シーオスと三井住友ファイナンス&リース ロジスティクス分野における業務資本提携

シーオス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松島 聡、以下、「シーオス」)と三井住友ファイナンス&リース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橘 正喜、以下、「SMFL」)は、ロジスティクス分野における顧客の開拓、新たなサービスやソリューションの開発を目的に業務資本提携を行いました。

物流業界は電子商取引の拡大により、多様性とスピードが求められる一方、労働力不足と高齢化が深刻化し、従来の作業効率化のみでは十分な生産力の確保が困難となっています。このような中で、シーオスは、ロボティクス、AI、IoT等の先端テクノロジーを活用した製品やサービスを統合的に連携させ「ロジスティクスのデジタルネットワーク化」を図ることで、こうした物流業界の課題解決に寄与するLogiTech(Logistics×Technology)サービスを提供しています。SMFLは、総合リース会社として広範な顧客基盤を有しており、多様な金融サービスを提供しています。また、AI、IoTなどのデジタライゼーションを活用したより付加価値の高いソリューションの提供に注力しています。

本提携では、シーオスとSMFLは、顧客の相互紹介、協働による顧客提案および新たなビジネスモデルの構築を進めていきます。また、本提携目的の効果をより確実にするため、SMFLがシーオス株式の一部を取得しました。
今後ともシーオスとSMFLは、夫々が有する経営資源を活用および連携することでロジスティクス分野でのビジネス領域の拡大と顧客サービスの向上を図っていきます。また、将来的には、物流ロボットのサブスクリプションモデル(Robot as a Service)の構築を検討していきます。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト