CB Cloud  JR東日本スタートアップと資本提携

JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するCVCのJR東日本スタートアップ株式会社(以下、JR東日本スタートアップ 本社:東京都新宿区、代表取締役社長:柴田 裕)と、ITを活用し運送業界における新たな価値の創出を目指すCBcloud株式会社(以下、CBcloud 本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:松本 隆一)は、資本提携契約を締結しました。JR東日本グループのもつ駅や鉄道と、CBcloudが運営するフリーランスドライバーと荷主を即時につなぐ配送マッチングプラットフォーム「PickGo(ピックゴー)」を掛け合わせた、新しい事業の創出に向けた協議も始まっており、今後はさらに連携を加速していく方針です。

【“モノのMaaS”領域で連携し旅行客の負担軽減や物流業務の領域拡大を目指す】
 JR東日本グループでは、お客さまの多様なニーズに応え、駅や駅周辺の魅力価値向上に取り組んでいます。
一方で、CBcloudは、配送マッチングプラットフォーム「PickGo」を活用し、陸空海の各輸送手段を組み合わせ、荷主と最適な輸送手段をシームレスかつ瞬時につなぎ、“モノのMaaS”(Mobility as a Service)を実現するプラットフォームの構築を目指しております。

 こうした中、JR東日本グループは駅や鉄道を中心に、観光やレンタカー、ホテルなどお客さまの移動をサポートしており、最近では駅に予約制の手荷物預かりサービスを導入するなど、お客さまの負担軽減に努めています。この度、CBcloudのサービスをかけ合わせることで、さらなるサービスの充実を図ることができると確信し、事業面での協業を視野に入れ連携をより強固なものとすべく、資本提携に至りました。

 今後は、CBcloudの配送マッチングプラットフォームを活用し、鉄道を利用いただいたお客さまの手ぶら観光を推進すべく、既定のルートや時間にとどまらない柔軟な物流サービスを検討してまいります。JR東日本グループおよびCBcloudは、両社の資産、サービス、技術の連携により、シナジーを生むことができる新たなサービスの創出に取り組んでまいります。

 荷主とフリーランスドライバーを直接つなぐサービスで、15,000人以上(2019年10月15日時点)のフリーランスドライバーが登録しています。物流業界には、数多くの中間プレイヤーが存在しており、荷主とドライバーの間では、情報の取り次ぎのみが行われるため、コミュニケーションや費用面において非効率的な状況が発生しています。PickGoは荷主とドライバーを直接つなぐことで、この多重構造を打破することを目指す、唯一の配送マッチングプラットフォームです。荷主には、見積もり金額がすぐにわかり配車のスピード・配送状況がリアルタイムにわかる点や、突発的に発生する「緊急便」や、日時指定した単発の依頼ができる「スポット便」、定期的に同じドライバーに配送してもらえる「定期便」など様々な用途で利用できる点をご評価いただいています。各種メーカーの工場や配送センター、個人宅までお荷物をお届けするサービス事業者など様々な業種業態、大手企業から中小企業の方まで幅広くご利用いただいております。



コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト