準天頂衛星システム「みちびき」の測位補強サービスを用いたトレーラシャーシや物流コンテナの駐車位置確認システムの実証に成功

画像技術をコアにシステム開発を展開している株式会社エクスプローラ(本社:北海道函館市、代表取締役社長:矢吹 尚秀、以下エクスプローラ)は、内閣府及び準天頂衛星システムサービス株式会社が公募する、みちびきの利用が期待される新たなサービスや技術の実用化に向けた実証実験に応募し、「『みちびきのサブメータ級測位補強を付加した無線ICタグ』による物流管理」が採択され、開発を進めてまいりました。
このたびエクスプローラは、この実証実験においてみちびきのサブメータ級測位補強サービス(以下SLAS)に対応した「無線ICタグ」および「駐車表示用スマホアプリ」を連携したトレーラシャーシや物流コンテナ(以下シャーシ等)の駐車位置確認システムの開発に成功しましたので、お知らせいたします。
この実証実験の結果を踏まえ具体的な製品化を行うことで、シャーシ等輸送時の駐車場での捜索時間や順番待ち時間の削減など物流業界におけるトラック運転手の負荷軽減を目指してまいります。



コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter
  • Google+

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト