ヤマトホールディングスとPalantir、日本の物流のデジタルトランスフォーメーションを加速させる取り組みを開始

ヤマトホールディングス株式会社とPalantir Technologies Inc.(Co-Founder and CEO:Dr. Alexander Karp、以下:Palantir)は連携し、ヤマトグループのオペレーション変革および物流業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させる取り組みを開始いたします。今後、YHDは、Palantirのソリューションを活用することで各オペレーションのデジタル化を推進し、ひいては日本の物流業界全体のDXを進めて参ります。

現在、多くの日本企業がDXを重要な経営課題と認識し、その推進に取り組んでいます。しかし、複雑なサプライチェーン、企業内に旧態依然の組織構造や慣習が残っている、社内外に点在する大量のデータの集約・活用方法が定まっていない、といった数々の困難に直面している状況です。

そのような中、YHDは2020年1月23日に経営構造改革「YAMATO NEXT100」を発表し、3つの基本戦略の達成に向け、3つの事業構造改革と、「データドリブン経営への転換」を含む3つの基盤構造改革を推進しています。YHDは、Palantirのテクノロジーを高く評価し、今後同社のソリューションを社内で活用することでオペレーションの変革を実行し、ひいては日本の物流業界全体の変革をリードすることを目指します。Palantirとの取り組みにおいて、YHDはPalantir Foundry等のテクノロジーを活用し、その顧客に対して新しい付加価値を生み出すデジタルプラットフォームの構築を目指します。そのうえで、社内外のデータを統合・分析し、高度なデータ分析による物流オペレーションへの変革を目指してまいります。具体的には、リアルタイムの流動データなどの運用データを統合することで、リソースの最適配置、サプライチェーンの合理化、顧客のサービスレベルの向上を目指します。

またYHDは、今後デジタル分野に4年間で約1,000億円を投資し、デジタルプラットフォームの構築、DXの実現に向けた取り組みを加速させます。さらに2020年4月1日にオープンイノベーション推進のため50億円のCVCファンド(Kuroneko Innovation Fund)設立も行いました。これらの取り組みの一環として、今回、YHDはPalantirへの出資も実施いたしました。

本取り組み開始にあたり、各社の代表は以下のようにコメントしています。

ヤマトホールディングス株式会社 代表取締役社長 長尾裕

今回、グローバル市場においてビッグデータの解析のリーディングカンパニーであるPalantirとともに、新たな取り組みを開始できることを大変嬉しく思います。物流分野における当社のデータ基盤とノウハウに、Palantirのテクノロジーを融合することで、当社のDXを加速し、サプライチェーンの最適化ソリューションを広範囲のお客様に提供し、より豊かで、持続可能な社会の実現に貢献したいと考えています。

Palantir Technologies Inc. Co-Founder and CEO Dr. Alexander Karp

Palantirは、最も重要な組織・機関のためにソフトウェアプラットフォームを提供するべく設立されました。物流領域の改革を推進するYHDとの共同での取り組みは、日本、そして日本の重要なインフラの支援に対する我々のコミットメントを示しています。


A.P. Moller - Maersk to acquire European specialist KGH Customs Services

The acquisition of KGH Customs Services will further strengthen A.P. Moller - Maersk’s logistics and services offerings by creating a solid platform for growth in customs services in Europe.

A.P. Moller - Maersk announces that it has reached an agreement with Bridgepoint Development Capital to acquire KGH Customs Services (KGH), a Sweden-based specialist in trade and customs management services in Europe. This will further enhance Maersk’s capabilities as an integrated container logistics company, offering end-to-end supply chain solutions to its customers.

With its specialised expertise across freight modes (air, ocean, land) and deep knowledge in selected industries, combined with innovative technology, KGH will significantly improve Maersk’s overall offering within customs services. KGH has a strategy focused on digital solutions and technology as an enabler for a more seamless customer experience, which also corresponds with Maersk’s own digital transformation journey.

Vincent Clerc, CEO of Ocean & Logistics at A.P. Moller - Maersk sees KGH as a perfect fit to Maersk offerings within logistics and services as well as another key building block in its strategic ambitions.

“There are no end-to-end solutions without customs clearance. With KGH, we will not only be able to strengthen our capabilities within customs services and related consultancy, but also reach more of our customers in Europe through a larger geographical footprint and digital solutions that will enhance our ability to meet our customers´ end-to-end supply chain needs. We achieve all this in one go instead of having to build our expertise through multiple acquisitions,” says Vincent Clerc, CEO of Ocean & Logistics at A.P. Moller - Maersk.

Based in Gothenburg, Sweden, KGH is a well-known and respected partner to a wide range of authorities, providing valuable consulting and advice, most recently in the connection with Brexit, as advisors to various authorities in the EU and the UK. KGH has in the past years achieved double-digit annual growth resulting in a revenue of approximately SEK 890m in 2019 (USD 95.5m), recurring EBITDA of approximately SEK 160m (USD 17.2) and an EBITDA margin of approximately 18 percent. KGH has 775 employees and a yearly business of 1.98m clearances.

“With Maersk, we will have a long-term home with a company that share our values. By joining forces, we will be able to continue to build on the great success our teams have achieved, and at the same time play a key role in a combined entity providing a range of different services within the transportation and logistics industry. Customs services is an essential part of our customers’ end-to-end needs which we in unison with Maersk will be able to provide with seamlessness and global reach,” says Lars Börjesson, CEO of KGH Customs Services.

The acquisition of KGH makes Maersk an attractive partner for its customers operating in individual countries, as well as for those looking to combine several geographies under one service provider. With the acquisition of KGH, Maersk will have a solid platform for growth in customs services in Europe with own setups operating in 22 European countries with a total of 2.38m clearances on a yearly basis, 960 specialised employees and a combined turnover of SEK 1.02B (USD 109.4m).

Maersk will acquire KGH for a consideration of SEK 2.6B (USD 279.0m) on a cash and debt free basis equivalent to a multiple of 16.3x 2019 EBITDA before synergies, excluding an earn-out component contingent on future Brexit performance. When ramped up, annual EBITDA synergies from the combination are expected to amount to approximately SEK 50m-75m (USD 5.4m-USD 8.0m).

The closing of the acquisition is subject to customary regulatory approvals. Until then, Maersk and KGH remain two separate companies and thus will do their business as usual.


DB Schenker’s new logistics service for the battery industry

Expert scenarios forecast that by 2030 there will be more than 130 million electric vehicles on the roads globally. While power and availability of batteries are key to of this transport shift, manufacturers face new challenges managing the logistics around their supply. Transport, return and recycling are highly complex due to their classification as dangerous goods and strict legal requirements for transporting and warehousing batteries. DB Schenker has now launched a new and dedicated service that combines individual national and international regulations concerning battery types and transportation modes.

Jochen Thewes, CEO of DB Schenker: “Batteries are the main drivers of the ongoing electrification of the world. With our global network, we can cover the whole logistics spectrum to create reliable solutions for safe and customized battery transport and storage. We believe that e-mobility will be a key driver towards a more sustainable future. With our new service dedicated to battery logistics, we are proud to be a facilitator of this game-changing development.”

As a fully integrated service provider, DB Schenker offers all modes of transport, as well as custom-made solutions for the complete life cycle of batteries. This includes the inbound temperature-controlled transport of materials to production sites plus the outbound transport of finished goods in approved and labelled dangerous-goods packaging.

In accordance with environmental standards, DB Schenker also enables the storage of batteries separate from other combustible goods. Lithium batteries in particular are always kept in dry and well-ventilated areas.

Furthermore, dust-free warehousing, after-sales services and all relevant transport documentation can be realized. Additional reverse logistics include the recycling or disposal of batteries according to national legislation and in close cooperation with selected partners, inclusive of damaged or defective batteries.

Rainer Kiefer, EVP Global Sales of DB Schenker: “Over many years we have gathered a deep expertise in the automotive, electronics and semiconductor industries. We are now combining our know-how and skills in a cross-industrial solution. Given our profound experience, we are also happy to offer consulting and training to companies with requirements for their battery supply chains”.

By combining Full Truck Loads, individual solutions and special agreements, DB Schenker’s land transport business unit is already able to cover 98 percent of the demand for ground services for hazardous cargo, including batteries. Ocean freight transport of batteries can be combined with land transport infrastructures to meet the highest standards for comprehensive door-to-door supply chain solutions.

As air freight is the fastest option to move goods to their destinations, DB Schenker is continuously working on the acceptance of battery transports on important routes. Over 100 of DB Schenker’s own operational air freight sites around the world offer FSR-A standards (Facility Security Requirements) which is the highest level of security certification in the industry.

Thanks to access to the vast network of DB Cargo, intermodal railway transport connections link battery production sites in Europe and China with final customers in various European countries. DB Schenker’s multimodal solution enables lower transport costs compared to air freight and shorter lead times compared to ocean freight. Beyond rail transport, the service range includes pre- and on-carriage by truck, transshipments via terminals and railports and various additional activities such as quality monitoring, documentation and customs clearance.




国土交通省 BtoBコールドチェーン物流サービス規格JSA-S1004が発行

一般財団法人日本規格協会において、国土交通省が主体となって取組を進めてきた事業者間(BtoB)におけるコールドチェーン物流サービスに関する規格が発行されました。
ASEANをはじめとするアジア諸国への普及を図ることで、我が国物流事業者等の海外展開を後押しし、同地域における高品質で環境にやさしいコールドチェーン網の構築を目指します。

1.背景
 近年、ASEANでは、経済成長・所得の向上に伴い食生活が多様化し、流通段階における温度管理を伴うコールドチェーン物流の需要が高まっています。
 しかしながら、一部の国の事業者では温度管理が不十分なサービスが散見され、健康被害や輸送途中での食料廃棄が問題となるほか、
消費者や荷主のサービス品質への信頼が得られず、コールドチェーン物流の市場が拡大しにくくなることが懸念されています。
 こうした状況を踏まえ、我が国は、平成29年7月に閣議決定した「総合物流施策大綱(2017年度?2020年度)」において、
我が国の物流事業者が高まるアジア諸国の物流需要を取り込むために、日本式コールドチェーン物流サービス等の国際標準化や普及を
重要施策の一つとして位置づけ、取組を進めてきました。

2.これまでの取組
 国土交通省では、日ASEAN交通連携の枠組みのもと、各国との物流政策対話及びワークショップ等を活用し、ASEAN地域におけるコールドチェーン物流の
促進に向けた取組を進めており、平成30年11月に開催された第16回日ASEAN交通大臣会合にて、日本のコールドチェーン物流サービスを参考にした
「日ASEANコールドチェーン物流ガイドライン」(以下、「ガイドライン」)が承認・策定されました。
 また、平成30年7月より、「ASEANスマートコールドチェーン構想」検討会(事務局:国土交通省)を定期開催し、官民一体となって日本のコールドチェーン
物流サービスの標準化に向けた取り組みを進めてきました。
 こうした状況の下、国土交通省は、現地物流事業者が行うコールドチェーン物流サービスに対する客観的な評価を担保できるよう、ガイドラインのJSA規格※1化を
目指すこととし、令和元年7月に規格作成委員会(委員長:森 隆行〔流通科学大学商学部教授〕)を設置して以降、策定に向けた議論を重ねてきました。
その結果、令和2年6月30日にJSA-S1004が正式発行されました。これにより、令和2年5月に発行されたBtoC小口保冷配送サービスにおける国際規格である
ISO23412※2に加え、BtoBの分野においても我が国の質の高いコールドチェーン物流サービスに関する規格が発行されたこととなります。

3.規格の概要
当規格は、ガイドラインに定めたASEAN各国政府がコールドチェーン物流ネットワークを整備するにあたって参考とすべき項目を基に策定されました。
ASEAN諸国での普及を前提として日本語と英語の2カ国語で作成され、ASEAN諸国において倉庫事業者及び運送事業者が低温保管及び低温輸送に
関する作業を行うに当たって考慮すべき事項が盛り込まれています。   

正式名称
「コールドチェーン物流サービス?低温保管サービス及び低温輸送サービスに関する要求事項」
(Cold chain logistics services -Requirements for low temperature storage services and low temperature transport services)

4.期待される効果
本規格の普及により、日本の物流事業者のコールドチェーン物流サービスの品質が適切に評価され、国際競争力が強化されることが期待されます。
また、各国における市場の健全な育成と拡大に寄与することが期待されます。国土交通省は、本規格のASEANを中心とするアジア諸国での普及に向け、
引き続きオールジャパン体制での取組を行っていきます。

*1 JSA規格
    一般財団法人日本規格協会が扱う民間規格「日本規格協会規格」のこと。サービスを含めた幅広い分野の規格開発を対象としている。

*2 ISO23412 国土交通省報道発表資料
  https://www.mlit.go.jp/report/press/tokatsu01_hh_000510.html

参考 一般財団法人日本規格協会ホームページ
  https://webdesk.jsa.or.jp/books/W11M0090/index/?bunsyo_id=JSA-S+1004%3A2020


2021年4月からのヤマト運輸およびグループ7社の統合

ヤマトグループのヤマト運輸株式会社およびグループ7社が統合し2021年4月1日をもちまして、新たにスタートすることとなりました。
これを機に、お客さまに対する窓口を一本化させるとともに、より一層のサービスの向上に取り組んでまいります。
なお、経営体制の移行により発生する事務手続き等の変更につきましては、後日、当社およびグループ各社のホームページ等でご案内させていただきます。

今後とも、変わらぬご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

■統合の対象となるグループ会社
 ヤマト運輸株式会社(統合による存続・承継会社)  
 ヤマトグローバルエキスプレス株式会社
 ヤマトロジスティクス株式会社
 ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社
 ヤマトパッキングサービス株式会社
 ヤマト包装技術研究所株式会社
 ヤマトフィナンシャル株式会社
 ヤマトシステム開発株式会社 (e-通販ソリューション事業および地域統括部門)

■統合後の会社名
 ヤマト運輸株式会社

■統合予定日
 2021年4月1日


物流ロボティクスの(株)ギークプラス、NIKEをローンチカスタマーとして、コンサルティングサービスを開始

今般、株式会社ギークプラス(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤智裕、以下 「ギークプラス」)は、NIKEをローンチカスタマーとして、現場とロボットの最適な協働を可能にする物流コンサルティングサービスを開始しました。背景には、新型コロナウイルスの影響によるEC出荷量の増加を受け、ロボットの生産性を一段引き上げたいとの要望の高まりがあります。当社は、メーカーである優位性を生かし、商品特性 / 入出荷傾向に応じてロジックの変更や追加開発にまで踏み込んで、ロボット導入効果を最大化します。また、グローバルの物流ロボット業界に先駆けた本サービスをはじめ、ロボットの販売、導入、メンテナンスまで、既に日本で完結できる体制を確立しており、今後も物流プレイヤーの企業価値向上に貢献していきます。

■コンサルティングサービスの概要
 当社は、グローバルの物流ロボット業界に先駆けて、自社でコンサルティング事業部を立ち上げました(なお、本事業はギークプラスグループでも、他地域に対して、日本が先行して開始)。新型コロナウイルスの影響によるEC出荷量の増加を受け、ロボットの生産性を一段引き上げたいとの要望が高まりつつあり、導入後の更なる付加価値向上を目指します。特徴として、分析に留まらず、メーカーである優位性を生かしながら、必要に応じてロジックの変更や追加開発も含めた、最適なカスタマイズを提案します。また、コンサルティング期間中は、専任コンサルタントをアサインし、分析?提案〜実行〜検証の一連の流れを、お客様と伴走しながら実施します。

■コンサルティングサービスの概要
 NIKEは、拡大を続けるEC需要に対応するため、市川にある最新型物流センター(以下、DUNK)にて、当社の物流ロボットを200台以上導入しています。今般、新型コロナウイルスの影響を受け、省人化によってソーシャルディスタンスを確保でき、且つ高い出荷効率を実現可能な、DUNKに期待が集まっていました。そこで、Geek+と共同チームを立ち上げ、3月から10週間の生産性改善プロジェクトを開始しました。

サービス実施の流れ
1. 現状分析
当社解析ツールを用いて、現状のパフォーマンスデータを収集・分析すると同時に、現場へのヒアリングを実施しました。結果、アパレル・シューズ特有の、豊富なSKU数と、セールの実施に伴う物流波動の大きさに対して、オーダーの処理方法と、それを受けたロボットのタスク生成に改善の余地を見出しました。

2. 改善提案
上記を受けて、メモリを増設しつつ、オーダーの処理単位を大幅に拡大することで、最適化される範囲を拡大しました。また、出荷傾向に応じた最適なロジックの設定や、出荷量に応じた適切なステーションの使用を提案しました。

3. 効果検証
NIKE及びオペレーターと共に、継続的に改善施策を見直し、週1回のペースで出荷効率を計測するテストを実施しました。結果的に、プロジェクト完了後、出荷効率は約1.8倍にまで向上し、NIKE JapanのEC販売拡大に着実な貢献を果たしました。

■コンサルティングサービスの概要
 現在、当社はロボットの生産性を「見える化」するアプリケーションを開発中です。コンサルティングによる短期的な改善に加え、アプリの導入・活用定着により、現場がロボットを使いこなすための継続的な改善が可能となります。また、NIKEとのプロジェクトを経て培った経験を基に、本サービスをGeek+を導入する現場に幅広く展開し、購入頂いたお客様への更なる付加価値提供を目指します。

■会社概要
 ギークプラスは、中国で2015年に創業。既にグローバルで200社 / 1万台以上の自律型協働ロボット(AMR)の導入に成功し、世界シェア首位のユニコーン企業となっています。日本法人は2017年に設立され、既に佐川急便や大和ハウス、NIKEなど、大手物流プレイヤーに相次いで導入され、国内でも最大手の地位を確立。物流ロボットの販売、導入、24時間365日対応のメンテナンス、生産性改善コンサルティングまで、一貫して日本で実施することで、物流プレイヤーの企業価値向上に貢献しています。深刻化する人手不足と機械設備の高い投資リスクを解決するため、次世代ロボティクス技術を活用し、新たな物流スタンダードの共創を目指します。

■基本情報
社名: 株式会社ギークプラス
本社: 東京都港区東新橋2-11-4 Mayapada Shiodome Plaza 4F
設立: 2017年8月
代表取締役社長:佐藤 智裕
URL: https://www.geekplus.jp/index.html




GROUND、 自律型協働ロボット『PEER(ピア)』を試験導入できる 『PEERアセスメントプログラム』を7月より提供開始

日本のLogiTech®※1をリードするGROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、2020年7月1日(水)より、国内で初めてEC・物流現場で実稼働した自律型協働ロボット『PEER(ピア)』を期間限定で試験導入できる有料サービス『PEERアセスメントプログラム』を提供開始します。

■ 『PEERアセスメントプログラム』の概要
?本プログラムの用途・目的:
お客様が本格導入の意思決定を行う前に、固有の環境で『PEER』を試験的に利用し、得られる効果やオペレーションを体験・評価いただきます。

?試用期間:
2週間〜4週間 

?試用可能台数:
6台〜12台

?実施場所と環境:
お客様が有する施設・現場(ネットワークが使用できる環境)、もしくはGROUNDのR&Dセンター『playGROUND(プレイグラウンド)』

?本プログラムの流れ:


※上記?〜?は、お客様のご要望や環境により変動します。詳細はお問い合わせください。

■ GROUNDが提供する『PEER』の特長と導入メリット

? 先端のSLAM技術※2がカメラおよびLiDAR※3からの情報を融合させることにより、リアルタイムにロボット自身が位置情報を取得し、人と協働しながら作業支援を行うことが可能です。さらに、経路情報を設定することなく自律走行できるため、経路上の障害物を回避した最適な経路を選定します。

? 物流施設内の作業オペレーションやレイアウトの大幅な変更をすることなく、スピーディーな導入が可能です。

? 直観的で簡単なタブレット操作により、作業者への教育を削減することができます。

? ニーズや波動に合わせて、フレキシブルにPEERの台数を増減できます。

? ゾーンピッキング(下図)の推奨により、ソーシャルディスタンスの確保に寄与します。


※1:『LogiTech』は、GROUND株式会社の登録商標または商標です。
※2:Simultaneous Localization and Mapping:センサーによって周囲環境を把握し、マップをつくりつつ、取得したデータをもとにロボットの自身の位置も推定する技術。
※3:光センサー技術





アルフレッサ株式会社とヤマトロジスティクス株式会社による 遠隔処方領域における相互協力に関する合

アルフレッサ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福神雄介、以下「アルフレッサ」といいます)と、ヤマトホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾裕、以下「ヤマトホールディングス」といいます)傘下のヤマトロジスティクス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小菅泰治、以下「ヤマトロジスティクス」といいます)は、遠隔処方領域における調剤薬局向けサービス開発の共同研究や営業支援等について本日、合意いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.背景および目的
現在、国内外で新型コロナウイルス感染症が、医療提供体制に大きな影響を与えています。そうした中で、遠隔医療等の分野では、規制緩和等も含めて、急速な変化が予想されております。こうした医療提供体制の変化に備えて、新しいニーズに沿った、安心・安全で確実な医薬品流通ネットワークを構築することは、重要な社会的課題であると両社は認識しています。
これまで、アルフレッサとヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:栗栖利蔵、以下「ヤマト運輸」といいます)は、2019 年1月に「医薬品流通研究会」を共同設立し、この研究会を母体として、今後の医療提供体制への対応や労働力不足等の社会課題への対応について検討してまいりました。そして、2019 年 9 月には「調剤薬局向け在宅医療支援サービス」を共同開発し、その後も病院や調剤薬局、患者様および地域の皆様に貢献できるサービスの検討を続けてまいりました。
この度、アルフレッサと、ヤマトグループにおいて法人顧客への物流ソリューションを担うヤマトロジスティクスは、両社が持つ経営リソースやノウハウを融合・活用した新しい医薬品流通ネットワークの早期確立の実現により、病院や調剤薬局、患者様および地域の皆さまに貢献していくことで基本合意いたしました。

2.基本合意の内容
両社は以下について協力してまいります。
(1)ヤマトグループは調剤薬局から患者様への処方薬の配送に関する、資材調達から配達、各種決済までをトータルにサポートするソリューションを提供します。アルフレッサは自らの医薬品流通ネットワークの活用により、調剤薬局を対象としてこのソリューションをご紹介いたします。
(2)遠隔処方領域におけるソリューションの更なる価値向上を目指して、両社の経営リソースおよびノウハウを活用し、調剤薬局内のオペレーションの改善や品質維持、利便性向上を目的とした宅配用専用資材などの共同研究を実施いたします。
(3)遠隔処方領域における市場変化を見据えて、新たなビジネスモデルの構築についての共同研究を実施いたします。
3.今後について
今後、遠隔処方及びオンライン診療の利便性を向上し、病院や調剤薬局、患者様および地域の皆様に貢献できる多様なサービスの検討・開発を引き続き行ってまいります。
4.その他
「ヤマトグループ調剤薬局向けソリューション」専用サイトの開設ヤマト運輸のホームページ内に調剤薬局向け専用サイトを本日(6 月 26 日)開設いたしました。サイト内では、遠隔処方に関連するヤマトグループが提供する各種物流サービス(配送サービス・決済
サービス)や梱包資材、業務サポートシステムの紹介など、調剤薬局での物流に関わる役立つ情報をお伝えしていきます。また、専用フォームからのお問い合わせも受け付けていますので、是非ご活用いただければと考えています。
URL:http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/business/pharmacy


ブルーイノベーションが、五光物流と業務提携

ブルーイノベーション株式会社(本社 東京都 文京区、社長 熊田 貴之 、以下ブルーイノベーション)は、 五光物流株式会社(本社 茨城県筑西市 、社長 小林 章三郎、以下、五光物流)と、 ドローンの高精度離発着システム「BIポート」など、スマートシティ向けドローン物流ソリューションを共同で開発する業務提携契約を締結しましたのでお知らせします。両社は 6 月 10 日に第三者割当増資を内容とする資本提携も締結しており、両社は今後、より強固に連携し、イノベーションを加速する体制を構築して参ります。

今回の業務提携で共同開発するドローン物流ソリューションは、IoT 技術で制御された快適都市「スマートシティ」の開発を見据え、域内の輸送、配送、格納、保管などの住民の生活や事業を支える物流を、効率的で安全に機能さ せるシステムです。ブルーイノベーションが開発しているドローンの高精度離着陸システム「 BI ポート」の技術を軸に、シェアリング形態のドローン物流ソリューションを開発していきます。今般の新型コロナウイルス感染症の猛威により、リモート業務需要は一段と高まり、今後は点在化したスマートシティの出現が予想されますが、 それらのハブとなるべく、両社でイノベーションに取り組んでまいります。



DHL Greenplan - the best way: Logistics experts launch powerful algorithm for individual route optimization

New solution for fully dynamic route planning and optimization helps lowering CO2 emissions
Data-driven approach based on historic traffic patterns and travel times
Greenplan algorithm exceeds efficiency of existing planning tools and saves up to 20 per cent costs

Greenplan, a DHL financed start-up company, is launching a powerful algorithm for optimizing delivery routes and stop sequences in logistics. The algorithm leverages the full potential of smart routing, using all information and data available to optimize transport routes in an entire delivery area, while existing solutions are dealing with smaller sub-areas to cope with complexity. In doing this, Greenplan sets a new benchmark. It bolsters the industry's efficiency and sustainability efforts without making compromises on the quality of planning. The algorithm was developed by scientists from the University of Bonn in cooperation with DHL logistics experts. Greenplan supports customers with their road freight business and last-mile deliveries as well as field service providers with their service schedules.

"We at Greenplan want to help make the industry more efficient and sustainable. With our smart and powerful algorithm, we are tackling the complex task of efficient route planning by offering a precise and reliable solution that can be integrated into existing systems," explains Dr. Clemens Beckmann, CEO at Greenplan. "In contrast to nearly all tools on the market, Greenplan - for the first time - calculates routes according to historic traffic information available on street-level. This, in turn, enables our customers to save up to 20 per cent costs compared to standard route optimization solutions and to lower their carbon footprint accordingly, simply by reducing kilometers driven."

Customer needs are constantly changing: The growing e-commerce market fuels demand for same-day deliveries while the contract logistics market increasingly looks at just-in-time processing. The Greenplan algorithm is equipped for such cases and capable to digest not only the targeted addresses but also individual delivery time windows on shipment level. By considering time-of-day-dependent, street-specific travel times, Greenplan also finds the optimal starting time of delivery tours. These improved tours increase the predictability for customers and appear natural to drivers. The solution also supports contingency planning in case of incomplete data availability and considers system-relevant variables such as different loading types or adherence to regulations. These features offer a robust solution that is adaptable to a variety of issues or customized changes.


Greenplan empowers customers to drive their own green strategies by enabling CO2 emission reductions through shorter distances and fewer tours. Greenplan not only provides visibility on the estimated carbon footprint based on planned delivery routes, it also considers emissions per vehicle type to plan the most CO2-efficient routes. Moreover, the algorithm is capable of considering specific parameters for electric vehicle fleets, like range limits per vehicle. Altogether, the smart algorithm leads to decreased costs and lower CO2 emissions for the same delivery work. This helps not only logistics companies, but also supports field service providers who need to plan schedules of their workforce.

Logistics is a highly fragmented industry that delivers a multitude of solutions for individual processes. To realize the full potential of capacities and optimize resource management, Greenplan teamed up with the Research Institute for Discrete Mathematics at the University of Bonn to engineer a new smart algorithm capable of meeting customers' unique business needs, while still ensuring short computing times.



プロフィール

  • Twitter
  • Google+

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト