アクセンチュアとMUJIN、物流領域で協業開始

AIやロボットを用いて倉庫オペレーションの自動化・可視化、および配送計画の最適化までを実現

アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下 アクセンチュア)と、知能ロボットコントローラを開発・販売する株式会社MUJIN(本社:東京都墨田区、代表取締役CEO:滝野 一征、以下 MUJIN)は、物流領域におけるデジタル変革を推進するため、人工知能(AI)やロボットを活用したサービスの提供において協業を開始します。

協業を通じて、両社は、物流計画の策定から、実現に向けた最適なテクノロジーの導入、運用に至るまで包括的な支援サービスを共同で提供します。例えば、物流センターを抱えるお客様は、アクセンチュアが有する高精度な需要予測に基づいた在庫補充最適化ソリューションや業界、業務に関する豊富な知見、ならびにMUJINが誇る世界最高レベルの知能ロボットコントローラを組み合わせたソリューションの導入が可能になります。これにより、倉庫オペレーションの自動化や可視化を実現し、可視化された運用データに基づく物流計画の精緻化および配送計画の最適化に至るまで、物流領域における一貫したデジタル変革を図ることが可能になります。

アクセンチュアは、AIやアナリティクスをはじめとしたデジタル技術を駆使し、お客様の課題解決に資するさまざまなサービスを提供するなど、変革に向けた戦略立案から実行・運用までの一貫した支援体制を整えています。今回のMUJINとの協業は、アクセンチュアが提供するAI Powered SCM(サプライチェーン管理)のサービスをさらに強化させるものです。MUJINは、モーションプランニング(動作計画)AI※1によって、バラ積みピッキングや箱詰めなどの工程の自動化を可能にする汎用的な知能ロボットコントローラを開発・販売しています。両社が有する知見やソリューションを組み合わせることで、お客様が目指す方向性や物流戦略のあるべき姿を見据えた上で、生産性向上や新たな価値の創出に向けた提案ならびに支援をより効率的に行うことが可能になります。

アクセンチュア株式会社 代表取締役社長 江川 昌史は次のように述べています。「企業が変革を推進していくためには、外部パートナーと相互に連携して広汎なエコシステムを形成することが重要です。MUJINは、世界最先端のロボット技術を有する企業であり、製造・流通業界が変革に取り組む上で欠かせない存在です。今回の協業を通じて、当社のAIやロボティクス領域のエコシステムを強化したことで、お客様の変革に向けてより一層貢献してまいります。また、今後は生産領域にも取り組みを広げ、サプライチェーン全体の最適化も推進することを目指してまいります。」

株式会社MUJIN 代表取締役CEO 滝野 一征は次のように述べています。「当社では、産業用ロボットを知能化し簡単に使えるようにすることで、生産性や品質の向上に寄与し、さらには少子高齢化社会における新たな価値創造に貢献したいと考えています。アクセンチュアとの協業は、こうした取り組みにおける大きな推進力となるものです。当社のロボット自動化技術がお客様にさらなる価値をもたらしていけるよう、アクセンチュアと協力してまいります。」


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト