社会課題の解決に向けた物流プラットフォームの展開加速のため、総額4億円の資金調達を実施

企業間物流の最適化を目指し、IoTとクラウドを統合した物流情報統合プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役:佐々木太郎、https://hacobu.jp/、以下「Hacobu」)は、株主であるアスクル株式会社 (本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:岩田彰一郎、https://www.askul.co.jp/、以下「アスクル」)およびソニー株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長 兼 CEO:吉田憲一郎)のコーポレートベンチャーキャピタルであるSony Innovation Fundを引受先として、第三者割当増資を行うことを決定致しました。

資金調達の背景と目的
 MOVOは統合的な物流管理ソリューションとして、トラックが手配しにくい問題(求車)、トラックの位置情報を把握できない問題(運行管理)、そして待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題(バース管理)等を解決するための機能をクラウド型プラットフォーム上で提供してきました。MOVOという名前は、move(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせた造語です。ミッションである「運ぶを最適化する」という思いが込められています。

 MOVOは2016年6月に物流企業のトラック動態管理を目的としたソリューションをローンチして以来、順調にサービスラインナップと顧客基盤の拡大を続けてまいりました。2019年3月には、バース管理ソリューションのユーザー数がローンチから1年で1000拠点を突破するなど、企業間物流を最適化する存在として、広く浸透しつつあります。また、アスクルの「ASKUL Value Center関西(AVC関西)※1」へのMOVO導入を始めとして、社会課題をプラットフォームで解決することに前向きなパートナーとの取り組みを強化してまいりました。

 今回の資金調達によって、(1)プロダクト開発体制の増強(2)セールスの体制強化(3)カスタマーサクセスの体制強化を行い、顧客体験の向上を通じた成長加速を目指します。その結果、デジタルプラットフォームが企業間物流を支える未来を実現します。



コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト