シーオスと三井住友ファイナンス&リース ロジスティクス分野における業務資本提携

シーオス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松島 聡、以下、「シーオス」)と三井住友ファイナンス&リース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橘 正喜、以下、「SMFL」)は、ロジスティクス分野における顧客の開拓、新たなサービスやソリューションの開発を目的に業務資本提携を行いました。

物流業界は電子商取引の拡大により、多様性とスピードが求められる一方、労働力不足と高齢化が深刻化し、従来の作業効率化のみでは十分な生産力の確保が困難となっています。このような中で、シーオスは、ロボティクス、AI、IoT等の先端テクノロジーを活用した製品やサービスを統合的に連携させ「ロジスティクスのデジタルネットワーク化」を図ることで、こうした物流業界の課題解決に寄与するLogiTech(Logistics×Technology)サービスを提供しています。SMFLは、総合リース会社として広範な顧客基盤を有しており、多様な金融サービスを提供しています。また、AI、IoTなどのデジタライゼーションを活用したより付加価値の高いソリューションの提供に注力しています。

本提携では、シーオスとSMFLは、顧客の相互紹介、協働による顧客提案および新たなビジネスモデルの構築を進めていきます。また、本提携目的の効果をより確実にするため、SMFLがシーオス株式の一部を取得しました。
今後ともシーオスとSMFLは、夫々が有する経営資源を活用および連携することでロジスティクス分野でのビジネス領域の拡大と顧客サービスの向上を図っていきます。また、将来的には、物流ロボットのサブスクリプションモデル(Robot as a Service)の構築を検討していきます。


DB Schenker to Collaborate on Innovation in Supply Chain & Logistics with Plug and Play Hamburg

DB Schenker, the world's leading logistics provider, is joining a partnership with Plug and Play, the world's largest global innovation platform and most active venture capital investor. With this cooperation, DB Schenker gains access to Plug and Play's Corporate Innovation Network and enters an open exchange with innovators and thought-leaders from more than 300 corporations and tens of thousands of startups.

Markus Sontheimer, DB Schenker's CIO/CDO, says, "The logistics industry is changing at an unprecedented pace due to digital and technological disruptions. DB Schenker has been at the forefront of digital revolution in logistics and we will continue to drive change as a digital value generator for our customers. We are excited to partner with Plug and Play's unique and versatile network to start an exchange that leads us all forward in digitalizing logistics."

"With DB Schenker joining as Anchor Partner in Plug and Play Hamburg, our European Headquarters for Supply Chain & Logistics, we are excited to welcome a world-renowned expert in logistics to our network of corporates and startups," says Saeed Amidi, CEO & Founder of Plug and Play. "This space offers unprecedented opportunities and we're looking forward to exploring these together with DB Schenker in the months and years to come."

About Plug and Play
Plug and Play is a global innovation platform. Headquartered in Silicon Valley, we have built accelerator programs, corporate innovation services and an in-house VC to make technological advancement progress faster than ever before. Since inception in 2006, our programs have expanded worldwide to include a presence in over 25 locations globally giving startups the necessary resources to succeed in Silicon Valley and beyond. With over 10,000 startups and 300 official corporate partners, we have created the ultimate startup ecosystem in many industries. We provide active investments with 200 leading Silicon Valley VCs, and host more than 700 networking events per year. Companies in our community have raised over $7 billion in funding, with successful portfolio exits including Danger, Dropbox, Lending Club and PayPal. For more information, visit www.plugandplaytechcenter.com.


AIの基盤技術による自動車運搬船の配船と貨物積み付け計画の策定に成功

株式会社商船三井(本社:東京都港区、代表取締役社長:池田潤一郎、以下「当社」)とグループ会社の商船三井システムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田毅)は、大阪大学大学院情報科学研究科の梅谷俊治准教授(註1)と共に、AIの基盤技術の一つである「数理最適化」(註2)を活用して、従来よりも短時間で自動車運搬船の配船計画、および貨物積付計画(註3)を策定することに成功しました。

当社が運航する自動車運搬船はおよそ100隻あり、1隻で輸送できる自動車は普通乗用車に換算して概ね5000台前後です。近年、自動車メーカーをはじめとする荷主の輸送・物流パターンは多様化傾向にあり、お客様のニーズを満たす当社船隊の最適な運用には効率的な配船と貨物の積み付けが必要不可欠です。例えば、複数港で積んで複数港で揚げるようなケースでは、それぞれの貨物をどのデッキ・ホールドに積載配置するのかという選択が、荷役の安全性と作業効率に大きな影響を与えます。加えて、貨物の積み揚げの順序と航海中の船体バランス等も考慮に入れる必要があるため、貨物積付計画の作成にかかる時間はその難易度と担当者の熟練度に応じて長くなる傾向にありました。

本研究では、梅谷俊治准教授の協力のもと、数理最適化を用いて膨大な組み合わせから効率的に計画案を求めるアルゴリズムを開発しました。今後は実務における適応性を見極め、急な輸送量の変更や寄港順の変更の際にもお客様への回答に要する時間を大幅に短縮することで、デジタライゼーションを通じたサービスの改善を目指します。

商船三井グループは、ICT技術の利活用を積極的に進め、各部門が持つ叡智を結集し、物流のビジネスパートナーとしてお客様に選ばれる企業グループを目指します。



津久見市無垢島を舞台にドローン物流の社会実装を推進

  大分県では「先端技術への挑戦」をテーマに、ドローンによる買い物弱者支援やスマートモビリティによる高齢者の移動手段の確保などの先端技術を活用した地域課題の解決を積極的に推進しています。
 この度、少子高齢化や過疎化が進み、日常の買物が困難な地域での生活を守るため、ドローン物流の実現による課題解決を目指し、離島地域等での試験運航や事業化に必要となる事業環境の整備を行うドローン物流社会実装関連事業を公募した結果、ciRobotics株式会社(大分県大分市)を代表事業者とし、モバイルクリエイト株式会社(大分県大分市)、株式会社NTTドコモ 九州支社(福岡県福岡市)、株式会社NTTデータ九州(福岡県福岡市)、ANAホールディングス株式会社(東京都港区)、エスティケイテクノロジー株式会社(大分県大分市)で構成するプロジェクトチームの取組を採択しましたのでお知らせします。
 本プロジェクトチームでは、本年度から2カ年にわたって津久見市無垢島を舞台に、ドローンの機体性能の向上、ドローン物流オペレーションの遠隔・省人化、ドローン飛行・運航管理での安全性向上など実現までに必要な実証実験を段階的に積み重ね、令和3年2月以降の定期飛行に向けて事業環境整備を進めていきます。なお、実証フィールドや各社の役割などは下記のとおりです。

実証フィールド:津久見市大字長目 地無垢島
 津久見港から北東約16 ?の豊後水道に浮かぶ離島(人口35名:平成27年国勢調査)です。基幹産業である水産業に加え、地元婦人会による純度100%の「椿油」が特産品です。
 地無垢島から津久見港へは、津久見市が運営し、離島と本土とを結ぶ唯一の交通手段としてカメリアスターが運航(所要時間30分)していますが、運休日である毎週水曜日は島との交通手段がありません。また、本船は飲料水運搬や住民の救急搬送も担うため、まさに住民生活のライフラインですが、便数が少なく利用者に不便な状況が生じています。




GROUND、トラスコ中山で最新鋭の機能を搭載した物流ロボット『Butler(バトラー)』を本格稼働

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、機械工具卸売商社のトラスコ中山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 哲也、以下「トラスコ中山」)が運営する物流施設『プラネット埼玉』(埼玉県幸手市)にて最新鋭の機能を搭載した『Butler(バトラー)』 73台を導入し、2019年10月1日(火)より本格稼働したことをお知らせします。これに伴い、GROUNDにおける『Butler』の導入実績は、国内4社、合計約220台となります。

今回『プラネット埼玉』へ導入した『Butler』は、『Grey Matter(グレイマター)※2』を実装した最新モデルであることに加え、専用ラック(MSU)を複数配列させることにより保管効率を大幅に改善することが可能なシステム(『n-deep』※3)を採用し、世界初となる運用で稼働しました。『Butler』における今回の本格稼働の背景には、GROUNDが持つ技術開発力のみならず、物流ロボットシステムにおけるインテグレーション力を結集させ、設計から導入までをワンストップで提供したことなどがあげられます。



Blackstone Completes the Acquisition of U.S. Logistics Assets from GLP, Adding to Firm’s Leading Global Portfolio

Blackstone announced that it has closed on its previously announced acquisition of U.S. logistics assets from three of GLP’s U.S. funds for a purchase price of $18.7 billion.

As previously announced, Blackstone Real Estate’s global opportunistic BREP strategy is acquiring 115 million square feet for $13.4 billion and its income-oriented non-listed REIT, Blackstone Real Estate Income Trust (BREIT), is acquiring 64 million square feet for $5.3 billion.


DHL Global Trade Barometer: World trade at crossroads

Overall index decreases by -1 point to 47
Downward trend has slowed with all country indexes close to 50 points
Japan and UK continue to grow

"After many years of strong growth, the GTB indicates that world trade is still closer to staying at its high level," Tim Scharwath, CEO of DHL Global Forwarding, Freight
Bonn - The DHL Global Trade Barometer (GTB) forecasts a mild decline in world trade. The overall index fell by -1 point to 47, indicating that global trade will further lose momentum over the next three months. However, the downward trend has slowed perceptibly since the June update, when the GTB index registered a loss of -8 points. Deceleration is spreading across nearly all GTB countries with now five out of seven in a negative territory. Declining global air trade was the sole trigger by losing -4 points to 45, whereas the index for global ocean trade remained unchanged at 48.

"Worldwide, trade conflicts continue to smolder. Geopolitical tensions are causing uncertainty. Against this backdrop, global trade continues to develop surprisingly well. Although the DHL Global Trade Barometer has further decreased - with an index value of 47 points -world trade is still closer to staying at its high level," Tim Scharwath, CEO of DHL Global Forwarding, Freight, said. "This strengthens our conviction that globalization will go on and that logistics will remain its key enabler also in the future."

Consistent overall picture indicates stagnating world trade

On country level, the GTB shows little deviation between the seven constituent economies as well as in comparison to the previous update in June. All country indexes settle close to 50 points, which is the threshold for growth. Five out of seven countries show slightly negative growth indicators, recording indexes right below 50.

Eswar S. Prasad, Professor of Trade Policy and Economics at Cornell University in Ithaca, NY, USA, comments: "China-U.S. trade tensions have ratcheted up to higher levels and are already affecting global supply chains as businesses adjust to the new reality that both sides are digging in for a long trade war. Rising trade tensions in other parts of the world, including between Japan and Korea, and the looming prospect of a messy Brexit are likely to have an increasingly disruptive effect on world trade volumes. The level of uncertainty about macroeconomic growth prospects has driven down business investment around the world, with adverse effects on cross-border trade of machinery and equipment. Household consumption has remained strong in most major economies but the stagnation of trade in consumer durables, reflected in the GTB component indexes, portends weakening in this key driver of GDP growth. Overall, this GTB update confirms the slowdown in global growth and heightens concerns about growth stagnation in the coming months."

Only for UK and Japan the Barometer forecasts a positive growth momentum for the next three months (53 points). Quarter-to-quarter comparison illustrates that both countries reveal see-saw positions, with Japanese trade coming from a negative to a positive index and U.K declining by -3 points since June. Due to the persisting Brexit uncertainty both, air and ocean trade in the UK dropped, following a cool down of several industry sectors, particularly Consumer Fashion Goods, Industrial Raw Materials and Land Vehicles & Parts. Japanese trade, on contrary, seems to accelerate growth with a rise of +3 points since the previous update in June. This positive development is driven by the rejuvenated ocean trade in Japan picking up +6 points to 55, due to the robust growth outlook for Industrial Raw Materials and the correspondingly lifted ocean export outlook. Apart from that, even for Japan the quarter was rather sluggish as all other industries are expected to contract.

Impact of US-Chinese tensions reflected in their own results

The trade conflict between China and the US keeps simmering, resulting in an overall subdued trade mood, with US and China accounting for the most negative trade outlooks in September. It is expected that US trade will shrink further, remaining in negative territory with 45 points, despite having climbed +1 point since June. Both, US air and ocean trade prospects are almost unchanged compared to the previous update. For Chinese trade, the GTB forecasts a moderate decline by - 4 points to 45. Main driver of this development is the weak performance of Chinese air trade which has dropped significantly by -8 points to 43 over the past three months.

Apart from the US and China, South Korea is the third country with an overall outlook of only 45 index points. The remaining two countries, Germany and India, both fell below the 50-points-threshold, with 48 and 49 points, respectively.


平成 30 年(2018 年)無人搬送車システム納入実績

一般社団法人日本産業車両協会(二ノ宮秀明会長(三菱ロジスネクスト(株)取締役会長))は、平成 30 年(2018 年)1?12 月分の、無人搬送車システム納入実績について、協会会報「産業車両」誌 9 月号に、協会の無人搬送車システム委員会特別委員である東京理科大学大学院 荒木勉教授による解説記事を掲載し、詳細な分析を発表した。概要は以下の通り。

1. 平成 30 年の国内向け、輸出向けを合わせた無人搬送車システム納入件数は 1,029 システムで、前年実績を 34.3%と大幅に上回り、納入台数も 3,382 台で前年実績を 42.3%と急増した。いずれも平成元年に調査を開始して以来最高の数字である。

2. 無人搬送車システム納入件数の車両タイプ別の割合は、「無人搬送車(台車)」が 37.2%(38.4%)、「無人けん引車」が 56.6%(57.8%)、「無人フォークリフト」が 6.2%(3.8%)であった。(カッコ内は前年実績、以下同じ)
3. 無人搬送車システム納入件数の業種別割合は、「自動車・同付属品製造業」向けが 56.6%(52.9%)と依然として最も多く、次いで「一般機械器具製造業」向けが 8.1%(9.5%)、「化学・医薬品製造業」が 4.3%(4.3%)と続き、製造業向けが多くを占める傾向は変わらなかった。
なお、非製造業は「卸・小売業」向けが 2.0%(2.1%)、「運輸・倉庫業」向けが 2.4%(1.8%)と、構成比は高くなかった。
4. 無人搬送車システム納入件数の車両誘導方式別割合は、「磁気式」が 91.8%(91.1%) と依然大半を占め、前年に構成比を上昇させた「レーザー式」が 4.9%(6.7%)と低下した。
5. 無人搬送車システム納入件数の国内向け/海外向けの割合は、国内向けが 76.9%
(77.8%)、海外向けが 23.1%(22.2%)で、1 システム当たりの台数では、国内向けは 2.5台(2.5 台)、海外向けは 5.9 台(5.1 台)と、海外向けで増加した。
なお、本調査の対象となった無人搬送車システムメーカーは 16 社である



プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト