アスクル物流拠点において「MOVO(ムーボ)バース管理ソリューション」がトラック待機時間削減に貢献

株式会社Hacobu(ハコブ、 本社:東京都港区、 代表取締役 佐々木太郎、 以下「Hacobu」)は、 アスクル株式会社 (本社:東京都江東区、 代表取締役社長兼CEO:岩田彰一郎、 https://www.askul.co.jp/ 、 以下「アスクル」)が、 同社の関西エリア主力物流拠点であるASKUL Value Center関西(以下「AVC関西」 )で取り組まれている物流改革プロジェクトの一環としてHacobuが提供する物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」(以下、 「ムーボ」)バース管理ソリューションを活用した結果、 待機時間の大幅な短縮効果が得られたことをお知らせします。

<ムーボ・バース管理ソリューション導入による効果> ※アスクルの業務改善活動とあわせた効果
■待機時間削減
・AVC関西では2019年2月からムーボ・バース管理ソリューションによる予約・受付を開始した
・平均待機時間は約50%の減少、 1時間以上の待機率(全体の入荷車両数を分母とした、 1時間以上待機した車両の割合)については60%超の減少となり、 稼働初月から大幅な改善効果が見られた

■庫内作業効率の向上
・ムーボの導入によってすべての入庫車両について受付・作業状況が電子化された
・構内の呼出待ち車両が庫内のPC・タブレットから確認できるようになったことで、 庫内作業効率が向上した

 Hacobuは、 今後もアスクルの他のセンターにおけるムーボ・バース管理ソリューションの導入検討を支援していきます。



コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト