2019年度物流コスト調査結果(速報値)の公表  -売上高物流コスト比率は4.91%-

2019年度物流コスト調査の売上高物流コスト比率は4.91%(全業種平均。速報値)となった。前年度からの減少幅は0.04ポイント。
2018年度調査では、物流事業者からの値上げ要請などを理由に売上高物流コスト比率が大きく上昇したが、2019年度調査においては、
ほぼ横ばいに近い結果となった。直近10年間の調査結果と比較しても、3番目に高い結果であり、高水準を維持しているといえる。
 
 本調査では、2019年7月から11月にかけてアンケート調査を実施し、計219社から有効回答を得た。なお、同一サンプルによる前期
比較が可能な2年連続回答(有効回答148社)の売上高物流コスト比率は4.74%(全業種平均。速報値)で、前年度から0.07ポイント
上昇している。
 
 値上げ要請の有無については、回答企業(203社)のうち93.1%から要請を受けたと回答を得た。値上げ要請を受けた企業の割合は
前年度から5.2ポイント増加した。値上げ要請があったとの回答した企業(189社)のうち、173社(91.5%)の企業が「応じた」と
回答した。値上げ要請を受けた企業の割合は約3.9ポイント減少した。引き続き荷主が物流事業者からの値上げ要請を受ける状況に変わりはないと考えられる。

この後、調査内容を精査し、確定値を2020年4月に公表する予定となっております。
速報版:2019年度物流コスト調査報告書


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト