GROUND、トラスコ中山で最新鋭の機能を搭載した物流ロボット『Butler(バトラー)』を本格稼働

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、機械工具卸売商社のトラスコ中山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 哲也、以下「トラスコ中山」)が運営する物流施設『プラネット埼玉』(埼玉県幸手市)にて最新鋭の機能を搭載した『Butler(バトラー)』 73台を導入し、2019年10月1日(火)より本格稼働したことをお知らせします。これに伴い、GROUNDにおける『Butler』の導入実績は、国内4社、合計約220台となります。

今回『プラネット埼玉』へ導入した『Butler』は、『Grey Matter(グレイマター)※2』を実装した最新モデルであることに加え、専用ラック(MSU)を複数配列させることにより保管効率を大幅に改善することが可能なシステム(『n-deep』※3)を採用し、世界初となる運用で稼働しました。『Butler』における今回の本格稼働の背景には、GROUNDが持つ技術開発力のみならず、物流ロボットシステムにおけるインテグレーション力を結集させ、設計から導入までをワンストップで提供したことなどがあげられます。



コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

プロフィール

  • Twitter

J-Log

エントリーリスト

カテゴリーリスト