製造業や自動車部品工場などで既に導入、活用されています。

<GROUND株式会社 代表取締役 CEO 宮田 啓友のコメント>
『SuperPick』を日本で初めて提供するパートナーとして、GROUNDが選ばれたことをとても誇りに思っています。「Intelligent Logistics®(インテリジェント・ロジスティクス)※」で世界の物流・流通業界に新しい価値提供を目指す私たちにとって、重要なソリューションになると確信しています。

<ソフト・ロボティクス CEO CARL VAUSE氏からのコメント>
GROUNDとの協業を通して、ソフト・ロボティクスのソリューションを日本国内へ提供できることを嬉しく思います。宮田社長をはじめとするGROUNDメンバーの物流・流通における知見・専門性とソフト・ロボティクスのロボティックソリューションを掛け合わせることにより、これまでにない物流施設でのピッキング自動化を実現できると信じています。

同ソリューションの最大の特長は、”ハンド”と呼ばれる対象物をピックアップする部分の素材と独自開発されたビジョンシステムにより、重さ、素材、形が異なるさまざまな物を人間のように適切に掴むことができる点にあります。対象物をピックアップするために膨大なデータの事前インプットを必要とする従来のロボットに比べ、『SuperPick』は、人間がさまざまな物を無意識に掴むことができるように、対象物の重心や素材、大きさを自動で判断・調整し、適切な握力で掴むことができます。特に、多種多様な商品を扱う物流センターや、製品の取り扱いに高い専門性や精度が必要とされる製造現場など、これまでロボットによるオートメーションが困難であるとされてきた業界において、『SuperPick』は人手に代わる画期的なソリューションとなると確信しています。

■『SuperPick』の特長
1. 重さ、素材、形が異なる物や精度を求められるさまざまな物品をピックアップできる
米国で特許を取得している高品質な素材で作られたハンドは、-10℃〜65℃の耐熱性があり、物品の重さ、素材、形を問わずにピックアップが可能です。物品を掴むハンドに採用されている素材は、最先端科学を応用し、ハーバード大学の材料科学発明によって独自開発されました。

2. ピッキングエラーが少なく、業務効率化を実現
物品のアウトラインを捉えるビジョンカメラ、独自開発されたアルゴリズム、特許を取得しているピッキングハンド部分の素材により、物品の重心や形状、重さを予測し、人の手を再現した正確でスピーディなピックアップが可能となります。

3. 物の形状と掴み方などの情報を自律的に蓄積・学習することにより、生産性向上を実現
人の介在と事前のインプット情報を最小にする設計で、物品をピックアップするために必要な情報を自律的に蓄積・適正化し、学習します。これにより、ピッキング作業全体の生産性を向上します。

■『SuperPick』運用イメージ


■ 導入目標社数 10社(初年度)
GROUNDは、今後も物流・流通業界に対してテクノロジーを用いた新しい価値を創出することを目指し、AIやロボティクスを活用した「Intelligent Logistics®※」を提唱・推進していきます。

※:「Intelligent Logistics」は、GROUND株式会社の登録商標または商標です。

<参考資料>
■『SuperPick』写真


■ Soft Robotics Inc.について(https://www.softroboticsinc.com/)
2013年にハーバード大学ホワイトサイドリサーチグループ(Whitesides Research Group)の研究員達が中心となり創業した米国発ベンチャー企業。AI、クラウドコンピューティングおよびマテリアルサイエンスの技術を応用したピッキングソリューションの開発・提供を行っています。

■ GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logistics”の実現を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

社名  :GROUND株式会社
事業概要:テクノロジーを活用した物流ソリューションの提供
設立  :2015年4月
所在地 :東京都江東区青海二丁目7-4 the SOHO 3F
代表者 :代表取締役 宮田 啓友
資本金 :10億円(2018年3月期)
URL  :http://groundinc.co.jp



厚生労働省 トラック運転者の労働時間改善に向けた荷主等への対策

荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン
トラック運転者の長時間労働の抑制を図るため、平成28・29年度の2ヶ年に渡り、荷主とトラック運送事業者との連携によるパイロット事業を実施しました。厚生労働省・国土交通省では、このパイロット事業の成果を平成30年度にガイドラインとして取りまとめています。



プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト