ラサール、物流ベンチャーのsoucoが運営する物流施設シェアサービスの利用を開始

倉庫と荷主のマッチングプラットフォーム『souco』(以下souco)を運営する物流ベンチャーの株式会社souco(本社:東京都千代田区、代表取締役:中原 久根人、以下、souco社)は、ラサールロジポート投資法人(本社:東京都千代田区、執行役員:藤原 寿光 以下、ラサール)に対し、ラサールが運営する物流施設の空きスペースのマッチングを可能とする「souco物流施設シェアサービス」の提供を開始しました。

souco社は物流施設や倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約したマッチングプラットフォームsoucoを展開しています。このマッチングプラットフォームを応用し、マルチテナント型物流施設の入居テナント企業向けに、物流施設の空きスペースを「提供したい」企業と「利用したい」企業の情報をマッチングし、空きスペースの利用を可能にする「souco物流施設シェアサービス」を開発し、2020年2月28日、ラサールが運営するロジポート東扇島A棟、B棟、C棟およびロジポート尼崎においてサービスを開始しました。
本サービスは、現時点では寄託契約に対応しており、入居テナントは無料でご利用いただけます。

ロジポート東扇島A棟、B棟、C棟およびロジポート尼崎では、各棟内での空きスペースの貸し借りのみならず、souco社が提供する倉庫と荷主のマッチングプラットフォームsoucoを経由することで同一施設内におけるテナント間での貸し借り、およびテナントが希望する場合にはsoucoに登録する1,000以上の企業とのマッチングも可能となります。
例えば、飲料メーカーや小売業をはじめとする商品の保管量に季節波動のある入居テナントが、閑散期の空きスペースの提供ニーズや繁忙期の追加スペースの調達ニーズを登録し、他テナントに提供することでスペースの有効活用を可能としたり、他テナントから空きスペースを確保することで一時的な増床を可能とします。



コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter
  • Google+

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト