GROUND株式会社・ニトリグループとの納入契約に基づく物流ロボット「Butler®(バトラー)」が国内初稼働

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:宮田啓友、以下GROUND)は、家具・インテリア製造小売業大手の株式会社ニトリホールディングス様(以下ニトリ)との納入契約に基づき、インドのロボットベンチャー企業GreyOrange社の物流ロボット「Butler®」の国内初稼働を迎えましたので発表いたします。

この度の初稼働は、ニトリグループの物流会社である株式会社ホームロジスティクス様(以下ホームロジスティクス)が運営する西日本通販発送センター(大阪府茨木市)におけるもので、79台のButlerロボットがセンター内を動き回ることで、同センターにおける商品の入出庫および保管業務の自動化・省人化の実現を目指しています。

「Butler」は、物流センターの床面を移動するロボットが可搬式の棚の下に潜り込み、作業者の元に棚ごと商品を届けることで、センター内の省人化を実現する画期的な物流ロボットシステムです。「Butler」はロボット本体に加えて、専用の可搬式棚(MSU)、ピッキングおよび棚入れを行うためのワークステーション(PPS)、ロボットが自律的に充電を行うオートチャージャー(ACDS)、システム全体を制御するソフトウェア(WCS)の5点で構成されています。「Butler」 導入後の物流センターでは、商品の棚入れ・ピッキング作業工程において、従来型の作業方法に比較して大幅な省力化を実現します。

GROUNDは、我が国における生産労働人口の減少により労働力不足に直面している物流現場の問題に対し、AI(人工知能)・ロボティクスに代表される最先端のテクノロジーに基づくクラウド型物流プラットフォームの提供を通じて、飛躍的な生産性の向上を実現することにより問題の解決に寄与していきます。GROUNDは、”Intelligent Logistics”の創造を通して、日本の物流現場の未来を支えて参ります。



コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト