ITクラウドを活用した経営支援基盤調査研究事業の公募を開始

経済産業省では、中小企業の信用創造のあり方、中小企業の経営力向上や円滑
な資金調達につながる経営情報、それを実現するために中小企業や地域金融機
関が抱える課題等を整理、検討し、今後の実証事業などに向けた中小企業経営
支援の仕組みや方策作りにつなげるため、研究会の開催やアンケート調査の実
施などを行う事業の公募を開始しました。


中小企業を対象に「第1回 メンタルヘルス推進リーダー養成講座」/東京都

東京都は2013年度「第1回 メンタルヘルス推進リーダー養成講座」を
  7月16、17の両日、都内で開講する。
2日間のカリキュラムの中でメンタ
  ルヘルスに関する基礎知識や企業の取り組み事例を学び、企業内でメンタ
  ルヘルスを推進するリーダーを養成する。対象は、都内中小企業で自社の
  メンタルヘルス業務に携わり、かつ推薦を受けた人。


『企業診断のお勧め』

(ご興味のある方はinfo@j-log.comまでお問い合わせください。)

 中小企業診断士制度では、国家資格取得の最終プログラムの一環として、
「企業診断実習」(実務補習)を行っています。
この実習は実践的指導能力を有するコンサルタントの養成を目的としており、
実習の成果として中小企業の皆様を対象に経営上の課題を分析し、改善提案を
させていただくもので、年数回実施しております。これまでに、多数の
受診企業実績があり、中小企業の方々にご利用いただいています。
企業診断実習に係る費用のご負担は、一切ありませんので、これを機会に、
是非、本企業診断実習のご利用をご検討下さい。

1.企業概要の目安
(1) 法人化している中小企業
  規模は常時使用する従業員の数が、原則として
  商業・サービス業その他にあたっては4人以上、
  工鉱業にあっては10名以上です。
(2) 現地ヒアリング、現地調査、決算書等の資料提供の協力が得られる企業
(3) 可能でしたら、実習期間中に、研修生が作業出来る室(会議室、食堂等)を
  ご提供(社外可)いただける企業
(4) 所在地:東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、など東京周辺

2.診断実習の進め方
 診断実習は診断協会が委嘱した1名の中小企業診断士(コンサルタント)の
指導員のもと、3名?6名程度の実習生により行われます。実施日は、
2?3日になります。
(1) 現地ヒアリング及び現地調査を実施する日程
   実習指導員及び研修生がお伺いし、初日に経営者の方、幹部の方、その他必要に
   応じて、ヒアリングを1人30分?1時間程度実施、その後現地調査を実施し、
   実習最終日に報告会を1?2時間程度実施する予定です。
  ? 初日の現地ヒアリングと最終日の報告会には、企業の代表者の方の
     ご出席をお願いします。
  ? 企業側のヒアリング、現地調査等の窓口になる方を1名ご紹介ください。
  ※実習生:国家資格試験を合格されてきた方々で、業種は多種多様です。
  ※指導員: 1名の指導員が入ります。この指導員は、中小企業診断士で
   活躍されている方々で、中小企業の経営に関し造詣の深いベテラン
   経営コンサルタントです。

3.診断実習の受入のメリット
(1) 第三者から経営戦略や経営課題に対する客観的な視点での助言が得られます。
(2) 診断実習の報告会を通じて、全社的な経営革新などに係る取り組みを
   始める機会にすることができます。
(3) 報告書として、改善案・アクションプランをまとめた形のあるものが残ります。
(4) 本診断については、無料です。

4.診断実習にあたってのお願い
(1) 下記の資料のご提供をお願いします。(企業の機密は、厳守いたします。)
  ? 企業概要、製品・サービス案内
  ? 組織図・職制図・業務分担が分かる資料
  ? レイアウト図
  ? 主要製品・サービスの流れが分かる資料
  ? 運搬・配送工程図 等
※ なお、これらは、既存のもので構いません。ない場合でもこのためにわざわざ新たに作成していただく必要はございません。

<本件に関する問い合わせ先>

「経済産業大臣認定経営革新等支援機関」

経営創研(株) 山田谷 勝善 実務補習指導員
  http://www.keieisoken.co.jp
  ID:yamadaya@keieisoken.co.jp
  〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町17-3 城野ビル?
  TEL 03-6661-9410 FAX 03-6661-9421


「第2回創業補助金」公募

中小企業基盤整備機構
中小企業の活力の回復・向上を促し経済の活性化を目的として、女性や若者の地域での起業や後継者の新分野への挑戦、海外需要獲得を念頭とした起業に対して、創業事業費等に要する経費の一部を補助します。

申請書作成方法については info@j-log.comまでお問い合わせください。


平成24年度補正予算 「中心市街地魅力発掘・創造支援事業費補助金」の公募(第3次募集)

経済産業省 東北経済産業局
市町村が目指す「コンパクトでにぎわいあふれるまちづくり」を推進するため、まちの魅力を高めるための事業化調査、先導的・実証的な取組及び専門人材の派遣に対して重点的支援を行い、地域経済の活性化を促進し、ひいては生活者が安心して暮らすために不可欠な活力ある商機能を維持することを目的として、3次募集を行います。
・募集期間: 2013/5/31 - 2013/7/11


平成25年度「下請小規模事業者等新分野需要開拓支援事業」の公募を開始

中小企業庁では、親事業者の生産拠点が閉鎖・縮小された、又は閉鎖・縮小が
予定されている影響により売上げが減少する下請小規模事業者などが、新分野
の需要を開拓するために実施する事業の費用を一部補助する事業の公募を開始
しました。


[公募期間]5月24日(金)?6月17日(月)
      10:00?12:00、13:30?17:00/月曜?金曜(祝日を除く)
      ※郵送の場合は、受付最終日の17:00までに必着のこと。


中小企業販売力強化支援モデル事業の公募を開始

全国商工会連合会では、民間企業のノウハウを活用した販路開拓支援の基盤
構築による中小企業の事業拡大と経営の安定を図るため、中小企業の国内外へ
の販路開拓を支援する民間企業の先進的な取り組みを支援します。


[募集期間]5月22日(水)?6月21日(金)17時(必着)


プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト