ABEJA、日立物流と ヒヤリ・ハット状態の検出を行うAIを共同開発

危険運転自動検知システムとして関連会社等への展開も開始予定 ~
 ディープラーニングを活用したAIの社会実装事業を展開する株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田陽介、以下「ABEJA」(アベジャ))は、株式会社日立物流(本社:東京都中央区、代表執行役社長:中谷康夫、以下「日立物流」)と共同で、ドライバーの走行中の車両データからヒヤリ・ハット状態の検出を行うAIモデルを開発しました。また、共同開発したAIモデルは、「ABEJA Platform」を基盤に、日立物流が提供するスマート安全運行管理システム(以下「SSCV」)とAPI連携を行い、2019年4月を目処に、提供開始を予定しています。

 ABEJAは、AIの開発・運用に必要不可欠な、様々な大量データの取得、蓄積、学習、デプロイ、推論・再学習のプロセスを最小化するPaaS(Platform as a Service)技術「ABEJA Platform」をコアサービスとしてあらゆる業界に提供し、あらゆる業界において一貫したAIの導入、活用支援を行っています。これまで150社以上の本番運用実績を有しています。

 現在、物流業界においては深刻な人手不足が続いており、ドライバーの体調サポートや仕組みによる事故防止は大きな社会的意義を持ちます。その中で、日立物流は、事故を未然に防ぎドライバーの安全な運行をサポートするために、ドライバーの生体情報や運転中の映像などのデータを様々なIoTセンサーから取得・解析し、事故発生に繋がる可能性のある状況を特定することで、事故を未然に防ぐ運行管理システム(SSCV)を提供しています。

 この度のABEJAと日立物流の取組では、SSCV上に蓄積されたデータからヒヤリ・ハット状態を定義、学習することにより、走行の危険度評価を自動化するAIモデルを「ABEJA Platform」上で共同開発しました。また、開発したAIモデルをSSCVにAPI連携し、SSCV上の機能として、2019年4月を目処に、提供開始を予定しています。具体的には、ドライバーの走行データについて開発したAIモデルを用いて解析し、ヒヤリ・ハット状態を検知することで、走行時の危険の状況をドライバーと管理者にフィードバックする機能として提供予定です。ABEJAと日立物流は、より多くの物流企業に本機能を追加したSSCVを提供することで、ドライバーの体調サポートや事故防止を目指してまいります。

 ABEJAは、これからもAI、特にディープラーニングをはじめとしたテクノロジーを活用し、あらゆる業界やシーンにおける産業構造の変革に貢献して参ります。

■ スマート安全運行管理システム(SSCV)について
 日立物流が提供するスマート安全運行管理システム(SSCV)は、運行前の生体の測定情報、および運行中の車載センシング機器からの危険シグナルや生体情報のすべてをクラウドに集約し、AIによる分析で、事故、ヒヤリ・ハットに影響を与える状況を判断するシステムです。リアルタイムにドライバーや運行管理者に警告を発信し、事故を未然に防ぐことをサポートします。
URL:http://www.hitachi-transportsystem.com/jp/sscv

■ 株式会社ABEJAについて  ABEJAは「ゆたかな世界を、実装する」を企業理念に掲げ、テクノプレナーシップという行動精神の体現を通じて、AI/ディープラーニングをはじめとしたテクノロジーを活用し、あらゆる業界やシーンにおける産業構造変革を実現するきぎょうです。2012年の創業時より、コンピュータサイエンスを専門とする多数の大学教授陣と共同で研究開発を行っており、自社開発のディープラーニング技術をコアに、AIの社会実装事業を展開。小売流通、製造、物流、インフラをはじめとしたあらゆる業界において、一気通貫したAIの導入、活用支援を行っています。2017年3月にシンガポール法人を設立しASEANを中心としたグローバル展開も進めています。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト