Amazon、国内2拠点目となる「Amazon Robotics」導入FC「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」の本格稼働開始

Amazonは、4月4日(木)、大阪府茨木市に国内2拠点目となる「Amazon Robotics」を導入した新たな物流拠点「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」の本格稼働を開始いたしました。

Amazonでは、お客様からのニーズにお応えすることに加え、品揃えの強化を図るために、日本のFCネットワークの規模を拡大しています。また、FCネットワークの拡大により、Amazonマーケットプレイスに出品する販売事業者のオペレーションを支援するとともに、お客様へ迅速な配送を提供することも目指しています。

「Amazon Robotics」は、商品棚の下に「Drive」と呼ばれるロボットが入り、棚を持ち上げ、FC内を移動する革新的なテクノロジーです。ロボットが商品棚を従業員の前まで運ぶことにより従業員が移動することなく作業できるため、入荷した商品の棚入れ時間と、お客様のご注文商品の棚出し時間の削減につながります。

「アマゾン茨木FC」には最新型の「Amazon Robotics」が導入されました。これまでの「Amazon Robotics」より薄型のロボットでありながら、より重量のある棚を持ち上げることができるため、さらに豊富な品揃えの確保が可能となります。従業員は、「Amazon Robotics」のテクノロジーを活用し、書籍、電子機器、玩具などの商品を取り出して梱包し、お客様へ出荷いたします。

また「アマゾン茨木FC」では、働きやすい職場環境をつくるため、壁面にデザインを施した広く明るいカフェテリアを設けており、安くておいしく、従業員の健康に配慮したメニューを提供します。ソファーのある休憩スペースや作業エリアでも音楽を流すなど、リラックスできる環境作りにも取り組んでいます。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントしています。
「国内で2拠点目となる『Amazon Robotics』導入の物流拠点が本格稼働でき大変嬉しく思います。西日本を含む全国のお客様に、より快適なオンラインショッピング体験を提供したいと考えています。今後も、地域社会に根ざしたFCづくりを展開してまいります。」

また、茨木市長の福岡洋一氏は、「Amazonの物流拠点が茨木市で稼働することをうれしく思います。茨木市でも、様々な地域貢献活動がおこなわれ、地域の活性化と雇用促進につながることを期待しています。」とコメントしています。

Amazonでは、全国に展開する各FC所在地の自治体、学校、コミュニティの皆様のご協力をいただき、様々な地域貢献活動を推進しております。「アマゾン茨木FC」においても、茨木市に立地する企業として、近隣の小学生に向けた施設見学会や物流に関する体験授業など、市や学校、企業などと連携した活動を推進してまいります。



■「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」について
名称: アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)
所在地: 大阪府茨木市松下町2-1
延床面積: 約19,300坪 (約64,000?)
本格稼動日: 2019年4月

※ご参考 「アマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)」について
名称: アマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)
所在地: 神奈川県川崎市高津区北見方3-14-1
延床面積: 約12,000坪 (約40,000?)
本格稼働日: 2016年12月

■「アマゾン茨木FC」導入 Amazon Robotics(アマゾン ロボティクス)について
名称: Amazon Robotics
構成: “可動式の商品棚”およびその商品棚を動かす“ドライブ”
“ドライブ”重量: 約136kg
積載可能重量: 約567kg
移動速度: 秒速約1.7m

※ご参考 「アマゾン川崎FC」導入のAmazon Robotics
“ドライブ”重量: 約145kg
積載可能重量: 約340kg
移動速度: 秒速約1.7m



自社開発の物流施設テナント向けにロボットを無償レンタル

オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)とオリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、社長:小原 真一)は、オリックスが開発する物流施設のテナント向けに無償でレンタル提供する物流ロボットのラインアップを拡充しますのでお知らせします。

 本日より、HIKVISION社製の自動搬送ロボット「Latent Mobile Robot(レイテント・モバイル・ロボット)」と、ZMP社製の台車型物流支援ロボット「CarriRo® (キャリロ)AD(自律移動モデル)」の2機種の取り扱いを開始します。

 本フリーレンタルサービスは、2018年5月より開始し、当社の物流施設へ入居されるお客さまを対象に、ロボットの導入効果を検証し、倉庫の自動化を推進いただけるよう、物流ロボットを6カ月間無償でご利用いただけるサービスです。本件2機種の追加により、ロボットの活用場面としてご要望の多かった「パレットや陳列棚ごと移動させる」「多くのカーゴを一度に運ぶ」というニーズにお応えします。これにより、物流ロボットの取り扱いは9メーカー、10機種のラインアップとなります。

近年、進化を続けるサプライチェーンや、伸長する電子商取引(EC)市場に対応できる大規模かつ高機能な物流施設への需要が増加しています。加えて、少子高齢化などによる労働力不足や物流コストの上昇という課題に対して、施設内における生産性向上の必要性がますます高まっています。物流施設のテナント意識調査※によると、利用したい技術や機能について「無人搬送機、物流ロボット」「自動化設備」が2トップを占め、さらに、施設の老朽化が進むなか、約70%の企業が物流拠点の集約や再編を検討しています。

 オリックスとオリックス・レンテックは、最先端の物流施設開発に加えて、各テナントニーズに合ったロボット活用のご提案から、導入効果シミュレーション、システム構築までをワンストップでサポートすることで、物流事業への新たな付加価値を創出してまいります。

※ CBRE「物流施設利用に関するテナント意識調査2019」

■自動搬送ロボット「Latent Mobile Robot」 概要
 荷物をパレットや陳列棚ごと運ぶのに適しています。専用の陳列棚の下に入り込み、棚ごと持ち上げて搬送することができます。ロボットが個々の棚に貼られたQRコードのシールを読み取り、棚を適切な場所まで搬送します。最大積載荷重600kg、1000kgの2ラインアップで、作業員の負担軽減や作業時間の短縮などにより、生産性の向上が期待できます。また、現在運用中の倉庫管理システムとHIKVISION社のロボット運行管理システムの連携構築を行うことで、倉庫内の入庫・出庫の状況、在庫の状況などの情報をリアルタイムに把握してロボットに連携することができ、より効率的なロボットの運用が可能になります。

■物流支援ロボット「CarriRo® AD」概要
 従来の台車型物流支援ロボットCarriRo®に自律移動機能が加わった新モデルです。ビーコン(発信機)に反応して作業者や別のCarriRo®を自動追従する「カルガモモード」などの基本機能に加え、新たに「自律移動モード」を搭載しています。ルート上に最大10メートル間隔でシールを貼るだけで、必要なルートを設定できます。走行ルートはタブレット端末で都度変更することができ、業務の状況に応じた柔軟な運用が可能です。また、フックを引っかけて荷物をけん引することができるため、現在ご使用中のカーゴなどをそのまま利用することも可能で、既存の設備を更新せず気軽に導入することができるのが特徴です。

■物流ロボットフリーレンタルサービス
 2002年から物流施設の開発を手掛けるオリックスと、2016年からロボットレンタル事業「RoboRen」を展開するオリックス・レンテックが共同で取り組むサービスです。物流業務を支援する自動搬送ロボットを中心に現在9メーカー、10機種を取り揃え、用途に応じてロボットを選択し、導入に必要となるシステム構築費とあわせて6カ月間無償でご利用いただくことが可能です。また、入居スペースの有効利用方法に加えて、ロボットの具体的な活用方法や導入効果シミュレーションなどをパッケージ化してご提案します。

■サービス対象施設
施設名 最寄I.C. 竣工時期 延床面積
蓮田?ロジスティクスセンター 久喜ICより5km 2018年2月 10,513坪
厚木?ロジスティクスセンター 厚木ICより3.1km 2018年7月 9,953坪
蓮田?ロジスティクスセンター 久喜ICより5km 2019年3月 7,887坪
松伏ロジスティクスセンター 三郷西ICより14km 2019年3月 23,384坪
枚方?ロジスティクスセンター 枚方東ICより4km 2020年1月(予定) 17,217坪


■サービス対象機器
メーカー 商品名
日本電産シンポ株式会社 追従運搬ロボット THOUZER
シャープ株式会社 自動搬送ロボット Smart AGV TYPE-A
日本電産シンポ株式会社 自動搬送ロボット S-CART 100
オムロン株式会社 自動搬送ロボット LD-90
株式会社イノフィス パワーアシストスーツ マッスルスーツ®
(スタンドアローン版)
ファナック株式会社 ヒト協調ロボット CR-35iA
アマノ株式会社 清掃ロボット RcDC
Geek+ Inc. AI搭載 自動搬送ロボット EVE
ZMP株式会社 物流支援ロボット CarriRo® AD※
Hangzhou Hikvision
Digital Technology Co.,Ltd. 自動搬送ロボット Latent Mobile Robot※



IC タグを活用した商品の一元管理システムを開発

センコー株式会社(本社:大阪市北区、社長:福田 泰久、以下「センコー」)と帝人株式会社(本社:大阪市北区、社長:鈴木 純、以下「帝人」)は、IC タグを使った商品の入出荷システムを共同開発し、センコーの物流センターで本格的な運用を開始しました。
センコーグループは、物流業界で深刻化している人手不足や作業コストの上昇に対応するため、物流センター内の省人化・機械化を積極的に進めており、昨年 4 月には「AI 化プロジェクト」と「ロボティクスプロジェクト」を立ち上げました。今回の新システム導入は、「ロボティクスプロジェクト」の取り組みの一つで、昨年 8 月から大阪府内の物流センターで試験運用を開始し、今年 2 月に大分メディカル物流センター(大分市)に導入しました。

開発した新システムは、帝人が展開している在庫管理システム「レコピック」の技術をベースとして、実際に物流センターで運用できるよう改良を加えたものです。「レコピック」は、特殊な 2 次元通信シートにより発せられる電波の距離を制御することにより、IC タグを貼付した管理対象物をピンポイントで読み取ることができる RFID システムで、
これまで図書館や企業における文書管理、医療機関での機器管理など、幅広い用途に活用されています。

大分メディカル物流センターでは、商品の在庫やロケーション管理のため、入出庫やセンター内での保管場所を変更するたびに作業員がフォークリフトから降りて、商品や保管ラックのバーコードを読み取っていました。新システムでは、パレット(荷物)や保管ラックに IC タグ、フォークリフトに読み取り用アンテナシートを取り付けることで、リフト荷役
作業時にフォークリフトから降りることなく、自動的に商品データを把握することができるため、作業効率の向上や誤出荷防止などの効果が期待できます。なお、フォークリフトのような移動体に「レコピック」を搭載するのは初めての事例となります。

センコーでは、全国の物流センターへの導入も視野に入れており、帝人との連携を強化しながらシステムの運用実績を重ねていく考えです。


物流支援ロボットCarriRo®、医療関連企業にて導入

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下ZMP)が販売している物流支援ロボットCarriRo®(キャリロ)FD(追従モデル)は、エム・シー・ヘルスケア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮下修)の医療系商品を取り扱う倉庫において、搬送作業の自動化、そして重量のある商品を扱うことに伴う作業者の負担軽減という課題の改善のため導入されました。

エム・シー・ヘルスケア株式会社は、病院経営のパートナー、“医療の最前線をサポートするプロフェッショナル”として、平成22年4月に設立されております。主な業務は、「地域連携調達・病院共同購入」「医療材料の物品管理・物流管理というSPD業務※1」「統計・分析を通じた経営支援」「病院改築や医療機器支援」等、常に医療現場と幅広く密接に関わり、今後の日本の医療をより豊かにするべく貢献されています。

今回、医療機器関連の倉庫内作業の効率化を図るべく、早急な解決方法としてCarriRo®を導入されました。その導入理由としてCarriRo®の以下の導入メリットをあげられており、この2点に大きな魅力を感じられたとのことです。

?現状の現場レイアウトや作業フローなどの環境を大きく変更する必要なく導入が可能な点
?最大300kgまでのカゴ台車などの牽引が可能な点

特に大型のロボットの導入を検討した場合、「導入までの検討時間の長さ」や「大規模な倉庫内レイアウトの変更」を覚悟する必要がありますが、CarriRo®の場合には導入が短期間で容易に行えるというのは非常に助かりました、とコメントを頂いております。

導入後の効果として、これまで3時間ほどかかっていた搬送作業が1.5時間程度まで短縮したという効果があがっており、作業者からは「かなりスピードアップしている、まとめて運べる荷物に関しては是非利用したい」とコメントが出ているとのことで、CarriRo®への熱い信頼をお寄せ頂きました。
今後の展開について、まず入荷から入庫の移動時間の削減を最優先に、CarriRo® AD(自律移動モデル)を導入し、その後ろにFD(追従モデル)を使用することによって無人での隊列搬送によりさらなる生産性の向上を図ることを検討されております。

物流支援ロボットCarriRo®は、ZMPが開発に取り組む自動タクシー®のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計100ユーザー以上の導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。

※1 SPD業務とは:Supply Processing & Distributionの略。医療材料等の物品管理・物流管理の業務を指します。

【製品価格】
CarriRo® FD(2019年モデル):5年リース 月額34,000円(税別)/1台
CarriRo® AD:5年リース 月額52,000円(税別)/1台

【主な仕様】
・本体重量:55kg
・大きさ:幅61cm×奥行91cm×高さ24cm※ハンドル部96cm
・最大積載荷重:150kg
・最大速度:時速6km(ドライブ、追従モード)/時速3km(自律移動モード)
・牽引力:250N(300kg相当)※路面状況や台車の状況によります。
・充電時間:2時間半
・稼動時間:8時間※稼動状況によって異なる可能性があります。
※「自律移動モデル」の上記仕様は基本的に2019年モデル(追従機能)と同一と想定していますが、今後変更の可能性がございます。



エアロネクスト、VAIOと「4D Gravity®」テクノロジー搭載の産業ドローン量産化に着手

次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区、代表取締役CEO:田路 圭輔、以下エアロネクスト)はVAIO株式会社(長野県安曇野市 代表取締役:吉田 秀俊 以下 VAIO)と、「4D Gravity®」テクノロジーを搭載した産業ドローンの量産化に着手しました。また、4D Gravity®テクノロジーを応用した用途別ドローンサービス事業の創造に向け、2019年3月12日より共同での事業化の検討を開始いたしましたのでお知らせいたします。

具体的な協業内容につきましては、決定次第、発表させていただきます。

<協業検討の目的>
エアロネクスト及びVAIOが保有する技術及び製造力のシナジー効果により4D Gravity®テクノロジーを使った新たな商品群及び用途別サービス事業の開発の可能性を検討します。

【株式会社エアロネクスト とは】
UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームのあるべき姿を実現する、ドローン・アーキテクチャ研究所です。エアロネクストが実現を目指すドローン・アーキテクチャの中心テーマを「姿勢制御」とし、 重心制御技術4D Gravity®に強みを持つ機体開発を行っています。
*株式会社エアロネクスト 会社概要 は https://aeronext.blue/company/ をご覧下さい。

【VAIO 株式会社 とは】
VAIO株式会社は、ソニー株式会社からPC事業を継承し、2014年7月1日に設立されました。長野県安曇野市に本社及び製造拠点を置き、PC事業、受託事業(EMS事業)における企画、設計、開発、製造および販売と、それに付随するサービスを行っています。第三のコア事業を『ソリューション事業』とし、第一弾として、「VRソリューション事業」を展開中。
*VAIO株式会社 会社概要は https://vaio.com/top/ をご覧ください。

*エアロネクストおよびエアロネクストのロゴおよび、「4D Gravity(R)」、「Next VR(TM)」、「Next DELIVERY(R)」、「Next INDUSTRY(R)」は、株式会社エアロネクストの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*“VAIO”はVAIO株式会社の登録商標です。


株式会社PALTAC・RightHand Robotics,Inc. 協業により物流センターの自動化を推進

株式会社PALTAC(以下、PALTAC 本社・大阪市 代表取締役社長 糟谷 誠一)と
RightHand Robotics, Inc.(以下、RHR 本社・米国マサチューセッツ州 共同設立者 Yaro Tenzer Leif Jentoft)は、商品のピースピッキングにおける自動化に関するパートナーとして取組み、 RHRが提供する最新のピースピッキングソリューション(RightPick)を、日本で初めてPALTACが新設する物流センターに導入することに合意いたしました。

PALTACは、将来の労働人口減少を見据え、中期経営計画において、流通の生産性向上に取組んでおります。AIやロボット等の最新テクノロジーと長年培ってきた物流ノウハウを融合させ、人員生産性が2倍となる独自開発の次世代型物流システム「SPAID」を開発し、昨年8月に「RDC新潟」(新潟県見附市)を稼働いたしました。現在、さらに自動化されたセンターとして「RDC埼玉」(埼玉県北葛飾郡杉戸町、2019 年末頃稼働予定)の建設を進めております。

既に「RDC新潟」では、ケース(カートン)ピッキングにAIロボットを導入しておりますが、「RDC埼玉」ではピースピッキングについても新たにAIロボットの導入に向け準備を進めており、この分野においてRHRと協業し、同社の RightPick を複数台導入してまいります。

PALTACが運用する物流センターでは、常時2万種類以上の商品を在庫し、さらに毎年1万種類近い商品が入れ替わる状況にあります。ピースピッキングにおいては、このように莫大な品目数を取り扱い、また保管容器の中でランダムな状態で置かれた様々な形状・重さの商品を、高速かつ的確に掴み取り移動させる必要があり、高度な技術を必要とする分野となっております。

一方、今回RHRが提供する RightPick は?吸着機能と指で掴む機能を併せ持つ独自のグリッパ(手)により、様々な商品を高速で掴み・置く(Pick & Place)ことが可能
?商品事前登録作業や商品ごとの把持操作プログラミングが不要?エラーによる停止が少ない(信頼性が高い)という優れた特徴を有しており、PALTACのピースピッキングとの親和性が高く、最も効率的かつ精度の高い仕組みであると判断しております。

〈期待する成果と今後の展開〉
PALTACとRHRとの協業により、RHRの高度なピースピッキングソリューションを日本で初めて導入することで、これまで難しかったピースピッキングの自動化を推進し、さらなる生産性の向上を追求し、事業の持続的成長を図ってまいります。

https://www.righthandrobotics.com/


プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト