国際物流スタートアップShippio、シリーズAで10.6億円の資金調達を完了

株式会社Shippio(本社:東京都港区、代表取締役CEO:佐藤 孝徳、以下「Shippio」)は、日本最大の船舶投資ファンドであるアンカー・シップ ・パートナーズをはじめ、Delight Ventures、環境エネルギー投資、Sony Innovation Fund及び既存投資家であるグロービス・キャピタル・パートナーズ、500 Startups Japan(現Coral Capital)、YJキャピタル、East Ventures、DBJキャピタルより、総額10.6億円の資金調達を完了したことをお知らせ致します。

Shippioはこれまて?「ク?ローハ?ルトレーテ?ィンク?をもっと身近に」をミッションに、ソフトウェアとフォワーテ?ィンク?サーヒ?スを組み合わせた日本て?初めてのテ?シ?タルフォワーテ?ィンク?*事業を展開してきました。2019年10月末時点て?108社のユーサ?ーにこ?利用を頂き、米国・欧州・中国・ヘ?トナム等、合計30カ国に対して実際の輸出入のオヘ?レーションを完了しています。

今回の資金調達により、日本におけるテ?シ?タルフォワーテ?ィンク?業務の確立を目指し、煩雑な輸出入業務に悩んて?いる荷主企業様に向けて営業およひ?サホ?ート体制の強化と各港・空港におけるロシ?スティクスサフ?ライヤーとのオヘ?レーション体制の強化、およひ?ソフトウェア開発体制の強化を行ってまいります。
?【Shippioの利点】
?輸出入を行う荷主は、Shippioを活用することて?、輸出入情報の一元化、およひ?貨物情報の可視化することて?きるため業務の生産性か?大幅に向上します。マンハ?ワーに依存した貿易業務の負担を大幅に削減することか?可能て?す。また、業務フローか?シンフ?ルになり、業務の属人化を防く?事か?出来ます。Shippioにフォワーテ?ィンク?をお任せ頂けれは?ソフトウェアは無料て?お使いになれます。

【社外取締役就任について】
今回のラウント?にあわせ、ク?ローヒ?ス ・キャヒ?タル・ハ?ートナース?南良平氏か?社外取締役に就任予定て?す。同氏の持つIPOアト?ハ?イサ?リーを含めた未上場企業への支援経験も活かし、今後の弊社の経営体制強化を図って参ります。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト