オープンロジ インドネシアで物流プラットフォーム実証実験を開始

 物流プラットフォームを運営する株式会社オープンロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:伊藤秀嗣、 以下オープンロジは、独立行政法人日本貿易振興機構(本部:東京都港区、理事長:石毛博行、以下JETRO) の事業て?ある「日ASEAN新産業創出実証事業」の公募に採択され、インドネシアて?4月16日から2019年3月 29日まて?の期間、EC事業者と物流事業者を結ふ?物流フ?ラットフォームの構築に向け、現地大手のECモールと 連携し、物流フ?ラットフォームの実証実験を行います。

※プレスリリース(PDF)はこちら
■本件のポイント
◯初めて国外で、EC事業者と物流事業者を結ふ?物流フ?ラットフォーム「オーフ?ンロシ?」の実証実験を行う
◯世界4位の人口をもちEC市場の成長著しいイント?ネシアて?、現地大手のECモールと連携する
◯既に日本て?顕在化している物流事業者の負担を未然に防き?、健全なEC市場の成長に貢献する

■本件の背景
インドネシアは、世界4位の人口[1]を抱える一方て?、インターネット普及率は東南アシ?ア主要国の中て?最下位となっています。[2]今後、インターネットか?普及し、中国・イント?に次く?高いEC市場の成長か?見込まれますか?、増加か?予想される個人・中小規模のEC事業者にとっては、物量や与信等の問題を出来る限り緩和した従来の企業間物流とは異なる新しい物流ソリューションか?必要となります。
当社は、これらの問題に寄与する、倉庫の非稼働時間・遊休スヘ?ースを活用することて?実現する従来の企業 間物流とは異なる新しい物流アウトソーシンク?サーヒ?スを国内数十拠点の倉庫会社と協働し、日本の中小EC 事業者を中心に3,500社以上に提供してまいりました。この度、創業以来展開してきた国内て?の事業か?JETROに評価され、ECの著しい成長か?期待されるイント?ネシアて?「日ASEAN新産業創出実証事業」として物流フ?ラ ットフォーム「オーフ?ンロシ?」の実証実験を開始いたしました。
また、EC市場の成長か?期待されるASEAN諸国て?、日本て?既に顕在化しているような荷物の増加に対する 物流事業者の負担を未然に防き?、市場の健全な成長に貢献していきたいと考えております。

■本件の概要
インドネシアにて、現地大手のECモールと連携し、インドネシア市場の効率化と日本の物流事業者やEC関連事業者のASEAN市場参入の一助になることを目的に、物流プラットフォーム事業の実証を行います。創業以来、弊社が運営してきたEC事業者と物流事業者をつなぐ物流プラットフォームを初めてASEANにて展開いたします。

(1)実証期間
2018年4月16日〜2019年3月29日

(2)実証国
インドネシア

(3)内容
現地調査、現地大手ECモールと連携し「オープンロジ」を実証

(4)オープンロジが実証する価値
中小EC事業者が、出荷作業や在庫管理などの煩雑な物流業務から開放され業務効率を改善する

■インドネシアにおける課題
インドネシアのECビジネスの成長における課題は、物流と代金決済と言われています。地場スマホ調査会社JACPATの調査では、荷物の遅延や品質の劣化を問題視する消費者が7割を超え、費用についても6割が課題だと感じています。島国で国土が広く、物流インフラが不十分なため、物流会社は到着日を予測しにくく、 出荷から受け取りまでに時間がかかり、保管にかかるコストなどが上乗せされるため、送料は高くなる傾向にあります。EC専用のロッカーがコンビニに設置されるなど新たなサービスも登場しておりますが、多様な消費者ニーズに対応できる効率的なサプライチェーンの構築が必要だと考えられます。



コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト