GROUND、中国大手ロボット企業HIT ROBOT GROUP社と協業

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、2018年8月23日(木)、中国の大手ロボット企業HIT ROBOT GROUP 社(本社:中国哈爾濱(ハルビン)市、代表取締役社長:Wang Meng、以下「HRG」)と協業し、「一帯一路」構想の実現を視野に、主要都市をつなぐ次世代型物流プラットフォームの構築を目指し、新たな物流ソリューションテクノロジーの共同実証を行います。
GROUNDが物流業界に対してグローバルに提唱・推進する『Intelligent Logistics®※』においては、核となるテクノロジーとしてロボットとAIが位置付けられています。最先端のロボットを活用したオペレーションに加え、在庫・リソースなどのデータをAI物流ソフトウェア『DyAS(ディアス)®※』が分析・解析することで、物流オペレーションの最適化を実現します。
本協業では、この『Intelligent Logistics®』を実現する次世代型の物流施設『Intelligent Logistics Center(インテリジェント ロジスティクス センター)®※』を支える物流プラットフォームの構築と、ロボットやAIに代表される物流ソリューションテクノロジーの共同実証を行います。両社が構築を目指す物流プラットフォームでは、さまざまな物流データが蓄積・活用されることにより、ロボットによる自動化・高速化や、AIによる適正化・ルール化が可能となります。企業間のみならず物流施設間においても様々なデータの連携が行われることにより、ソフトウェアとハードウェアのシェアリングを実現するサービスモデルとなる予定です。
なお、「一帯一路」構想の主要都市の一つである中国義烏(イーウー)市は、アジア最大規模の卸売市場として、その物流に大きな変革が求められています。GROUNDとHRGは、ロボットやAIの物流テクノロジーの共同実証や物流プラットフォームの構築を通して、「一帯一路」構想で重要な役割を担う義烏市などの中国卸売市場を支える物流インフラの改革を推進し、将来的には中国を含め、世界的なグローバル物流網の高度化・効率化に貢献したいと考えています。

HRGは、2014年12月、中国黒竜江省州政府、哈爾濱(ハルビン)地方自治体と 哈爾濱(ハルビン)工業大学のジョイントベンチャーとして設立された、世界が注目するロボティクスカンパニーです。同社が有するロボットに関する技術特許数は、現在800以上にものぼります。

■ 中国HIT ROBOT GROUP 社について(http://www.hrgrobotics.cn/en)
HRGは、市場における大きなポテンシャルを有する40社以上もの技術企業をグループとして育んでいます。これらグループ企業は、先進的な工場や産業ロボットなどさまざまな技術を開発し、現在800以上もの特許を有しており、既に産業ロボット教育、リチウム電池製造、エンタテインメントロボットなどの分野においてリーディングカンパニーとなっているものもあります。HRGは、中国における独自のロボット工学の生態系を構築し、新規ビジネスの創出を目指しています。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト