関通 物流現場社員主体のRPAプロジェクトの推進で、より高い効果を発揮

株式会社関通は、RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下「RPAホールディングス」)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)が提供するRPA ツール「BizRobo! Basic」を導入しており、
導入開始から毎月約15,000体を超えるロボットの稼働により、
月間でおよそ5,000時間の業務効率化を達成したことをお知らせいたします。

■「BizRobo! Basic」への乗り換え背景
関通は、経理や現場の事務作業を自動化するため、
2018年3月より他社RPA製品の導入を開始しました。
そして受注管理業務や帳票の発行等の事務処理においてRPAの活用を進めましたが、
当時活用していたRPAツールでは、以下のような問題がありました。

・複数のロボットの同時稼働ができない
・画面の認識がうまくできない
・稼働ロボットがあると他のロボットの開発ができない
・ライセンスが端末に紐づくため、コストメリットがでにくい

そのため上記課題を全て解決でき、当時から関西エリアにおいてもサポートの充実していた
RPAテクノロジーズの「BizRobo! Basic」へ乗り換えを決定し、
他社製品で作成した約200体のロボットをおよそ1ヵ月間で完全内製化のもと、
全て作り替えました。


■業務領域をIT部門ではなく物流現場社員主体でRPAプロジェクトを推進
現場社員がRPAの開発を担当しプロジェクトを進めていくことで、
自動化が可能な業務の洗い出しが容易になるとともに、
現場社員の業務改善への意識が高まりました。

また、部署ごとで運用するのではなく横断的な視点で改善点を洗い出し、
全社的にRPAをスケールさせました。
さらにロボットのエラー対応からリカバリーまでを現場で完結できるようになり、昨今のコロナウィルス状況下でも「現場のロボット」と「リモートの人」という次世代の協働オペレーションが実現しました。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter
  • Google+

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト