豊田自動織機 国内初、空港でトーイングトラクターの自動走行テストを実施

株式会社豊田自動織機(本社:愛知県刈谷市、代表取締役社長 大西 朗、以下「豊田自動織機」)と全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 平子 裕志、以下「ANA」)は、2019年3月下旬に、約2週間にわたり、佐賀空港の専用空間※1において、国内初となるトーイングトラクター※2の自動走行テストを行います。
今回のテストでは、豊田自動織機製トーイングトラクターが、ターミナルの手荷物仕分け場から航空機近傍までを想定した片道約100メートルのルートを、運転手が随時、手動操作で介入できる条件付き自動走行で往復し、貨物を運搬します。この自動走行トーイングトラクターには、周囲の状況や自車及び目的地の位置を的確に認識し、安全かつ正確に走行するための技術として、2次元/3次元LiDAR※3による障害物検知と自動停止・回避機能、路面パターンマッチング※4とGPS※5による自己位置推定・誘導機能を採用しており、今回の自動走行テストを通してその性能を検証、改善し、2020年の実用化をめざします。
ANAでは、技術革新の流れを確実に捉え、「人と技術の融合・役割分担の見直し」を図り、Simple & Smartな空港オペレーションの実現に向け、自動走行の課題解決やレベルアップに取り組み、より少ない労力と人数で誰にとっても簡単で働きやすい空港の環境づくりを推進してまいります。
豊田自動織機とANAは、今後、空港を中心とした航空業界における物流の自動化・高度化に対応すべく、新技術の開発及び実用化に向けた取り組みを積極的に行ってまいります。



貿易クラウド「Zenport」がコラボレーション機能強化(PR TIMES)

株式会社Zenport(本社:東京都港区、代表取締役:加世田敏宏、以下「Zenport」)は、貿易業務のクラウドソフト「Zenport」のコラボレーション機能を強化、コンテナ入庫時間を貿易部門と倉庫が調整できるコンテナ機能をリリースしました。
◆コラボレーション機能強化の一環としてコンテナ機能をリリース。最大7割の業務量を削減
輸入者にとり貿易業務の約半分は関係各者との調整業務で占められています。

輸出者との生産や納期の調整、フォワーダとの船積スケジュール調整、乙仲業者との国内輸送スケジュール調整や通関業務実行、倉庫との入庫時間調整など、貿易業務では常に多数の関係者との調整が必要です。これに対し、これまでZenportは、輸入者の営業部門と貿易部門間のコラボレーション機能や、フォワーダとの船積情報の連携などを進めてきました。

この度、Zenportは多くのご要望を頂いておりましたコンテナ機能をリリースし、Zenport上で貿易担当者と倉庫担当者がコンテナ入庫時間を調整できるようなりました(*)。

コンテナは1本ごと入庫時間調整が必要であり、そのために、貿易担当者と倉庫担当者は、エクセルを更新、添付し、宛先やあいさつ文などを記入したメールを送付し、さらに電話での補足などを行いながらの調整を行っています。

本機能により、エクセルの開封/更新/添付、メール作成や送付、背景情報の共有手間などをなくし、入庫調整業務から最大7割の業務量を削減頂くことが可能です。

◆高い柔軟性でさまざまなご利用方法に対応
Zenportは「業務をソフトに合わせる」従来型のパッケージソフトとは異なり「あらゆるご利用方法を実現する高い柔軟性の標準製品」を目指し開発を続けています。

コンテナ機能でも、コンテナ1本ごとに商品を管理されるケースから、商品は管理せずコンテナの入庫時間だけを調整するケース、あるいはコンテナ機能をお使い頂かないケースまで、さまざまなご利用方法に対応しています。

◆次回リリースでは、Zenport上での通関業者との通関書類共有を実現
次回リリースを予定しているのは、社外のフォワーダ、通関業者、営業倉庫への権限設定機能です。この機能により、社外の上記関係各者とZenport画面を共有しご利用いただくことが可能になり、Zenport上での乙仲業者との通関書類共有、フォワーダとの書類共有などを行うことで、メールでの煩雑な書類送付は不要になります。

特に多数の商品数を扱う輸入者様にとり、船積ごと商品ごとに輸入通関書類を通関業者へ共有することは大変な負担です。ファッション業界における暫定8条に加え、2月から施行された欧州とのEPAでも多数の書類管理が必要となっており、貿易業務における書類管理は省力化するどころか増大すらしています。

Zenportはクラウドコンピューティングを貿易業務に適用、コラボレ―ション機能を強化し、このような負担から貿易業務を解放してゆきます。



Shippio ANAグループと国際航空貨物輸送における実証実験を開始

株式会社Shippio(代表取締役:佐藤 孝徳、以下「Shippio」)、株式会社OCS (代表取締役社長:福田 哲郎、以下「OCS」)と株式会社ANA Cargo(代表取締役社長:外山 俊明、以下「ANA Cargo」)は、共同で国際航空貨物輸送におけるプロセスのデジタライゼーション及びデータの測定・分析・活用を目指した実証実験を行う事で合意し、検討を開始いたしました。

これまで国際貨物輸送に関して、荷主様にとっては価格や最適な輸送方法、正確な輸送スケジュールの適時把握が困難といった課題がありました。これらを解決するために、Shippioがこれまで開発・提供してきたWebサービスを航空貨物に波及することで、航空貨物輸送の価格を迅速に把握し、最適な輸送手段の選択、及び輸送貨物の動静管理ができるツールの検証・提供を図ります。Shippio、OCS、ANA Cargoの三社は、本実証実験を通し、国際物流の利便性・透明性を向上させ、あらゆるお客様に国際航空貨物輸送を容易に利用頂ける仕組み作りを実現します。

【実証実験(STEP1)の具体的内容と目的】
? Webによる航空貨物輸送の依頼・発注サービスの検証
<目的>誰もが貨物の輸送を依頼できるWeb上のプラットフォーム※を提供し、国際貨物輸送をどの輸送経路で誰に依頼すべきか分かり難いという課題を解決
※) https://www.shippio.io

? 国際航空貨物輸送のスピード見積りの検証
<目的>従来、航空貨物輸送費用は、見積依頼の回答の待ち時間が長いという課題を解決

? 発送から到着まで同一のWebプラットフォームによる動静管理の検証
<目的>正確な輸送スケジュールや貨物動静の適時管理が困難、且つ一元管理が難しいという課題を解決

【実証実験開始時期】
2018年度中の実証実験開始を予定しております。

【各社の役割】
Shippio
・Web上で国際物流の見積提供・発注を受付け、海外へ貨物を輸送したい荷主様へ輸送サービスの提供
・これまで海上輸送を中心に開発・提供してきた同社サービス知見の航空輸送への応用

OCS
・Shippioのサービスを通じて荷主様から依頼のあった海外向け航空貨物の発送手配(ドアtoドア)

ANA Cargo
・Shippioのサービスを経由し、OCSが発送手配した貨物の空港間輸送を手配



プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト