日本郵便のオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」採択企業を2社決定

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)と株式会社サムライインキュベート(東京都品川区、代表取締役 榊原 健太郎)は、日本郵便のオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」の採択企業を2社決定しましたので、お知らせします。

■「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」採択企業2社
・Rapyuta Robotics株式会社
・株式会社エー・スター・クォンタム

 本プログラムは、日本郵便とサムライインキュベートが2017年度に実施した日本郵便初のオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の第2回目として実施するものです。
 現在の物流業界が直面する様々な環境変化を踏まえ、昨年度に引き続き「これからの時代に応じた郵便・物流を提供し、社会をより豊かに」することを目的としています。
 
 2018年7月5日(木)から募集を開始し、多種多彩な70社の企業から応募をいただきました。書類審査・面談審査を重ね、今回のテーマ「郵便・物流のバリューチェーン全体をテクノロジーで変革する」にマッチし、革新性や課題解決性、実現可能性、共創意義の大きい2社のスタートアップ企業と共創を行っていくことにしました。

「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM 2018」採択企業概要
・社名:Rapyuta Robotics 株式会社
・所在地:東京都中央区新川1丁目29-13-8F
・代表者名:代表取締役CEO Gajan Mohanarajah (モーハナラージャー ガジャン)
・設立年月:2014年7月
・会社サイトURL:https://www.rapyuta-robotics.com/ja/
・取り組みの方向性:Rapyuta Robotics社の持つソフトウェア開発技術や独自のハードウェアに依存しないクラウドロボティクス・プラットフォーム「rapyuta.io」と連携し、物流拠点における荷物のベルトコンベアー等への取り降ろしや、積み込みの自動化等の検討を進めていきます。

・社名:株式会社エー・スター・クォンタム
・所在地:東京都中央区八丁堀3-27-4 八重洲桜川ビル 2F
・代表者名:代表取締役社長兼CEO 船橋 弘路
・設立年月:2018年7月
・会社サイトURL:http://a-star-quantum.jp/
・取り組みの方向性:トラックドライバー不足が年々深刻化している中、エー・スター・クォンタム社が保有する量子コンピュータソフト開発技術や知見と連携し、当社における輸送ネットワークの最適化の実現に向けて検討を進めていきます。


 なお、採択企業以外の応募企業の中で革新性、実現性、課題解決性等に優れた提案があった企業とは、本プログラムとは別に、日本郵便との共創を検討していきます。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト