メガソフト 物流倉庫3D倉庫提案ツールを発売

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、物流事業者が荷主に提案する見積もり内容を3DCG化することで荷物の専有面積から出荷の作業工程まで視覚的に提案できる営業支援ツール「物流倉庫3D」を2020年4月17日(金)より発売開始いたします。

物流事業者の経営資源を3DCGで視覚化
インターネット通販の隆盛、事業のグローバル化などで、物流量は増加の一途を辿っており、効率化のため物流倉庫業者に物流業務を一括して委託することが企業の主流となっています。
物流倉庫業者に委託するメリットは専門業者ならではの「設備」「人」「経験」を駆使しての時間コスト・金銭コストの削減にあります。
しかしながら、それらは数字だけの見積書では、専門家ではない荷主にはなかなか読み取れません。
この度発売する「物流倉庫3D」は、物流倉庫業者の持つ「設備」「人」「経験」「ノウハウ」といった経営資源を平面図と3DCGでわかりやすく伝えるための物流事業者向け営業支援ツールです。




コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter
  • Google+

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト