レンゴー 八潮流通センターでAI技術を活用した新運営システムが完成

レンゴー株式会社(本社:大阪市北区、会長兼社長:大坪 清)は、連結子会社のレンゴーロジスティクス株式会社(本社:大阪市西淀川区、社長:森實 光博)が運営する八潮流通センター(埼玉県八潮市)において、AI技術を活用した製品荷揃え計画・トラック誘導に関する新たなシステムを完成し、このたび運用を開始いたしました。
八潮流通センターは、わが国最大の板紙製紙工場である当社八潮工場の製品物流の効率化と迅速な輸送を目的として2015年に開設した物流センターで、約25,000tの板紙製品を収容可能です。
トラックへの製品積込みのための荷揃えは、製品が異なるエリアに分散して在庫されていることも多く、また、トラックバースの空き状況も把握しなければならないことから自動化が遅れていました。今般、運用を開始した新システムは、自社開発のAI技術により、従来、オペレーターが行っていた製品荷揃え位置の立案作業を自動化するとともに、最も効率的、かつ、フォークリフトの交錯も考慮した安全性の高い計画の立案が可能となりました。また、担当者ごとの計画のバラツキも解消し、平準化と全体的な計画精度の高まりにより積込み時間の削減も実現しました。
このたびの新システムの導入により、トラックの入場誘導から、製品の荷揃え、積込みに至る一連のシステムが完成し、物流センターの運営効率の向上と同時に、トラックドライバーの拘束時間も削減することができました。
当社は、物流部門を担うレンゴーロジスティクス?とともに、今後とも、物流現場の業務改革を進め、輸送品質とサービスの向上を図るとともに、荷主企業の立場からトラックドライバーの働き方改革にも寄与してまいります。


ブルーイノベーションが、 UKCホールディングス、日本郵政キャピタルと資本提携

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都文京区、社長:熊田 貴之、以下ブルーイノベーション)は、株式会社UKCホールディングス(本社:東京都品川区、社長:栗田 伸樹、以下、UKC)、日本郵政キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:千田 哲也、以下JPC)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を行ったことをお知らせします。

今回の資金調達により、ブルーイノベーションはドローンポートシステムの開発とサービスの創出に取り組み、早期の実用化を目指します。

ブルーイノベーションは、国土交通省、東京大学鈴木・土屋研究室と連携し、物流用ドローンポートを2年間かけて開発、それを屋内を含めた様々なソリューションに対応可能な汎用性のあるドローンポートシステムに拡張しました。

UKC はブルーイノベーションのドローンポートシステムおよび関連サービスの普及に向けて、顧客向けのドローンサービスパッケージを創り、国内外の販売拡大を視野に提携します。JPCと同じく日本郵政グループの子会社である日本郵便株式会社は、日本で初めて補助者を配置せずにドローンを目視外飛行させる承認を得た実績があり、郵便・物流分野での課題解決に向けてドローン利活用を検討しています。

■ドローンポートシステムとは
ドローンポートシステムは、産官学共同で、ドローンの目視外飛行において安全に自動離着陸が可能な物流用ドローンポートシステムとして開発しました。GPS による飛行と違い、画像認識により誤差なく高精度に着陸が可能です。人が立ち入っている場合や、風速が飛行に対して危険な水準である場合は、自動的に離着陸を禁止させる機能も備えています。また、携帯電話などの電波による機体との交信で、飛行計画や位置情報等の様々な情
報を統合し、安全な飛行を実現しています。加えて、ドローンポート PC とも通信しており、風速状況や人の立入状況を運航管理システムへ伝達し、安心安全な離着陸を実現しています。

ブルーイノベーションのドローンポートシステムは、複数のドローン・ロボットの統合管理を可能にするプラットフォーム”Blue Earth Platform”を基盤に開発されており、ドローンポートの様々な情報を一元管理、監視が可能です。また、荷物運搬に使用する機体、荷物、各ドローンポートの予約機能も実装されており、物流サービスに最適化されています。インドアフライトにも展開可能で、屋内ドローンを利用した社員健康管理サービス「TFREND」にも使われています。

ブルーイノベーションが、UKCホールディングス、日本郵政キャピタルと資本提携
?屋内外のドローンポートシステムの開発を促進P

■BEP(Blue Earth Platform)とは
ブルーイノベーションでは、来るべき「ドローンによるオートメーション化社会」実現のために、ドローンの属性情報、各種センサーから得られるデータを一元的に統合管理し、AI、ブロックチェーンを活用した最適業務が遂行できる基盤プラットフォームである BEP(Blue Earth Platform)の開発に取り組んでいます。

BEP は”One Command Full Mission”をテーマとしており、複数のドローンを毎回複雑なドローンの設定や操作をすることなく、一つの指示で自動的に業務を達成することが可
能です。ドローン利用者が効率の高い業務を遂行できることを目的としています。https://www.blue-i.co.jp/advantage/bep/

■ブルーイノベーション株式会社 会社概要
所在地:東京都文京区本郷五丁目 33 番 10 号 いちご本郷ビル 4F
代表:代表取締役社長 熊田貴之
設立:1999 年 6 月 10 日
資本金:4 億 41 百万円
事業内容:「ドローン・ロボットを通じて、世界に貢献するグローバルカンパニーになる」をビジョンに掲げ、ドローンの先駆的サービス・プロバイダーとして、複数のドローン・ロボットを遠隔で制御し、統合管理するためのベースプラットフォームである Blue Earth Platform(BEP)を基軸に、点検、警備、物流、教育・安全、エンターテインメントの 5 つの分野でサービス展開しています。
URL:http://www.blue-i.co.jp/

■株式会社 UKC ホールディングス 会社概要
所在地:東京都品川区大崎一丁目 11 番2号 ゲートシティ大崎イーストタワー15階
代表:代表取締役社長 栗田 伸樹
設立:2009 年 10 月 1 日
資本金:43 億 83 百万円
事業内容:各種半導体・電子部品販売事業、電子機器・システム機器販売事業、品質検査事業、EMS事業等を営むこと、お
よびこれらの事業を営む会社の株式又は持分を保有することにより、当該会社の事業活動を支配・管理すること
URL:https://www.ukcgroup.com/

■日本郵政キャピタル株式会社 会社概要
所在地:東京都千代田区大手町二丁目 3 番 1 号
代表:代表取締役社長 千田 哲也
設立:2017 年 11 月 1 日
資本金:15 億円
事業内容:投資業務、経営及び財務に関するコンサルティング業務、前各号に付帯又は関連する一切の業務
URL:https://www.jp-capital.jp/



GROUND、米国Soft Robotics社と販売パートナー契約を正式締結し、ロボティックピッキング『SuperPick(スーパーピック)』を日本で初めて提供開始

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、米国のロボティックピッキングシステムを開発・提供するSoft Robotics社(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Carl Vause、以下「ソフト・ロボティクス」)のソリューション『SuperPick(スーパーピック)』を日本で初めて提供する販売パートナー契約を正式締結いたしましたので、お知らせいたします。これに伴い、2019年1月より本格的に同ソリューションの国内提供を開始します。

ソフト・ロボティクスは、2013年にハーバード大学の研究員らを中心に創業された米国発のベンチャー企業です。同社の『SuperPick』は、独自開発された最新ビジョン技術やアルゴリズム、特許を取得している素材などのテクノロジーを応用し、非定型な個体を人間の手のように高い精度とスピードでピッキングすることができる画期的なロボティックピッキングソリューションです。米国では、食品製造業や自動車部品工場などで既に導入、活用されています。

<GROUND株式会社 代表取締役 CEO 宮田 啓友のコメント>
『SuperPick』を日本で初めて提供するパートナーとして、GROUNDが選ばれたことをとても誇りに思っています。「Intelligent Logistics®(インテリジェント・ロジスティクス)※」で世界の物流・流通業界に新しい価値提供を目指す私たちにとって、重要なソリューションになると確信しています。

<ソフト・ロボティクス CEO CARL VAUSE氏からのコメント>
GROUNDとの協業を通して、ソフト・ロボティクスのソリューションを日本国内へ提供できることを嬉しく思います。宮田社長をはじめとするGROUNDメンバーの物流・流通における知見・専門性とソフト・ロボティクスのロボティックソリューションを掛け合わせることにより、これまでにない物流施設でのピッキング自動化を実現できると信じています。

同ソリューションの最大の特長は、”ハンド”と呼ばれる対象物をピックアップする部分の素材と独自開発されたビジョンシステムにより、重さ、素材、形が異なるさまざまな物を人間のように適切に掴むことができる点にあります。対象物をピックアップするために膨大なデータの事前インプットを必要とする従来のロボットに比べ、『SuperPick』は、人間がさまざまな物を無意識に掴むことができるように、対象物の重心や素材、大きさを自動で判断・調整し、適切な握力で掴むことができます。特に、多種多様な商品を扱う物流センターや、製品の取り扱いに高い専門性や精度が必要とされる製造現場など、これまでロボットによるオートメーションが困難であるとされてきた業界において、『SuperPick』は人手に代わる画期的なソリューションとなると確信しています。

■『SuperPick』の特長
1. 重さ、素材、形が異なる物や精度を求められるさまざまな物品をピックアップできる
米国で特許を取得している高品質な素材で作られたハンドは、-10℃〜65℃の耐熱性があり、物品の重さ、素材、形を問わずにピックアップが可能です。物品を掴むハンドに採用されている素材は、最先端科学を応用し、ハーバード大学の材料科学発明によって独自開発されました。

2. ピッキングエラーが少なく、業務効率化を実現
物品のアウトラインを捉えるビジョンカメラ、独自開発されたアルゴリズム、特許を取得しているピッキングハンド部分の素材により、物品の重心や形状、重さを予測し、人の手を再現した正確でスピーディなピックアップが可能となります。

3. 物の形状と掴み方などの情報を自律的に蓄積・学習することにより、生産性向上を実現
人の介在と事前のインプット情報を最小にする設計で、物品をピックアップするために必要な情報を自律的に蓄積・適正化し、学習します。これにより、ピッキング作業全体の生産性を向上します。

■『SuperPick』運用イメージ


■ 導入目標社数 10社(初年度)
GROUNDは、今後も物流・流通業界に対してテクノロジーを用いた新しい価値を創出することを目指し、AIやロボティクスを活用した「Intelligent Logistics®※」を提唱・推進していきます。

※:「Intelligent Logistics」は、GROUND株式会社の登録商標または商標です。

<参考資料>
■『SuperPick』写真


■ Soft Robotics Inc.について(https://www.softroboticsinc.com/)
2013年にハーバード大学ホワイトサイドリサーチグループ(Whitesides Research Group)の研究員達が中心となり創業した米国発ベンチャー企業。AI、クラウドコンピューティングおよびマテリアルサイエンスの技術を応用したピッキングソリューションの開発・提供を行っています。

■ GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logistics”の実現を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

社名  :GROUND株式会社
事業概要:テクノロジーを活用した物流ソリューションの提供
設立  :2015年4月
所在地 :東京都江東区青海二丁目7-4 the SOHO 3F
代表者 :代表取締役 宮田 啓友
資本金 :10億円(2018年3月期)
URL  :http://groundinc.co.jp



【佐川急便】DMM.comの物流効率化を実現

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は、株式会社日立物流(以下「日立物流」)と協同で、合同会社DMM.com(以下「DMM」)が展開する3Dプリントサービス「DMM.make3Dプリントサービス」のサービス品質向上を目的に物流提案を実施、2018年12月4日(火)よりサービス運用を開始しましたので、お知らせいたします。

本取り組みについて
DMMが提供する「DMM.make3Dプリントサービス※1」では主要な生産拠点を石川県加賀市に設置しています。プリンター本体はもちろんのこと、付帯設備、資材等の管理に広大な土地が必要なため地方に生産拠点を置く必要がありました。しかし地理的要因などにより首都圏へのサービス提供にリードタイムを要していました。そこで新たに日立物流の流通センター内(京浜物流センター:東京都大田区平和島)に生産拠点を置くことでコストを抑え、配送については佐川急便の流通網を用いることでより迅速な輸送を行うことができるようになり、DMM.makeの強みである価格と品質の維持を実現しました。

佐川急便の物流コンサルについて
佐川急便ではグループ横断の先進的ロジスティクス・プロジェクトチーム「GOAL®」を組成し、デリバリー、ロジスティクス、国際、IT、ファイナンスなどさまざまなリソースを活用して、お客さまのニーズに的確なソリューションを提案しています。今回ご提示したソリューションもDMM.makeの物流課題に対して日立物流との協業サービスをご提案することで物流の最適化を実現いたしました。

各社の主な役割
佐川急便:生産拠点からの配送サービスの提供
日立物流:造形物の出荷工程業務(仕分け・洗浄・仕上げ・梱包等)
佐川急便では、今後もさまざまな企業との協業によりお客さまの物流課題の解決に最適なソリューション提案を実施することで、お客さま満足度の向上に積極的に取り組んでまいります。

※1 DMM.make3Dプリントサービス とは
モノづくりのためのプラットフォームを運営、産業用の3Dプリンターを複数導入し、一般ユーザーでもお求めやすい価格で1点からでも注文が可能。

本取り組みでは、法人等からの需要が多い、プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入。複数の素材を用いることにより、ゴムのような柔らかい素材、硬い素材、耐熱性の高い素材を出力することができ、さまざまなニーズに対応が可能。



プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト