国際物流スタートアップの"Shippio"が「第二種貨物利用運送事業者」の許可を取得、プレシリーズAで1.9億円の資金調達を実施

株式会社Shippio(代表取締役:佐藤 孝徳)は、この度国土交通大臣より「第二種貨物利用運送事業者」の許可を取得しました。また許可取得にあわせ、国際物流プラットフォーム”Shippio”の正式版をリリースすると共に、1.9億円のプレシリーズAの資金調達を完了したことをお知らせ致します。
【貨物利用運送事業者の許可取得と正式版サービスのリリース】
株式会社Shippioはこれまで「輸出入の取引をもっと身近に」をミッションに掲げ、国際物流手配の自動化、クラウド化に取り組んで参りました。今般、第一種貨物利用運送事業者の登録及び第二種貨物利用運送事業者の許可を取得、また国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)の正式会員としても登録完了致しました。これにより、弊社は従来のWEB上での見積もり取得、輸送管理にとどまらず実際に輸出入貨物のフォワーディングを行えるようになり、ユーザーは貨物輸送依頼を株式会社Shippioに対し発注が出来るようになります。また当社が提供するWebサービスShippioを使用することにより、これまでエクセルやメールのやりとりで行なっていた煩雑な手続きや管理を、初期費用・月額費用無料で一元化・クラウド化することが出来ます。

β版期間中にEC商品、雑貨・家具・加工食品・日本酒・ワイン等幅広い商品を、中国・東南アジア・欧州に於いて海上・航空貨物ともに輸出入取引を完了しております。今後は、Door to Doorの一貫したサービスプラットフォームの構築に尽力し、煩雑な発注プロセスや物流業界の人出不足といった課題を解決していきます。

【プレシリーズAの調達について】
500 Startups Japan、グロービス ・キャピタル・パートナーズ、DBJキャピタル、YJキャピタル、East Ventures及び個人投資家2名を引受先として1.9億円の第三者割当増資を実施致しました。今回の資金調達により、Shippioの更なる機能拡充と、実際の国際物流面をサポートするフォワーディング事業部の体制構築を行います。

【Shippioが目指すところ】
国際物流は2018年-2022年の間にグローバルで年間成長率7.18%で成長していくことが予測されている産業です。輸出入取引はサプライチェーンが長く、多数のプレイヤーが関与することから複雑・煩雑でDigitalizationが遅れてきた産業でもあります。我々Shippioは日本とアジアを代表するDigital Orientedな物流スタートとアップとして顧客及び産業に対して新しいソリューションを創造・提供し、誰もが簡単に輸出入の出来る世界を創ることを目指しています。

【パートナー企業の募集】
弊社では物流分野におけるDigitalizationを進める上で、電子化を前向きに検討していきたいパートナー企業様も募集しております。キャリア、NVOCC、倉庫、通関・ドレー事業者、IT事業者で弊社との協業に興味のある企業様はぜひ以下ホームページよりお問い合わせ下さい。
https://shippio.io/partner/

【株式会社Shippio概要】
社名:株式会社Shippio (英語名: Shippio, Inc.)
代表取締役:佐藤 孝徳
設立:2016年6月
資本金: 1億2,423万円
URL: https://shippio.io/




プロロジス、TSI・プロダクション・ネットワークと物流の次世代技術導入について業務提携

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社:東京都千代田区丸の内)は、株式会社TSI・プロダクション・ネットワーク(本社:東京都港区 (以下「TSIPN」))と、物流分野における新サービスおよび次世代技術の検証・導入に関する共同の取り組みについて、業務提携を行うことを発表しました。

■ 業務提携の内容
業務提携の内容としては、ロボットを活用したマテリアルハンドリングに適した施設設備の検討、アパレル向けの次世代型物流プラットフォームの構築などが含まれています。

今後の取り組みの一つとして、TSIPNは「プロロジスパーク千葉ニュータウン」において、無人搬送機型ピッキングロボットの運用を開始し、EC商品のみならず店舗向けのアパレル商材の庫内オペレーションをロボットでまかなっていきます。無人搬送機を使ったBtoB物流は、物流およびアパレル業界で事例がなく、本取り組みが先例となる見込みです。また、TSIPNが利用している「プロロジスパーク成田1-C」においても、ロボットを使った物流オペレーションに切り替えていく予定です。

■ 業務提携の背景
物流業界における人材不足が課題となる中、プロロジスは物流施設の提供者として、入居企業の庫内オペレーションをサポートするための施設の在り方を検討してきました。その一環として、ロボットをはじめとする最先端技術を活用し、カスタマーサービスの向上を図っています。無人搬送機型ロボットの導入支援(2017年7月24日付け、当社プレスリリースにて発表)実績もあり、この度、物流オペレーションの効率化をめざすTSIPNとの業務提携に至りました。

■ TSPINとプロロジスについて
TSIPNは株式会社TSIホールディングス(本社:東京都港区)の物流業務を請け負う関連会社であり、「プロロジスパーク成田1-C」、「プロロジスパーク千葉ニュータウン」を利用しています。


シーオス 次世代ロジスティクス事業構築に向けて業務提携

シーオス株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:松島聡、以下、シーオス)とパナソニック
株式会社(以下、パナソニック)は、次世代ロジスティクス事業に関して共同で新たなソリ
ューションを構築していくための業務提携契約をこのほど締結しました。
両社は、シーオスが保有する倉庫マネジメントシステムや輸配送マネジメントシステム、パ
ナソニックが保有する自動化技術やロボティクス技術を組み合わせ、より自動化、少人化が
求められる倉庫や輸配送などのロジスティクス業界向けの新たな価値創出を目指します。
倉庫における自動化や少人化のニーズを背景に、ロボット系倉庫ソリューションの需要は
拡大傾向にあります。このような中、シーオスは、「AI とロボットでロジスティクスに革新
をもたらす」を理念に掲げ、社会インフラとしてのロジスティクスにデジタルイノベーショ
ンを起こすことで世の中に貢献する企業を目指しています。一方、パナソニックは、長年に
わたり、製造業で培ったファクトリーオートメーションやプロセスマネジメントなどのノ
ウハウを応用し、物流、流通、食品加工などの業界に対して、現場プロセスの改善提案を推進しています。
今回の業務提携を通じて、両社は、今後一層の進化が期待される倉庫内搬送ロボットなどの
物流業向けロボットやそれらの制御システムの開発、倉庫マネジメントやオペレーション
のコンサルティングなどに共同で取り組み、ロジスティクス業界向けの新たなソリューシ
ョンを創出していきます。


ZMP 物流支援ロボット CarriRo®、三井倉庫グループ企業にて導入

自律移動機能の搬送導線の柔軟性を活用し、飛躍的に作業者の歩行距離を短縮?

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)が2018年11月から販売を開始している物流支援ロボットCarriRo® (キャリロ)AD(自律移動モデル)が、ロジスティックスオペレーションサービス株式会社の物流倉庫内において、作業負荷の軽減と働きやすい職場環境を構築するために導入されました。

この度、弊社ウェブサイトにて本事例を公開いたしましたので、お知らせいたします。

ロジスティックスオペレーションサービス株式会社は、三井倉庫グループ企業として、主に顧客の工場や倉庫における構内物流業務をを展開されております。

同社の国内最大級の物流センターでは、ピッキング作業エリアが広範囲にわたっているため、作業者の1日に歩く距離が多い人で3万歩にもなり、作業者の負担軽減が大きな課題でした。ロケーションの変更、棚の配置移動等を行い改善を図りましたがそれでも限界があり、このたびCarriRo®の導入を決められました。

決め手となったのは、CarriRo®の搬送動線変更の簡略さ、でした。同社からは、他のAGV(無人搬送車)と比較してもずば抜けているとのコメントを頂いております。同社では、それぞれのピッキングエリアの作業者にはピッキングのみに集中してもらい、ピッキングエリアと検品場所への搬送はカゴテナーを取り付けたCarriRo® AD(自律移動モデル)を導入しました。更にCarriRo® FD(追従モデル)を追従させ、カゴテナーを取り付けて、機能の倍増を図っております。

この結果、ピッキングエリアと検品場所との往復が無くなり、飛躍的に作業者の歩行距離が短縮された、とのコメントも頂いております。

また、同社平野様(執行役員東日本物流担当)は今後の展開について、次のようにコメントされています。「現在CarriRo®を使用しているのは物流センターのみですが、工場の構内搬送でも使用する予定です。受入れた部品や部材を製造ラインに投入するまでの搬送において効果が期待できます。また、工場ではその日によって部品の投入場所が異なるため、可変タイプのランドマークを使用することで簡単に搬送経路を変える事が可能となり、大幅に工数を削減出来るのでは、とも期待しています。」

【製品価格】 
CarriRo® FD(2018年モデル(追従機能)):5年リース 月額28,000円(税別)/ 1台
CarriRo® AD(自律移動モデル):5年リース 月額52,000円(税別)/ 1台
エントリーパッケージ(CarriRo® AD1台、CarriRo® FD2台):5年リース 月額100,000円
(税別) / 3台


【主な仕様】

本体重量
55kg
大きさ
幅61cm×奥行91cm×高さ24cm

※ハンドル部96cm
最大積載荷重
150kg
最大速度
時速6km(ドライブ、追従モード)

時速3km(自律移動モード)
牽引力
250N (300kg相当)

※路面状況や台車の状況によります。
充電時間
2時間半
稼働時間
8時間

※稼働状況によって異なる可能性があります。



日立物流「映像検品認識装置」に関する特許取得のお知らせ

株式会社日立物流は、日立物流ソフトウェア株式会社と共同で、物流センターにおけるバーコードラベルの読取処理を短縮できる「映像検品認識装置」の特許を取得しましたので、以下のとおり、お知らせいたします。
また、この特許技術を活用し、当社グループ物流センターで実装している映像検品システムの概要についても、あわせてご案内いたします。

特許の概要
発明名称 映像検品認識装置
特許番号 特許第6395895号(P6395895)
登録日 平成30年9月7日
特許権者 株式会社日立物流、日立物流ソフトウェア株式会社
特許の概要 画像処理を利用した検品装置です。
台車に検品対象である商品を複数積載した状態で、全体を撮像するだけで検品作業を完了することができます。

映像検品システムについて
・上記特許技術を採用し、日立物流・日立物流ソフトウェアが共同で開発した、一括で検品を行うシステムです。
・台車に積まれた複数の検品対象の全体画像からラベル情報を読み取り、さらにこのラベル情報からバーコード部分のみの画像を高精度に読み取ることで、高速かつ正確な情報処理を実現しました。
・検品結果は即時にシステムモニター上に表示されるので、検品作業の効率化を図ることができます。
・映像検品システムは、お客さまの商品やニーズに合わせオーダーメイドで対応します。
日立物流グループは、今後もさまざまな新技術の開発や導入に取り組み、物流現場の省人・省力化をめざしてまいります。



プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト