国土交通省 食品に係る物流の効率化に向けて 実証事業を選定

国民生活に不可欠な食品の流通については手荷役作業が多い等の課題があり取扱いを敬遠されるケースが
出始めているため合理化を促進する必要があります。
 そのため、合理化による安定的な食品流通の確保を目的に、幹線輸送・集荷配送の効率化等の実証事業の公募を
令和2年2月21日から令和2年3月27日までの間に行い、以下の6事業を選定しましたのでお知らせいたします。
 国土交通省としては、本事業の成果の横展開等により、安定的な食品の物流の確保を図ってまいります。

代表事業者名 事業概要
 (株)エムスクエアラボ  生鮮食品の長距離幹線スイッチ輸送の合理化
 加藤産業(株)  入荷検品レスの推進
 全農物流(株)  農産物輸送のパレット化による手荷役時間の削減
 トランコム(株)  食品業界の一貫パレチゼーションの実現
 トランコム(株)  連結トラックを活用した共同輸配送、パレット管理システムの構築
 ヤマト運輸(株) 新潟主管支店  青果物少量多品目輸送の効率化※五十音順

〇各実証事業の概要は、以下の国土交通省ホームページをご確認下さい。
https://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/freight/seisakutokatsu_freight_tk1_000177.html


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter
  • Google+

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト