ZMPの物流支援ロボット「CarriRo」、人も乗れる新オプションを発売

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)は、物流支援ロボットCarriRo(以下、CarriRo)に搭乗オプション「CarriRo Ride」の受注を本日より開始しました。

CarriRoはハンドル部のジョイスティックを操作し、電動で操作することが可能(ドライブ機能)なため、搭乗用のボードを連結することによって、操作者は歩行の必要なく長距離の搬送及び移動が可能となります。

これにより、倉庫や工場内はもちろん、駅・空港・ショッピングセンターなどで、長距離の搬送が必要な場所において、大きな作業負荷の軽減につながります。また同時に、CarriRoのカルガモ(追従)モードを活用することによって、一度に複数台の荷物の運搬が可能になり、搬送の効率化・省人化にも貢献します。

搭乗用のボードは「CarriRo Ride」として、CarriRoのオプションとしてご購入いただけます。100キロの乗員が搭乗した状態で、同時に最大100キロの荷物を荷台のうえに載せて運ぶことが出来ます。搭乗オプション「CarriRo Ride」の価格は30万円(税抜)の予定で、2018年末からの出荷開始します。



New sustainability pact between Panalpina and CMA CGM

Panalpina, the world’s fourth biggest ocean freight forwarder by transport volumes, and CMA CGM, one of the world’s leading shipping groups, have signed a sustainability agreement aimed at reducing their respective carbon emissions by 2025. As of 2020, newbuild LNG-powered mega-vessels with a capacity of 22,000 twenty-foot containers (TEUs) will help achieve the environmental goals.

Aiming at responsible development in ocean freight, Panalpina and CMA CGM have signed a sustainability agreement for maritime transport.

“Partnering with strategic partners such as CMA CGM that are technology driven and share a similar vision of sustainability, and using them to transport our customers’ cargo will help us achieve our ambitious sustainability goals,” says Lindsay Zingg, Panalpina’s global head of quality, health, safety and environment (QHSE). Panalpina is one of only 140 companies globally with approved Science Based Targets where the company ? amongst other targets ? commits to reduce CO2 emissions from subcontracted transportation by 22 percent by 2025 (baseline 2013).

CMA CGM, one of the world’s largest box ship carriers, aims to reduce carbon emissions per standard container (TEU) transported by 30 percent by 2025 (baseline 2015). “We are determined to reach that goal by investing in highly fuel-efficient vessels, making constant technical improvements, and retrofitting our fleet,” says Julien Topenot, head of environment and sustainability at CMA CGM.


LNG-powered mega-vessels to reduce carbon emissions

Marseilles-based CMA CGM, which recently celebrated its 40th anniversary, was the first shipping company to order container ships propelled by liquefied natural gas (LNG). Nine LNG-powered mega-vessels or ULCVs (Ultra Large Container Vessels) with a capacity of 22,000 TEUs are scheduled for delivery in 2020. “Compared to current fuel-powered vessels, our new LNG vessels will enable a reduction of up to 25 percent in CO2. They will also generate 99% less sulphur emissions, 99% less fine particles and 85% less nitrogen oxides emissions,” explains Topenot.

“We are already using CMA CGM’s most efficient and environmentally-friendly services. With this new agreement, both Panalpina and CMA CGM reinforce their commitment to sustainability,” adds Zingg.

In 2017, Panalpina transported 1.5 million TEUs, making it the fourth biggest ocean freight forwarder in the world.

In the same year, with a fleet of approximately 500 vessels including energy-efficient ships such as the Antoine de Saint-Exupéry and more than 200 services that cover all of the world’s seas, CMA CGM transported 19 million TEUs.

For the environment and more

The scope of the sustainability agreement between CMA CGM and Panalpina goes beyond the reduction of the environmental impact via eco-friendly transport solutions. The companies have committed to collaborate, innovate and improve in four key areas: the environment, ethics and compliance, social responsibility, and community. Initiatives where CMA GGM and Panalpina intend to work more closely together include occupational health and safety programs, local sourcing as well as emergency relief and support.

Notes to the editor:

Since January 2015, Panalpina automatically calculates all customers’ emissions based on the reporting standard EN 16258. In December 2015, Panalpina committed to the Science Based Target Initiative, setting approved science-based targets and thus agreeing to actively manage emissions through reduced energy use and stakeholder engagement. Panalpina was one of the first companies globally to have such targets approved. They are in line with the views of the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) to keep global warming below a dangerous threshold. According to this panel of scientists, global greenhouse gas emissions must be cut by up to 70% by 2050 to limit global warming to 2 °C and avert irreversible climate change. In a new report published on October 8, 2018, the IPCC highlighted a number of climate change impacts that could be avoided by further limiting global warming to 1.5 °C instead of only 2 °C.

Following the International Maritime Organization’s historic decision in April of 2018, aimed at reducing the total annual greenhouse gas emissions by at least 50% by 2050 compared to 2008, CMA CGM reaffirmed its commitment towards the protection of the environment with the new 30-percent reduction goal by 2025. Prior to this, the CMA CGM Group had already developed several innovations (fleet and engine optimization, creation of Fleet Centers, etc.), which led to a reduction of its carbon emissions by 50% between 2005 and 2015 and by 10% in 2017 compared to the previous year.

About CMA CGM

CMA CGM is a leading worldwide shipping group with a young and diversified fleet of approximately 500 vessels. Its ships call 420 of the world’s 521 commercial ports. In 2017, they carried 18.95 million TEUs (twenty-foot equivalent units). Headed by Rodolphe Saadé, the CMA CGM Group is present in more than 160 countries with 755 agencies and more than 30,000 employees worldwide. 4,500 employees work in France, of which 2,400 at the Group’s head office, the CMA CGM Tower in Marseilles, the city where the company was founded in 1978 and today is the largest private employer.


西鉄 フランス地場物流企業を買収

西日本鉄道?では、フランス共和国地場物流企業「GLOBAL STAR INTERNATIONAL SAS (本社:ロワシー・アン・フランス、代表: Jean Claude LECORNET、以下 GSI 社)」の株式を 100%取得し、子会社化いたしました。新社名は、「NNR GLOBAL LOGISTICS FRANCE SAS」で、2018 年10 月 9 日より営業を開始しております。
● 当社グループは、第 14 次中期経営計画において重点戦略として国際物流事業の拡大に取り組んでおり、現在の世界 27 ヶ国・地域 113 都市(2018 年 10 月現在)を、将来ビジョンである『にしてつグループまち夢ビジョン 2025』では、世界 35 カ国・地域 130 都市まで拡大する目標を掲げております。
● 今回買収する GSI 社は、パリのシャルル・ド・ゴール空港近くにある本社のほか、港湾都市であるル・アーブル、マルセイユに支店展開し、航空輸送や海上輸送を主力に事業を行っています。また、機械類や電気電子機器等のほか、当社においてこれまで取り扱いの少なかった、ファッション関連、石油プラント関連、生鮮品等も取り扱っており、本買収でそのノウハウを取り入れ、強化を図ります。
● 国際物流事業では、今後、本買収に加え 2018 年 12 月までにアラブ首長国連邦のドバイに駐在事務所を設立し、中東・アフリカ市場への足がかりとします。さらに、来年度以降はイタリア共和国、ブラジル連邦共和国での法人化を目指します。
● また、事業基盤を強化するため他企業との提携や M&A を推進するほか、航空宇宙産業関連や電気自動車関連の輸送、中国?ヨーロッパ区間の鉄道輸送や東南アジアでのクロスボーダートラック輸送といった新たな需要、輸送手段の導入を検討するなど、収益拡大に努めてまいります。
● これらに取り組むことにより、国際物流事業を含む物流業の営業収益 891 億円(2017 年度)を、2025 年までに約 2,000 億円に拡大することを目指します。
● 今後も、ネットワークと収益の拡大を推進し、「にしてつグループまち夢ビジョン 2025」達成に向け、取り組んでまいります。

■ 買収相手先の概要
【会 社 名】 GLOBAL STAR INTERNATIONAL SAS
【設 立】 1998 年 12 月
【本社所在地】 ロワシー・アン・フランス
【資 本 金】 EUR200,000(約 26,000 千円)
【責 任 者】 Jean Claude LECORNET
【事 業 内 容】 航空・海上・陸送貨物の利用運送事業、通関業
【経 営 実 績】 営業収益: EUR25,384,000(約 3,400,000 千円)
営業利益: EUR229,000(約 30,000 千円)
※2017 年度実績
【従 業 員 数】 46 名(2018 年 1 月末時点)


日本郵便のオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」採択企業を2社決定

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)と株式会社サムライインキュベート(東京都品川区、代表取締役 榊原 健太郎)は、日本郵便のオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」の採択企業を2社決定しましたので、お知らせします。

■「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」採択企業2社
・Rapyuta Robotics株式会社
・株式会社エー・スター・クォンタム

 本プログラムは、日本郵便とサムライインキュベートが2017年度に実施した日本郵便初のオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の第2回目として実施するものです。
 現在の物流業界が直面する様々な環境変化を踏まえ、昨年度に引き続き「これからの時代に応じた郵便・物流を提供し、社会をより豊かに」することを目的としています。
 
 2018年7月5日(木)から募集を開始し、多種多彩な70社の企業から応募をいただきました。書類審査・面談審査を重ね、今回のテーマ「郵便・物流のバリューチェーン全体をテクノロジーで変革する」にマッチし、革新性や課題解決性、実現可能性、共創意義の大きい2社のスタートアップ企業と共創を行っていくことにしました。

「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」採択企業概要
・社名:Rapyuta Robotics 株式会社
・所在地:東京都中央区新川1丁目29-13-8F
・代表者名:代表取締役CEO Gajan Mohanarajah (モーハナラージャー ガジャン)
・設立年月:2014年7月
・会社サイトURL:https://www.rapyuta-robotics.com/ja/
・取り組みの方向性:Rapyuta Robotics社の持つソフトウェア開発技術や独自のハードウェアに依存しないクラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」と連携し、物流拠点における荷物のベルトコンベアー等への取り降ろしや、積み込みの自動化等の検討を進めていきます。

・社名:株式会社エー・スター・クォンタム
・所在地:東京都中央区八丁堀3-27-4 八重洲桜川ビル 2F
・代表者名:代表取締役社長兼CEO 船橋 弘路
・設立年月:2018年7月
・会社サイトURL:http://a-star-quantum.jp/
・取り組みの方向性:トラックドライバー不足が年々深刻化している中、エー・スター・クォンタム社が保有する量子コンピュータソフト開発技術や知見と連携し、当社における輸送ネットワークの最適化の実現に向けて検討を進めていきます。


 なお、採択企業以外の応募企業の中で革新性、実現性、課題解決性等に優れた提案があった企業とは、本プログラムとは別に、日本郵便との共創を検討していきます。


プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト