中小企業基盤整備機構 事業承継フォーラム2011開催

中小機構では、中小企業経営者や後継者、商工団体の関係者、中小企業を支援する専門家に対し、「1.後継者への事業の引継ぎ方や後継者の育成方法についての知識」や「2.事業を承継するために重要な指針となる事業承継計画の具体的な作成方法」の普及・啓発を図ることを目的として、事業承継フォーラム2011を開催いたします。 


労働政策研究・研修機構 韓国「 フライドチキンと早期退職」

韓国の大型スーパーマーケットチェーンのLマートは低価格のフライドチキンを発売し大きな話題を呼んだが、わずか7日で販売停止した。小規模のフライドチキン店が乱立し、地域商店街保護という世論に配慮せざるをえなくなったためだが、その背景には韓国の雇用事情が見え隠れする。企業を早期退職する人が多く、そのなかには小規模店の起業を選ぶ人が少なくないという。(続く)


中小企業でのリーダーシップ

診断をしていて気がつくことは、伸びている中小企業は社長が社員?を信頼して積極的に仕事を任せ、成功と失敗の体験を積ませながら?、社員育成している企業です。社長は自分でなでもできますが、わ?ざと任せる。これがビジネスのダイナミズムを生む秘訣だと思いま?す。

複雑化して、リスク管理の困難な現代のリーダーシップ像は、一人?で全てを把握して意思決定するリーダーではなく、さまざまな参加?者を巻き込みながら、リスク低く最適な判断をくだせる、懐が深く柔軟性もあり、絶対にあきらめない強い意思をもつリーダーで?す。ここではフォロワーシップも重要です。


中小企業のメンタルヘルスケア

J-Net21で現在問題がとなっているメンタルヘルスケアについて特集しています。
現在、社員のこころの健康管理は大きな経営課題となっています。
問題が起こると、社員だけではなく、企業にも大きな課題となります。
対策は予知もでき、予防など対策も可能です。
ご参照ください。


厚生労働省「節電に向けた労働時間の見直し等に関するQ&A」

3月11日に発生した東日本大震災により、東京電力及び東北電力管内における電力の供給力が大幅に減少しています。夏期の電力不足を補うには、官民一体となった取り組みによって、需給両面の抜本対策を講じる必要があります。

夏期の電力使用の分散化・平準化を図るため、企業においては、事業計画、生産計画等の変更を行うことに伴い、所定労働時間の短縮、休暇・休日や始業・終業時刻の変更、変形労働時間制の導入等を実施する事業主も少なくないと思われます。

厚生労働省では、労使で節電に取り組むに当たって留意すべき事項等をまとめたパンフレット(※)を作成し、その普及・啓発に努めているところですが、併せて今般、節電に向けた労働時間の見直し等に関するQ&Aを取りまとめることとしました。


プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト