AMS、三菱商事ロジスティクスと資本業務提携契約を締結

株式会社AMS(本社:東京都目黒区 代表者:村井眞一)は、三菱商事ロジスティクス株式会社(本社:東京都千代田区 代表者:藤咲達也)を、第三者割当増資の引受先として、資本業務提携契約を締結いたしました。

これまで、アパレル企業向けのECフルフィルメントおよびオムニチャネルサービスを通じた「店舗とECの一体経営の総合支援」を主たる事業とし、ECシステムをはじめとした法人向けのBtoCサービスを提供しております。

近年、業界の課題である「在庫課題」(販売チャネルの多様化による在庫の偏在や、それに伴う販売機会の最大化という在庫課題)に取り組んでおります。
また、「物流課題」(労働人口減少による人手不足、人件費の高騰や送料の値上げ等、深刻な物流現場における課題)を解決すべく、省人化の仕組み(自動倉庫・RFID)を積極的に導入し、システム開発やサービスの提供を行っております。

この度、B2B分野における国際輸送や海外DC運営、国内倉庫物流等をメイン事業としてきた三菱商事ロジスティクス株式会社と本資本業務提携をすることで、川上から川下、オフラインとオンラインが統合された「2BC統合サービス」構築に取り組んで参ります。

また、両社がこれまで積み重ねてきた知識やノウハウを相互に活用し、両社の企業価値の向上を図るとともに、オペレーションの共同化および省人化を通じて、物流キャパシティの限界を解消し、アパレル物流を効率的且つ収益性の高い事業へ成長させていきたいと考えております。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter
  • Google+

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト